ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

ワイン大学第401回定例会@天満橋ザ・ブルー
ブログの更新が思うように捗らない。SDカードを読み取る「カードリーダー」が調子悪いので買いに行ったら何処にも売っていない。スピーカー付きの液晶モニターを使っていたのだが故障して、スピーカー無しのまま新しいモニターを使っていたのだが・・・ スピーカーはやっと2個で300円という代物に出会えた。なんでもさっき到着したばかりとのこと。これは意外に使えそうだ。

取敢えず画像だけでも先にアップ。アルバ産の白トリュフは箱入り。










▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 06:29 PM | comments (0) | trackback (x) |

ダイエット継続中

いろいろ試行錯誤しながら早朝トレーニングは継続中。最近は短時間で結果を出そうと焦っていたのかも知れない。運動量を 150W 想定速度 36km/h の場合、脈拍は 120 を超えることしばしば。

今朝は想定速度 34km/h 、運動量 135W 程度に抑え、時間掛けて 700kcal 消費。平均脈拍数は 107 、汗の量は変わらず。

しばらくはこの方法を続けることにする。
| ワイン日記 |
| 02:11 PM | comments (0) | trackback (x) |

第229回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会献立発表
11月17日土曜日午後7時開催の英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会献立表は次の通り。

先付 塩昆布なめこおろし

口取 梭子魚塩焼き、下仁田葱焼き、鞘隠元、とびあら、小茄子揚げ出し

向付 紅葉鯛造り、あしらい一式

煮物 菊子煮、ポン酢

焼物 甘鯛からすみ焼き

酢物 香箱蟹酢、胡瓜、三杯酢

揚物 海老芋唐揚げ、青唐

蓋物 金目鯛しゃぶしゃぶ、白菜、菊菜、椎茸、薬味ポン酢

すし まぐろ、あじ、こはだ、さより、穴子

果物 代白柿

以上 シャンパーニュ、ワインいろいろ、日本酒も1種類ご用意。
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 11:30 AM | comments (0) | trackback (x) |

Château ? Castillon Côtes de Bordeaux
久し振りにいいワインを見つけた。2015年の赤ワイン、アペラシヨンはコート・ド・ボルドー、デノミナシヨンはカスティヨン・コート・ド・ボルドー。

先ずブションがいい、長いし質もいい。また液体と触れた部分の染まり具合もいい。

コルクを抜いた瞬間の香りに気品を感じる。グラスに注ぐと流行りの濃い濃い色は呈さないが香りはさらに良くなってくる。口に含むと固過ぎず甘過ぎず、まろやかと云うか馴染みやすい味わい。妙な渋みや舌を刺すような酸はない。

紋甲烏賊の刺身に山葵醤油との相性は頗る良好。ゲソは肝と墨と共に大蒜と炒めてワインのアテにはピッタリだ。

さてこのワインというかシャトーそのものは既に他人に売り渡されてしまった。元のオーナーは2005年に買ったとのことだが2009年から有機栽培に移行、2012年からはエコセールの認証を得ている。

新しい所有者は名門中の名門、シャトーの名前も恐らく変えられてしまうであろう。
| ワイン日記::フランスワイン |
| 03:36 PM | comments (0) | trackback (x) |

第401回クードポール・ワインを楽しむ会
毎月第1木曜日の午後7時開催という天満橋のフレンチ、ル・ビストロ・クードポールさんのワインと食事を楽しむ会、33年以上続いているワイン会は珍しいはず。

今回は小生の提案メニュー、昔から美味しかった茸と帆立貝のテリーヌ、フロマージュ・モンドールを盛り込んでもらった。


通例ではマルヌ県のシャンパーニュからスタートするも今回は赤泡で乾杯、アミューズは鴨のコンソメと田舎風パテ。


クードポール名物茸と帆立貝のテリーヌにトスカーナの白ワイン。


リードヴォーと海老のフリカッセにはフリウリのシャルドネを。

▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 05:53 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::Georges
All Rights Reserved./Skin:oct