ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

12日木曜午後6時ワイン大学翠さん献立
すみません、大変遅くなりましたが明後日木曜午後6時、東心斎橋の日本料理翠さんのお献立です。

先付 足赤海老、蕪

向付 河豚

椀 鮑 淀大根

酢肴 鰤 柚子大根

油物 松葉蟹 胡麻豆腐

焼肴 雲子

油物 海老芋

強肴 鴨炭火焼

御飯 河豚御飯

茶菓 生姜アイス 栗渋皮煮

以上です。忘年会を兼ねての開催なので泡多めにご用意いたします。

参加者の皆様、何卒宜しくお願い申し上げます。尚いつもと異なり開始時刻は午後6時となります。
| ワイン大学 |
| 10:16 AM | comments (0) | trackback (x) |

第242回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
12月14日土曜午後7時開催の第242回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会の献立

先付 鮟鱇肝ポン酢、分葱

口取 公魚南蛮漬、手作り新唐墨、サーモン昆布〆、酢蓮根、絹莢

向付 虎魚造り、あしらい一式、あらポン酢

煮物 金目鯛煮付け、牛蒡、木の芽

焼物 河豚白子塩焼き、河豚白子醤油焼き

酢物 赤酢物、刻み胡瓜、三杯酢

揚物 天麩羅・車海老、鱚、南瓜、雪塩

蓋物 鰤しゃぶ鍋、白葱、白菜、菊菜、薬味ポン酢

すし 鯛、烏賊、鯵、穴子胡瓜巻き、ねぎとろ巻き 

果物 いちご

発表が遅くなり申し訳ございません。
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 05:43 AM | comments (0) | trackback (x) |

コート・デ・ブランの周辺地区その3 Vitryat
Grandes Marques & Maisons de Champagne のサイトではコート・デ・ブランに属するサブ・エリアとして Montgueux 、Sézannais 、Val du Petit Morin そして Vitryat の4地域を記載している。

モングーはかなり離れた地域であるので後回しとして先にヴィトリアを取り上げる。ヴィトリアとは VITRY-EN-PERTHOIS ヴィトリ・アン・ペルトワというよりその南西のコミューン、ヴィトリ・ル・フランソワに住んでいる住民を指すのだが、この場合ヴィトリ周辺地区の意味合いを持つはずである。

だがその地域を代表するコミューン、ヴィトリ・ル・フランソワはこのコート・デ・ブランのサブ・エリア、ヴィトリアには属さないのが不思議である。

ヴィトリアに属するコミューンは15 あるが、まず地域で云うとエペルネから東南東に向かいシャロン・アン・シャンパーニュまで32.5キロ、そこからさらに南東へ35キロの地点がヴィトリ・ル・フランソワである。即ちエペルネからは67.5キロも離れた地域であり、大阪から滋賀県の大津に行くより遠い距離になる。

セザネの中心地 Cézanne からヴィトリ・ル・フランソワまでは70.3キロも離れていて、この地区がコート・デ・ブランの周辺地域とは普通の感覚では語れるはずはない。

ところがヴィトリアに属する15のコミューンの葡萄構成は平均すると 97.5%がシャルドネ・ブランである。従って地域的には離れているが、シャルドネ・ブランの比率は高いためコート・デ・ブランの周辺地域として無理やり組み入れたのかも知れない。

ではそのヴィトリアに属するコミューンを北から取り上げてみることにする。

1. VANAULT-LE-CHÂTEL 51330 ヴァノー・ル・シャテルは農業従事者10名、総面積 33,90 ha の内 シャルドネ・ブランは 33,60 ha、シャルドネ・ブランの比率は何と 99%以上というコミューンである。ピノ・ムニエ、ピノ・ノワールの記載が無いので恐らくそれ以外のアルバン、ピノ・グリ、ピノ・ブラン、プティ・メリエが栽培されているのかも知れない。

2. ヴァノー・ル・シャテルから南西へ 4.8キロのコミューン、BASSU 51300 バシュは農業従事者27名、総面積 35,80 ha の内シャルドネ・ブランは34,90 ha、ピノ・ムニエは0,60 ha、ピノ・ノワール0,30 ha とシャルドネ・ブランの比率は97.5%と高い。

3. バシュから南東へ6キロほどのコミューンVAL-DE-VIÈRE 51340 ヴァル・ド・ヴィエールは農業従事者9名、総面積31,50 haの内シャルドネ・ブランは30,80 ha、ピノ・ムニエは僅か0,10 ha、ピノ・ノワールも0,60 haと僅かばかり。シャルドネ・ブランの比率は97.8%とメチャ高い。

4. ヴァル・ド・ヴィエールから南南西に2.5キロほど行くと VAVRAY-LE-PETIT 51300 ヴァヴレ・ル・プティに到達するが、ここの農業従事者は1名のみで畑の総面積 17,90 ha のすべてがシャルドネ・ブランである。従ってシャルドネ・ブランの比率は100%。

5. VAVRAY-LE-GRAND 51300 ヴァヴレ・ル・グランは似たような名前のヴァヴレ・ル・プティから南西1キロほどのコミューンであり、農業従事者は11名、総面積 45,20 haの内シャルドネ・ブランは44,70 ha、ピノ・ムニエの栽培は無くピノ・ノワールは 0,50 haと僅少である。シャルドネ・ブランの比率は98.9%。

6. ヴァヴレ・ル・グランから西へ直線距離なら3キロにも満たないコミューン、BASSUET 51300 バシュエはこの地区最大の葡萄畑があり、農業従事者は47名総面積 89,70 ha、シャルドネ・ブランは86,00 ha、ピノ・ムニエ3,00 ha、ピノ・ノワールは0,70 haとなっていてシャルドネ・ブランの比率は96%。

7. バシュエから北西に直線距離なら7キロほどのコミューン、LISSE-EN-CHAMPAGNE 51300 リス・アン・シャンパーニュは農業従事者14名、総面積31,40 haの内シャルドネ・ブランは31,20 ha、ピノ・ムニエ無し、ピノ・ノワールは0,20 haとなっていてシャルドネ・ブランの比率は 99.4% と高い。

8. リス・アン・シャンパーニュから今度は南西に2.6キロのコミューン SAINT-LUMIER-EN-CHAMPAGNE 51300 サン・リュミエ・アン・シャンパーニュは農業従事者14名、総面積 31,70 haの内シャルドネ・ブランは 30,80 ha、ピノ・ムニエは栽培無しでピノ・ノワールは0,90 ha。シャルドネ・ブランの比率は97%。

9. サン・リュミエ・アン・シャンパーニュからまた今度は北西に3キロのコミューン、SAINT-AMAND-SUR-FION 51300 サン・タマン・シュル・フィオンは農業従事者24名総面積12,30 haは全てシャルドネ・ブランでありシャルドネ・ブランの比率は100%である。

10. ちょっと後戻りしてバシュエから南南東に10キロほどの CHANGY 51300 シャンジーもシャルドネ・ブランの比率100%のコミューンである。農業従事者12名、畑の総面積12,40 haは全てシャルドネ・ブラン。

11. シャンジーから南西約6キロほどのコミューン、MERLAUT 51300 はメルローと読む。葡萄のメルローは Merlot 、この Merlaut は現在メドック第2級のシャトーグリュオー・ラローズのオーナー、ジャン・メルロー氏と同じスペルである。カタカナ覚えするのはワインの世界では通用しないように思う。

閑話休題、コミューンの名前の後に続く数字は何かお分かりだろうか?

ヴィトリア地区のコミューンの名前の後に続く数字は 51300 もしくは 51330、51340 でありこれらは郵便番号であり、頭の「51」はマルヌ県であることを示す。コート・デ・ブランの例えばメニル・シュル・オジェからメルローまでの距離は65キロほど離れてはいるが同じマルヌ県であるから LE-MESNIL-SUR-OGER 51190 、MERLAUT 51300 どちらも 51 から始まる郵便番号なのである。

このコミューン・メルローもシャルドネ・ブランの比率100%、農業従事者11名、総面積6,70 haは全てシャルドネ・ブランである。

12. メルローから南西へ3.8キロのコミューン VITRY-EN-PERTHOIS 51300 ヴィトリ・アン・ペルトワは農業従事者45名、畑の総面積61,10 haの内シャルドネ・ブランは58,10 ha、ピノ・ムニエは1,20 ha、ピノ・ノワールは1,80 haでシャルドネ・ブランの比率は95%。

13. ヴィトリ・アン・ペルトワから今度は北西に直線距離なら約7キロほどのCOUVROT 51300 クヴロは農業従事者10名、総面積21,80 haの内シャルドネ・ブランは21,10 ha、ピノ・ムニエは0,40 ha、ピノ・ノワールは0,30 haとシャルドネ・ブランの比率は96.8%と高い。

14. クヴロからほぼ真西へ2.5キロ、LOISY-SUR-MARNE 51300 ロワジー・シュル・マルヌは農業従事者5名、総面積5,80 haは全てシャルドネ・ブランである。

15. ヴィトリア最南端のコミューンはロワジー・シュル・マルヌから真南へ7.1キロほどの GLANNES 51300 グランヌである。グランヌは農業従事者20名、総面積19,30 haの内シャルドネ・ブランは18,80 ha、ピノ・ムニエは栽培無しでピノ・ノワールは0,50 haとシャルドネ・ブランの比率は97.4%となっている。

以上本来のコート・デ・ブランからは南東へ60キロほど離れたヴィトリア地区であるがシャルドネ・ブランの比率が非常に高いため敢えてコート・デ・ブランのサブ・エリアとして認められている模様である。


| ワイン雑感 |
| 02:17 PM | comments (0) | trackback (x) |

コート・デ・ブランの周辺地区その2 Sézannais セザネ
シャンパーニュの地区別に詳細を書いている。コート・デ・ブランの周辺地域として第2番目に取り上げるのがセザネ、わが国ではコート・ド・セザンヌと呼ばれている地域である。

サイトはこちら、前述のヴァル・デュ・プティ・モランのオイエから南西に約 12キロほどのコミューン、SÉZANNE 51120 セザンヌを中心に12のコミューンから構成するセザネはヴァル・デュ・プティ・モランの南部地区とも云えそうな位置関係である。

715 Exploitants 1 417,50 ha de vignes 75,12% Chardonnay 6,23% Meunier 18,60% Pinots-Noirs

サイトからコピーすると気になる表記が最後の Pinots-Noirs 、どうして複数形にしているのか理解に苦しむが、Vitis International Variety Catalogue VIVC にはこんな葡萄の名前は存在しない。ブドウの栽培面積割合からしてシャルドネ・ブランがかなりの部分を占めておりコート・デ・ブランの周辺地区と呼んでも良さそうだ。

先ずはこの地区最北の 1. BERGÈRES-SOUS-MONTMIRAIL 51210 から取り上げる。ベルジェール・ス・モンミライユは前述のベイユから西へ15キロほどのコミューンである。農業従事者は32名、総面積41,50 haの内シャルドネ・ブランは僅か3,70 ha、大半はピノ・ムニエで24,80 ha、そしてピノ・ノワールも13,00 ha とかなり比率は高い。コート・デ・ブランのかなり西側なのでテロワールは黒葡萄に向いていて当然かも。

ベルジェール・ス・モンミライユだけがセザネでは飛び地のような存在であり、他のコミューンはそこから約25キロほど南東に位置する ALLEMANT 51120 アルマンから南西に向けて数珠繋ぎになっているコミューン群である。

2. ALLEMANT 51120 アルマンは農業従事者42名、総面積65,60 haの内シャルドネ・ブラン38,80 ha、ピノ・ムニエ4,50 ha、ピノ・ノワール22,30 ha と約6割がシャルドネ・ブランである。恐らくこの辺りから南西に伸びる白亜質土壌が広がっているはずである。

3. アルマンから2キロほど西のコミューン、BROYES 51120 ブロイエは農業従事者71名、畑の総面積140,60 haの内シャルドネ・ブランは89,10 ha、ピノ・ムニエ20,40 ha、ピノノワール31,00 ha とシャルドネ・ブランの比率は63%に上がる。

4. ブロイエから南西に6キロほどの開けたコミューン、SÉZANNE 51120 はこの地域の中心地であり農業従事者66名、総面積は2番目に大きい 206,10 ha、シャルドネ・ブラン143,80 ha 、ピノ・ムニエ32,30 ha、ピノ・ノワール30,00 ha とシャルドネ・ブランの比率は約70%にまで上がる。

5. セザンヌから南南西3.5キロのコミューン VINDEY 51120 ヴァンデは農業従事者42名、総面積75,20 haの内シャルドネ・ブランは63,50 ha、ピノ・ムニエは僅か0,80 ha、ピノ・ノワール10,90 haでシャルドネ・ブランの比率はさらに高くなり84%に達する。セザンヌから南へ進むとシャルドネ・ブランの比率が高くなるということが分かる。

6. ヴァンデから南へ3キロ SAUDOY 51120 ソドワは農業従事者47名、総面積78,00 haの内シャルドネ・ブランは73,70 ha、ピノ・ムニエは僅か0,10 ha、ピノ・ノワール4,20 haとシャルドネ・ブランの比率は94%を超える。

7. ソドワから南西3.2キロの BARBONNE FAYEL 51120 バルボンヌ・ファイエルはセザネ最大の畑を有するコミューンであり農業従事者101名、総面積265,00 haの内シャルドネ・ブランは187,60 ha、ピノ・ムニエは僅か2,70 ha、意外にピノ・ノワールは74,50 haも栽培されている。ピノ・ノワールの比率が28%と高いためシャルドネ・ブランの比率は70%程度となる。

8. バルボンヌ・ファイエルからさらに南へ4キロ FONTAINE-DENIS-NUISY 51120 フォンテーヌ・ドニ・ニュイジーは農業従事者93名、総面積120,50 haの内シャルドネ・ブランは81,70 ha、ピノ・ムニエは僅か0,70 ha、南へ行くに従いピノ・ノワールに向いたテロワールなのか38,10 haとかなりピノ・ノワール比率が高くなるみたいだ。シャルドネ・ブランの比率は67.8%に対してピノ・ノワールの比率は36.1%である。

9. フォンテーヌ・ドニ・ニュイジーから南西へ2キロほどのコミューン、LA CELLE-SOUS-CHANTEMERLE 51260 ラ・セル・ス・シャントメルルは農業従事者65名、総面積89,00 haの内シャルドネ・ブランは70,90 ha、ピノ・ムニエは僅か0,10 haでピノ・ノワールは18,00 haでシャルドネ・ブランの比率は79.7%とまた高くなっている。

10. ラ・セル・ス・シャントメルルから1.6キロほど西の CHANTEMERLE 51260 シャントメルルは農業従事者14名、総面積33,70 haの内シャルドネ・ブランは30,70 ha、ピノ・ムニエは栽培されない。ピノ・ノワールは3,00 haで、シャルドネ・ブランの比率は91%とさらに高くなる。

11. シャントメルルからさらに西へ直線距離約4キロのコミューン、BETHON 51260 ベトンはセザネ3番目に広い畑があり、農業従事者100名、総面積194,70 haの内シャルドネ・ブランは180,30 ha、ピノ・ムニエは僅か1,20 ha、ピノ・ノワールは13,00 ha、シャルドネ・ブランの比率は92.6%と更に高くなっている。

12. ベトンから南西へ直線距離で3キロのコミューン、MONTGENOST 51260 モンジェノストは農業従事者42名、総面積107,60 haの内シャルドネ・ブランは101,00 ha、ピノ・ムニエは僅か0,70 ha、ピノ・ノワールは5,60 haで、シャルドネ・ブランの比率は94%近くになっている。

以上でセザネの12コミューンの状況はお分かり頂けたはずだが、セザネの内飛び地のベルジェール・ス・モンミライユはピノ・ムニエの比率が高く、アルマンからモンジェノストまでの連なる葡萄畑は南へ行くに従いシャルドネ・ブランの比率は高くなっていることが分かる。
| ワイン雑感 |
| 11:01 AM | comments (0) | trackback (x) |

第414回クードポール・ワインを楽しむ会
今年度最後の天満橋クードポールさんのワイン会、ちょっと人数少なめなので8種類のワインを飲んで頂いた。


先ずは本日の黒トリュフと白トリュフのお披露目。量は控えめだが香りは強烈。


食前酒のつもりのプロセッコにキャヴィア・オシェトラにカリフラワーのムース。本来はプロセッコの後にシャンパーニュの予定だったのだが・・・


鴨の温燻と白隠元豆のカレー煮込み。この一皿にはブーリアの赤ワインを合わせる。黒いのは鴨の砂肝なり。


若狭鯖のマリネとサラダ、ソアーヴェが良く合う。


茸とホロホロチョウのリゾットに白トリュフ。これにはウンブリアのグレケットがピッタリ。白トリュフの香りを楽しむにはリゾットかタリオリーニに限る、またワインは強い赤より白ワインと合わせるのが好みである。

▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 02:28 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2019年12月
All Rights Reserved./Skin:oct