ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Tannat N




タナ、フランスはピレネー原産の黒葡萄で南西地方の濃い赤ワイン・マディランで一世を風靡したアラン・ブリュモン氏によって陽の目を見た葡萄である。

マディランだけではなく、その周辺のアペラシヨンではジュランソンを除くベアルン、イルレギ、ブリュロワ、サン・モン、サン・サルドス、チュルサン、そしてヴァン・ド・リキュールの類のフロック・ド・ガスコーニュで主要葡萄となっていて、コトー・デュ・ケルシーではコやメルロー・ノワールと共に補完葡萄 cépages complémentaires となっている。またカオールでは補助葡萄として葡萄規定に載っている。

拙ブログでは2013年6月8日にこちらで取り上げた。それを見ると2011年の栽培面積 2,859ha 、画像を拝借しているこちらのサイトを見ると 2016年の栽培面積 2,835ha なのでほぼ横ばいと考えて良いはず。2008年がピークだったのはアラン・ブリュモンが当時持て囃されたためと考える。

どんな葡萄も流行り廃りがある。

1980年代前半は圧倒的にカベソーの時代であった。それが1982年のペトリュス100点から一変する。リリースされ全世界で販売されたのは1985年以降だったはずで、それ以降はメルロー・ノワールが注目された。

白ワイン用の葡萄も同じことが云える。昔は甘口のリースリングが好まれたが、今や辛口(と云っても補糖まみれの)シャルドネ全盛の時代である。ワインは嗜好品であるがゆえに流行に影響されやすい。

さてVIVCパスポートデータはこちら、タナはフランス原産の黒葡萄だが、ウルグアイで 2009年の統計では 1,784.00 ha 栽培されていて、他にはアルゼンチンで08年 553.00 ha 、ブラジルで07年 421.00 ha 、さらにはイタリアで07年 45ha の栽培が報告されている。

シノニムは次の通り

BORDELAIS NOIR
BORDELEZ BELTZA
BORDELEZA BELCHA
HARRIAGUE
MADIRAN
MADIRON
MOUSTON
MOUSTRON
MOUSTROU
MOUSTROUN
TANAT
TANNAT GRIS
TANNAT NOIR FEMELLE
TANNAT NOIR MALE

今のところタナはマンサン・ノワール Manseng noir とプラン・ド・コーゼット Plant de Cauzette との親子関係が認められるとのこと。前者はフランス政府も登録している黒葡萄であるが、後者は果皮色も不明で実体は掴めていない葡萄のはずである。

またこのプラン・ド・コーゼットはプリュヌラールとの親子関係が認められるとのこと。プリュヌラールとはコもしくはマルベックの父親葡萄である。
| ワイン雑感 |
| 02:33 PM | comments (0) | trackback (x) |

AOC TAVEL 5
南ローヌに詳しいサイトから英語の葡萄規定をコピーすると

Allowed grape varieties
Primary varieties: Bourboulenc, Cinsault, Clairette Blanc(正しくは
CLAIRETTE BLANCHE), Clairette Rose, Grenache Blanc, Grenache Gris, Grenache Noir, Mourvedre, Picuepoul Blanc, Piquepoul Noir, Syrah、(ピクプール・グリが抜けているが・・・).

Other varieties: Calitor (if planted before 1994), Carignan Blanc, Carignan Noir.

カリトールは補助葡萄となっているが1994年までに植えられたものに限るとの条件付きとなっている。

アペラシヨン・タヴェルの法令詳細(Cahier des charges)はこちら 2017年5月の改訂版だが、これには補助葡萄カリトールの制限については触れられていない

その他植密度や栽培における規定やパリサージュの規定、収量の規定、各葡萄の糖度の規定と最低アルコール度数、ヘクタール当たりの収穫量、その他エチケットに関する規定も網羅されているが、醸造に関する規定は存在しない。即ち伝統的なる醸造法でロゼを醸し出すということ。南ローヌに詳しいサイトによると通常は12~36時間という短いマセラシヨンにより果皮より色と特徴を抽出するとのこと。
| ワイン日記::フランスワイン |
| 01:28 PM | comments (0) | trackback (x) |

第405回ワイン大学・英ちゃん冨久鮓天然河豚会
マックス12名のところ、新たに椅子を購入頂いて14名での開催と相成った。太っ腹な英ちゃん冨久鮓の大将に感謝!
高津高校時代の同級生が3人のお連れと共に参加頂き大変賑やかな宴となったことを報告させて頂き、また4人用テーブルに6人座って頂いたメンバーさんには大変迷惑をかけてしまったのでこの場を借りてお詫び申し上げる。


先ずは河豚の出汁で造られた河豚白子入り茶碗蒸し。


てっさには鴨頭葱と酢橘そして日本一の英ちゃんポン酢。プレミアムの2009ヴィンテージ・シャンパーニュが実に良く合う。


白子の塩焼きに引き続いて白子の醤油焼きも登場したのだが画像を失念。


これが1人前の焼き材料、大きな遠江と身皮、そして骨付きの身はぴくぴくと動いている。焼き物にはロゼも良く合う。


大きなコンロはもちろん紀州備長炭の炭火なり。


皮の湯引きも登場。

▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 04:37 PM | comments (0) | trackback (x) |

ヴィエ・ディ・ロマンスを味わう@芦屋ラッフィナート
11日月曜の夜、芦屋のリストランテ・ラッフィナートで開催された。


先ずは当主ジャンフランコ・ガッロ氏の挨拶とワインの説明。


人参のスプーマ(ムース)生うに、コンソメゼリー。いつもと違うのは、ビノ・グリージョに合わせるためビーフコンソメを敢えて使ったとの事。昔からのお店オリジナルのアミューズグール。


車海老と花のインサラータ(サラダ)、見た目を花っぽくしただけで無く、味わいも花を表現したサラダ。ポッシェした車海老は甘い。ドレッシングは三種の酢をブレンドされたとの事、実に美味なり。


自家製のパンにオリーヴオイルが添えられる。


蛤の白ワイン蒸し 卵白を練りこんだタリオリーニ 薬味たっぷり添え
フレンチクレソン、芽ネギをたっぷり散らしてはまぐりの甘みを引き立てたとの事、これまた非常に美味なり。

▼続きを読む
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 01:48 PM | comments (0) | trackback (x) |

AOC TAVEL 4
尚、コミューン全体と隣のロクモールのどの部分AOC TAVEL の領域かはこちらをご覧あれ。ロクモールの A9 の東南部で D6580 の西側と同じく A9 の北側で D6580 より西側の部分に限られるはずである。

法令の文言は次の通りロクモールに関する部分は「et sur les parcelles suivantes de la commune de Roquemaure constituant le domaine de Manissy, section K, n°s 310 à 317, 319 à 321, 323 à 325 et 326 à 337. 」即ち(推測だが)昔から有名な生産者ドメーヌ・ドゥ・マニスィがタヴェルではなくロクモールのコミューンにあったため、領域として取り込んだものと思われる。

INAO の示すこちらオレンジで示される領域は間違いである。この領域はタヴェルとロクモールの全域を示している。

さて葡萄に関する規定は

1°- Encépagement
Les vins sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : bourboulenc B, cinsaut N, clairette B, clairette rose Rs, grenache blanc B,
grenache gris G, grenache N, mourvèdre N, piquepoul blanc B, piquepoul gris G, piquepoul noir N, syrah N ;
- cépages accessoires : calitor N, carignan blanc B, carignan N.
2°- Règles de proportion à l’exploitation
a) - La proportion de l’ensemble des cépages grenache N, grenache blanc B et grenache gris G est supérieure à 30% et inférieure à 60 % de l’encépagement ;
- La proportion de chacun des cépages principaux est inférieure ou égale à 60 % de l’encépagement ;
- La proportion de chacun des cépages accessoires est inférieure ou égale à 10 % de l’encépagement.
a) - Ces obligations ne s’appliquent pas aux opérateurs producteurs de raisins ne vinifiant pas leur production et exploitant moins de 1,5 hectare en appellation d’origine contrôlée.

主要葡萄はブルブランク(白)、サンソー(黒)、クレレット・ブランシュ、クレレット・ロゼ、グルナッシュ・ブラン、グルナッシュ・グリ、グルナッシュ・ノワール、ムルヴェドル、ピクプール・ブラン、ピクプール・グリ、ピクプール・ノワール、シラー。

補助葡萄(言い換えるとブレンドしても構わない葡萄と解釈頂きたい。また補助葡萄は必ずブレンドされるわけではなく必要ないと理解する方が無難である): カリトール(黒)、カリニャン・ブラン、カリニャン・ノワール。

栽培規定 主要葡萄のうちグルナッシュ3種の合計は30%を超え60%未満。主要葡萄のそれぞれは60%以下。つまり1品種が60%を超えてはならないという意味。補助葡萄のそれぞれは全体の10%以下。

これらの規定は1.5ヘクタール未満の栽培醸造家には適用されない。

実際には畑の大半はグルナッシュ御三家が栽培されていて、あとは生産者次第で主要葡萄に指定された中から好みの葡萄を栽培に加えていると思われる。


| ワイン日記::フランスワイン |
| 02:14 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Georges
All Rights Reserved./Skin:oct