ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Pinot Blanc B




ピノ・ブランは黒葡萄ピノ・ノワールの突然変異によって生まれた白葡萄であります。果皮の色に黒系色素がなくなったものをピノ・ブラン、果皮の色がグレーになったものをピノ・グリ、いずれもピノ・ノワールの突然変異によるものです。

ピノ・ブランが使えるアペラシヨンはたくさんありますが、アルザス・グラン・クリュでこのピノ・ブランが使える場合があるのでご紹介します。

アルザス・グラン・クリュと云えば元来4つの葡萄、リースリングゲヴュルツトラミネールミュスカそしてピノ・グリだけのはず。現在アルザス・グラン・クリュの葡萄規定は一部省略しますが

1°- Encepagement.
a) - Les vins sont issus :
- soit d'un seul des cepages suivants : gewurztraminer Rs, muscat a petits grains B, muscat a petits grains Rs, muscat ottonel B, pinot gris G, riesling B.
- soit de l'assemblage des cepages suivants : muscat a petits grains B, muscat a petits grains Rs, muscat ottonel B

b) - Les vins a appellation d'origine controlee ≪Alsace grand cru Altenberg de Bergheim≫ sont issus :
- soit d'un seul des cepages suivants : gewurztraminer Rs, pinot gris G, riesling B,
- soit d’un assemblage des cepages suivants :
- cepage principal : riesling B,
- cepages complementaires : gewurztraminer Rs, pinot gris G,
- cepages accessoires : pour les vignes plantees avant le 26 mars 2005, chasselas B, muscat a petits grains B, muscat a petits grains Rs, muscat ottonel B, pinot blanc B, pinot noir N.

2°- Regles de proportion a l'exploitation
a) . Pour les vins elabores a partir de plusieurs cepages et susceptibles de beneficier de l'appellation d'origine controlee ≪Alsace grand cru Altenberg de Bergheim≫, la proportion du cepage riesling B ne peut etre inferieure a 50% de l’encepagement et superieure a 70% de l’encepagement.
La proportion des cepages complementaires, pour chacun d'entre eux, ne peut etre inferieure a 10% de l’encepagement et superieure a 25% de l’encepagement.
La proportion de l'ensemble des cepages accessoires ne peut etre superieure a 10% de l’encepagement.

長々とコピーしましたが、通常の場合アルザス・グラン・クリュは

①単一葡萄 ゲヴュルツトラミネール、ミュスカ・ア・プティ・グラン・ブラン、ミュスカ・ア・プティ・グラン・ロゼ、ミュスカ・オットネル、ピノ・グリそしてリースリングだけで構成される場合
②ミュスカに限りミュスカ+何某の3葡萄(ミュスカ・ア・プティ・グラン・ブラン、ミュスカ・ア・プティ・グラン・ロゼ、ミュスカ・オットネル)をブレンドして作る場合

つまりアルザス・グラン・クリュのアペラシヨンを名乗るにはミュスカ以外はブレンドしてはいけないということになっています。

ところが例外が3つあるのです。

例外の1つはいろんな葡萄をブレンドするという事例で2つのグラン・クリュに適応されます。その2つとは、グラン・クリュ・アルテンベルグ・ド・ベルガイムと同じくグラン・クリュ・ケーフェルコップであります。

ピノ・ブランがブレンドされるのは次の限られた②の条件の下だけであります。Alsace grand cru Altenberg de Bergheim アルザス・グラン・クリュ・アルテンベルグ・ド・ベルガイムに於いて下記の②の場合のみであります。

①単一葡萄ゲヴュルツトラミネール、もしくはピノ・グリ、もしくはリースリング100% で構成される場合と

②リースリングを主要葡萄とし、補完葡萄にゲヴュルツトラミネール、ピノ・グリをブレンドし、さらに補助葡萄として2005年3月26日までに植えられていたシャスラ・ブラン、ミュスカ・ア・プティ・グラン・ブラン、ミュスカ・ア・プティ・グラン・ロゼ、ミュスカ・オットネルそしてピノ・ブランとピノ・ノワールが10% 以下として使える場合があるということで、これは恐らく古くからそういった葡萄を栽培し続けている生産者が存在するからだと思われます。つまり9種類の葡萄が使われているということであり、ネットに流れる13種類と云うのはどうやら疑わしい。

アルザス・グラン・クリュでシャスラ・ブラン、ピノ・ノワールそしてピノ・ブランが使えるというのはクリュの名称を伴うデノミナシヨン・アルザス・グラン・クリュ・アルテンベルグ・ド・ベルガイムだけ、それも特定の生産者に限られての事なのであります。

グラン・クリュ・ケーフェルコップの場合は次の通り

d) – Les vins à appellation d'origine contrôlée «Alsace grand cru Kaefferkopf» sont issus:
- soit d'un seul des cépages suivants: gewurztraminer Rs, pinot gris G, riesling B,
- soit d’un assemblage des cépages suivants:
cépage principal: gewurztraminer Rs,
cépage complémentaire: riesling B,
cépages accessoires: muscat à petits grains blancs B, muscat à petits grains roses Rs, muscat ottonel B, pinot gris G.

ケーフェルコップも単一セパージュ、ゲヴュルツトラミネール、ピノ・グリもしくはリースリング100%だけの場合とゲヴュルツトラミネールを主要葡萄、リースリングを補完葡萄、そしてミュスカ・ア・プティ・グラン・ブラン、ミュスカ・ア・プティ・グラン・ロゼ、ミュスカ・オットネルそしてピノ・グリを補助葡萄としてブレンドする場合と2通りあるということ。

最後の例外はグラン・クリュ・ゾッツェンベルグ。

c) - Les vins à appellation d'origine contrôlée «Alsace grand cru Zotzenberg» sont issus d'un seul des cépages suivants: gewurztraminer Rs, pinot gris G, riesling B, sylvaner B.

このグラン・クリュではミュスカの類が使えません。その代り例外的に認められたのは何とシルヴァネール。

かなり昔のお話ですがこちらをご覧下さい。こちらを拝見するとグラン・クリュ・ゾッツェンベルグの面積は14ヘクタールだけで生産者はドメーヌ・アルフレッド・ワンツだけと思われるかもしれませんが、実際はこちらをご覧下さい。

アルザスの北部ミッテルベルガイムの 36,45 ha がゾッツェンベルグの畑の面積であり、ワンツだけではなく複数の生産者 Lucas et Andre Rieffel 、Albert Seltz 、Emile Boeckel 、Domaine Haegi などがシルヴァネールを植えてワインを造っています。

余談ですけどシルヴァネールに反対する立場の意見を述べたトリンバックですが、元々アペラシヨン・アルザス・グラン・クリュには反対の立場の生産者であり、グラン・クリュの畑を持ちながら、アルザス・グラン・クリュの呼称は使っていませんでした。

有名なクロ・サン・チューンはグラン・クリュ・ロザケール内にありますがそんなことは一切エチケットに示していません。またトリンバックのキュヴェ・フレデリック・エミールもやはりグラン・クリュの畑から生まれた葡萄でできるワインですがグラン・クリュではなく普通のアペラシヨン・アルザスで通したまま現在に至っています。

つまりアルザス・グラン・クリュはトリンバックにとっては不要なアペラシヨンという訳です。

アルザス・グラン・クリュのアペラシヨン制定にはかなり難航した模様で反対派の旗頭がトリンバックだったはずです。
| ワイン雑感 |
| 04:09 PM | comments (0) | trackback (x) |

12月の英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会は9日土曜日午後7時開催
もう師走、1年はあっという間に過ぎで行きますね。来週土曜日第218回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会を開催いたしますが献立が整いましたのでお知らせ申し上げます。

先付 帆立貝柱磯辺焼き

口取 新からすみ、鰯酢、椎茸塩焼き、酢蓮根、きぬさや

向付 寒平目造り、あしらい一式

煮物 金目鯛煮付、牛蒡、木の芽

焼物 さわら味噌漬、青唐

酢物 赤貝分葱ぬた

揚物 鰤竜田揚げ、スティック薩摩芋

蓋物 虎魚小鍋、白菜、菊菜、薬味ポン酢

すし とろ、あじ、鱈白子、烏賊、芽葱

果物 苺

シャンパーニュにワインいろいろ、日本酒もご用意いたします。何方でもお越し頂けますので是非一度お越しください。
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 05:12 PM | comments (0) | trackback (x) |

Bourgogne Côte d'Or ブルゴーニュ・コート・ドール誕生

私が兼ねてから申し上げていた「ブルゴーニュ・コート・ドール」がアペラシヨン・ブルゴーニュの新たなデノミナシヨンとして先日決定、政令公布されました。

初めて提案したと記憶にあるのはこちら、シャブリ周辺だけにやたら新しいデノミナシヨンが制定されるのはおかしいと当時から不審に思っておりました。2007年12月の事ですので10年前から申し上げてきたわけですがやっと日の目を見たというか、遅すぎたブルゴーニュ・コート・ドールの誕生であります。

政令の詳細はこちらからファイルを開いてください。

Modifié et/ou complété par : の下の Cahier des charges de l'appellation d'origine contrôlée Bourgogne - B.O. n°46 du 16 novembre 2017 をクリックして「ファイルを開く」をクリックすると最新のアペラシヨン・ブルゴーニュの法令が開きます。

2017年10月30日決定、11月7日政令公布とあります。



Denomination geographique complementaire ≪Cote d’Or ≫ Vins tranquilles blancs ou rouges.

ブルゴーニュ・コート・ドールはロゼを除く赤と白のスティルワインで泡は含まれません。

≪ Cote d’Or ≫
- Dans le departement de la Cote-d’Or :
Communes entieres : Aloxe-Corton, Bligny-les-Beaune, Brochon, Chassagne-Montrachet, Chenove, Chorey-les-Beaune, Comblanchien, Corgoloin, Corpeau, Couchey, Fixin, Gevrey-Chambertin, Gilly-les-Citeaux, Ladoix-Serrigny, Marsannay-la-Cote, Morey-Saint-Denis, Puligny-Montrachet, Santenay, Vougeot.
Communes prises en partie : Auxey-Duresses, Beaune, Chambolle-Musigny, Dijon, Flagey- Echezeaux, Magny-les-Villers, Meursault, Monthelie, Nuits-Saint-Georges, Pernand-Vergelesses, Pommard, Premeaux-Prissey, Saint-Aubin, Saint-Romain, Savigny-les-Beaune, Volnay, Vosne-Romanee.
- Dans le departement de Saone-et-Loire :
Communes prises en partie : Cheilly-les- Maranges, Dezize-les-Maranges, Remigny, Sampigny-les-Maranges.
L’Institut national de l’origine et de la qualite depose, aupres des mairies des communes prises en partie, les documents graphiques etablissant la limite de l’aire geographique approuvee lors de la seance du comite national competent du 12 fevrier 2015.

ブルゴーニュ・コート・ドールの範囲はアロース・コルトン以下サンピニー・レ・マランジュに至る各コミューンの範囲内であり、INAO が2015年2月12日制定の各コミューンのアペラシヨン・ブルゴーニュの範囲に限られるということでしょう。

葡萄についての規定はコート・ドール県なので

1°- Encepagement
a) - Les vins blancs sont issus des cepages suivants :
- cepages principaux : chardonnay B, pinot blanc B ;
- cepage accessoire : pinot gris G.
b) - Les vins rouges sont issus des cepages suivants :
- cepage principal : pinot noir N ;
- cepages accessoires : chardonnay B, pinot blanc B, pinot gris G

白ワインの主要葡萄はシャルドネもしくはピノ・ブラン、補助葡萄としてピノ・グリは30%以下。赤ワインはピノ・ノワールだけで白系葡萄は混植の場合のみ許可され15%以下という栽培規定があります。

2018年ヴィンテージから登場するであろうブルゴーニュ・コート・ドール、残念なことに今までより価格高騰は必至かもしれません。
| ワイン日記::フランスワイン |
| 09:48 AM | comments (0) | trackback (x) |

第217回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
いつもの常連メンバーに何とうら若き女性が飛び入り参加頂き華やかな幕開けと相成りました。

先ずはピエール・ルグラのブラン・ドゥ・ブラン、グラン・クリュ・シュイイィで乾杯。日本酒は国道477号線沿いにある秋鹿の純米吟醸「歌垣」、この名前は蔵元の所在地を示します。この集落にはキリスト教教会がありその名も「歌垣教会」。


先付はアツアツの鱈白子、菊花に例えて「菊子」とも呼ばれますが一般には「雲子」。新鮮なので何とも良い香りが堪りません。


続いて口取、細魚の南蛮漬けにとびあらの天麩羅、零余子に銀杏、そして下仁田葱を焼いて味噌を添えたもの。


出ました、本日の特選素材は大分豊後水道の天然真鯛。瀬戸内の鯛ではこの味に達しません。歯応え、身のプリプリ感、そしてその身の甘さと脂の乗り、全く申し分のない天下一品であります。合わせるのはシャトー・マルゴーではなく、似たような名前のフラン・コート・ド・ボルドーの2010年、まさに飲み頃ボルドーで刺身によく合います。


続いて本日の特選素材、天然伊勢海老の具足煮。身がぎっしり詰まっているのはもちろんですが味噌の甘さが凄いのです。このお料理にはトスカーナの少し甘口白ワインがぴったり。


本日は特選素材が次々と登場、のどぐろの塩焼き。大きなのどぐろを一人前片身と云うボリューム。脂の乗りは半端なく、とろける味わい。ジャンボ酢橘添え。

▼続きを読む
| ワイン日記 |
| 11:28 AM | comments (0) | trackback (x) |

ワインのコルクに漢字が!

昨日開けたワインのブションを見てびっくり、なんと漢字の印字があったのです。中国人所有のシャトーなのかと・・・




▼続きを読む
| ワイン雑感 |
| 12:03 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋
All Rights Reserved./Skin:oct