ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Nakatsuka 姉小路通堺町東入ル南側
同行予定者がインフルエンザに罹患したため、一旦は予約日の変更をお願いしたのですが、とりあえず一人で訪問することに。
最寄りの駅は地下鉄烏丸御池ですが、京阪祇園四条や京阪三条からも徒歩圏内です。

先ずはグラスの泡、プロセッコを頂きながらアミューズ・グール、岡山県産原木椎茸のフライ。素朴ながら椎茸の旨味はきっちり。


琵琶湖の公魚のフリットに茸のマリネ。


次は季節のズワイガニに㊙クリーム。これはもう一度食べたいお味。


魚料理はブイヤベース。メインとなる魚は五島列島からのオジサン。女性が食べてもオジサン。




▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 04:11 PM | comments (0) | trackback (x) |

ワイン大学第392回コーイン黒トリュフの会
ペリゴール産の黒トリュフはそれを熟知しているシェフに頼むのが一番と考え、コーイン湯浅シェフにお願いしました。振り返ってみると黒トリュフを旨いと感じたのは1980年代パリはシャンゼリーゼ大通りにあったレストラン「Pavillon Elysee」で食べた黒トリュフのパイ包み焼き、ソース・ペリグールでした。小さいながらも黒トリュフの塊を噛みしめたときの薫りと食感に驚いたわけです。

当時よく通っていた神戸ポートピアホテル31階のアラン・シャペル料理長上柿元氏に頼んでも「トリュフ丸ごとパイ包み焼きだけは勘弁してくれ」と断られたものです。以来このお料理を作ってくれといろいろなシェフに頼んでみたものの応えてくれたのは上本町7丁目の達人だけでした。


さていつもとは異なるアミューズ・グールの登場です。ブランダードのシガレット、トリュフ風味です。


次にお節料理に含まれていた牛タンとパセリのゼリー寄せ。アンコールに応えて頂きました。


フランス産プーレのマセドワーヌですが分厚く切られた黒トリュフに纏われています。薄いスライスではこの食感が出ないのです。


出ました、黒トリュフの塊が・・・


実は中身フォワグラのテリーヌなんです。フォワグラのテリーヌを球状に丸めて黒トリュフのアッシェを塗すはずが、アッシェというより粗みじんの黒トリュフで覆われているのです。

このお料理だけでもかなりの黒トリュフが使われています。

▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 03:19 PM | comments (0) | trackback (x) |

ワイン大学第392回コーイン黒トリュフの会
今年もこの季節になりました。


| ワイン大学 |
| 03:42 PM | comments (0) | trackback (x) |

第393回クードポール・ワインを楽しむ会
毎月一度第1木曜日の午後8時開始というワインと料理を楽しむ会です。こちらの会も今年中に400回を迎えることになりますが、小生もまたクードポールの田中シェフも大病を患うことなく続けられてきたこと自体実に有難いことであります。


先ずはコート・デ・ブラン、グラン・クリュのコミューン・アヴィズのブラン・ド・ブランで乾杯、アミューズ・グールは蕪のヴルーテに生海胆。


次は海の幸のアスピック。鱸にオマールそしてタコなどいろいろな魚介類にサフラン風味のジュレ、ワインはブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイの白。インポーターの説明ではあり得ないコミューンの名を語っていますが、この蔵の畑はニュイ・サン・ジョルジュのコミューンの範囲に存在しています。


フォワグラのテリーヌ、下には大根のコンソメ煮。合わせるワインは新しくリリースされたアンリ・ラモントーのジュランソン・モワルー。
テリーヌよりもフォワグラのポワレが欲しかったように思います。


魚が殆ど入荷無いため牛肉のポトフ。ワインは後にブルゴーニュ・コート・ドールが名乗れるモレ・サン・ドニの物とヴォーヌ・ロマネの物とを比較。


▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 05:50 PM | comments (0) | trackback (x) |

人気のレディスコース@新中国料理 HARAKAWA
大阪市内ではありません。なんばから泉北高速鉄道で光明池、そこから歩けば15分はかかるという辺鄙な場所なのです。ですが駅前からタクシーを利用すれば3分もかかりません。タクシーを降りて店の前に立つと辺りは静かそのもの。ところがドアを開けた瞬間喧騒に包まれます。12時40分過ぎなのに店内は満席、カウンターにも先客がお二人という盛況であります。

この店人気ナンバーワンのレディス・コースに私のおすすめ料理を追加して遅めのランチがスタート。


先ずは名物前菜の盛り合わせ。中央のバイ貝香料煮の左側はレモンスライスに載せた皮蛋、プチトマトのジュレ、カリフラワーの白ワイン漬、鶏のパテ?、鳴門金時の桂花陳酒風味、数の子の紹興酒付け、よこわのたたき山椒ソース、蜜漬け焼豚に金柑甘煮。どれも手間のかかった秀作です。


気仙沼の契約漁師から直送される鱶鰭のスープ。


水餃子に黒豆ソース、ブロッコリー添え。


天然大海老自家製バーベキューソース。野菜もふんだんに盛り込まれます。


▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 01:02 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::Georges
All Rights Reserved./Skin:oct