ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

ブルゴーニュに新たなアペラシヨン誕生
2017年11月9日ブルゴーニュ地区、シャブリとコート・ドールの中間に位置する Vézelay ヴェズレイと周辺のコミューン Asquins アスカン、Saint-Père サン・ペール、Tharoiseau タロワゾーのシャルドネで造られる白ワインだけに付与されるアペラシヨン・Vézelay が公布された。

従ってブルゴーニュ+何某のデノミナシヨン、Bourgogne Vézelay は廃止された訳です。
| ワイン雑感 |
| 06:39 PM | comments (0) | trackback (x) |

第390回ワイン大学定例会献立
14日木曜日のワイン大学忘年会の献立が整いましたのでお知らせ致します。

先付け、海老芋唐揚げ、湯葉、水菜、蕪餡掛け。
御凌ぎ、のどぐろ温ずし。
煮物椀、松葉蟹真薯、淀大根、うぐいす菜。
割鮮、迷い鰹、鮃、針烏賊。
焼肴、雲子醤油焼、富良野葱味噌。
揚げ物、河豚竜田揚げ。
変わり鉢、寒鰤、大根色々。
強肴、和牛いちぼ炭焼、卵黄醤油。
御飯、背甲蟹御飯。
水物、生姜アイスクリーム、抹茶餡、小豆

場所はミナミの日本料理「翠」さんです。周防町通りの北側ですので旧店舗とお間違いされないようお願い申し上げます。

日本料理 翠
大阪市中央区東心斎橋1-16-20 心斎橋ステージア2F
電話 06-6214-4567

| ワイン大学 |
| 06:04 PM | comments (0) | trackback (x) |

第218回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
左官業界トップ浪花組の副社長であられた清谷氏のお導きにより開催に漕ぎ着けた浪花料理とワインの集いです。第218回となった訳ですが、数えること18年が過ぎました。

とびっきりの魚に日本一旨いポン酢、さらに独自の焼き台による調理は他の追随を許しません。テーブルと椅子席になってますます居心地が良くなってます。今日はどんな特選素材が登場するのでしょうか?


先ずは天然帆立貝柱の磯辺焼き、焼き立てホカホカを焼き海苔に包んで頂きます。香ばしいスタートです。


口取は中央に原木栽培椎茸の塩焼き、右上から時計回りにきぬさやの胡麻和え、酢蓮根、鰯酢、新唐墨。
鰯には日本酒ですね。


本日の特選素材その1は寒平目。飛び切り活かった天然ヒラメ、縁側の脂は凄い。背と腹の2色の皮湯引きが添えられ山葵醤油で頂きます。


煮物は金目鯛煮付に牛蒡、木の芽で留めてあります。


ご覧下さい、鰆の味噌漬けですがこのデカさ、身の分厚さ、そして焦げずに焼かれているので皮まで旨いのです。お正月用に用意される味噌漬けは鰆のほか鰛(マナガツオ)もあります。
これも本日の特選素材也。


赤貝と分葱のぬた。


▼続きを読む
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 01:19 PM | comments (0) | trackback (x) |

クードポール第391回ワインを楽しむ会
32年間続いているワインと食事を楽しむ会です。夜8時開始という遅い時間からのスタートですのでゆったりとワインを楽しんで頂けます。


まずはアミューズグール、蕪のヴルーテに鱈白子に柚子。暖かい濃厚スープにほっこり。


前菜1皿目は「熟成鰆の低温調理 サラダ仕立て」、薫香漂う鰆が秀逸です。ビーツもありがちな臭みは一切なしで有難い。


最近見かけるようになったジョージアのオレンジ・ワイン。


フォワグラ 白インゲン豆の煮込み。

▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 11:06 AM | comments (0) | trackback (x) |

「石田めん羊牧場」を食べつくす会@天満橋 Origin
飼育が非常に難しいとされる美味なる羊「サウスダウン種」を専門に牧羊している北海道足寄郡 石田めん羊牧場から直接仕入れたフレッシュな仔羊を丸ごと頂きます。


まずは3種盛の前菜、ラムのアンドゥイユ南仏風、小さなレバーカツバーガー、セルベルのフリットと蕪のポタージュ。秀逸なのは子羊の脳みそ。魚の白子より濃厚な旨味をフリットにしてさらに凝縮、カブラのスープも滑らかで実に旨い。


次は仔羊肩肉のテリーヌにビーツのサラダと羊乳チーズ。青物はセルバチコ、赤白交互の文様はビーツの種類なのでしょうか、ありがちな特有の匂いもなく安心の味。


テリーヌの仕上げは少しラフかも(笑)。


ソムリエールに選んでいただいたワインは南アフリカのカッパー・ポットのピノ・ノワール。アルコールが強くレバーの風味を強調してしまうみたい。


と、そこへお隣のグループからおすそ分け。なんとクロ・ルジャールのソミュール・シャンピニーの 2008年、ソミュールを代表する有名ブランドです。こちらはバッチリお料理と合います、高価なワインご馳走様でございます。


▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 01:38 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::Georges
All Rights Reserved./Skin:oct