ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

第399回ワイン大学定例会 夙川ル・ベナトンさん
原則毎月第2木曜午後7時開催の美食とワインを味わう会です。ワインを売る側ではなく飲む側から提案するので長く続いていると自負してます。

グラス1杯だけではなくお代わり自由でほぼ飲み放題、お料理も厳選してますのでご満足頂ける率合いは高いと思います。

第399回定例会は夙川のル・ベナトン高谷シェフにお願いしました。本場ブルゴーニュで修業を積んだ確かなお料理に敢えてジュラのワインを合わせてみたいと思います。もちろん乾杯はシャンパーニュ、飲み頃ブルゴーニュの赤も交えて会費はお一人様1万8千円です。

日時 9月13日木曜午後7時 場所 阪急夙川南口より山手幹線を大阪方面へ徒歩3分南側フランス料理 ル・ベナトン 参加ご希望の方はコメント欄に書き込みお願いします。メルアドなど書き込みされても公開はされませんのでご安心ください。折り返しご返信いたします。
| ワイン大学 |
| 12:57 PM | comments (0) | trackback (x) |

ワイン大学第398回定例会 The French Blue
ネットから複数の方がお越しになりました。毎月第2木曜の夜7時開催のワイン大学、あっという間に400回目前です。200回は今は無き大阪のフレンチ「ローズルーム」、300回は京都のキメラでしたが400回は記念行事は敢えて行わず、500回は香港で開催予定です。

先ずは画像だけ












▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 01:51 PM | comments (0) | trackback (x) |

Romorantin B




ロモランタンと云えばアペラシヨン=クール・シュヴルニーですね。クール・シュヴルニーと云えば辛口白ワインのはずだったのですが、法令改正で何と甘口が追加で承認されました。

いつも申し上げることですが「ワインは有名になると甘くなる」これ定説です。

法令改正は2018年4月14日の事、追加されたのは甘口2種類の Vins moelleux et Vins doux ちなみに改正前は Vins secs 辛口しかありませんでした。

その背景を探ると次のサイトにたどり着きました。こちらをご覧下さい。

なんとあのロワールの古城シャンボールが敷地内にロモランタンそれもフランスの自根を持つロモランタンを栽培し始めたという訳です。

ですがアペラシヨン・クール・シュヴルニーの範囲はコミューンで申し上げると

•Cellettes,
•Cheverny,
•Chitenay,
•Cormeray,
•Cour-Cheverny,
•Huisseau-sur-Cosson,
•Montlivault,
•Mont-près-Chambord,
•Saint-Claude-de-Diray,
•Tour-en-Sologne,
•Vineuil.

地図はこちら 、シャンボール城があるのは読んで字の如く Chambord ですので隣接するものの範囲外と相成ります。

ですからまずはワインの甘口を認めて、さらに2019年になってからクール・シュヴルニーの範囲を広げようとしている訳です。

フランスのワイン法はコロコロ変わるという実例です。

拙ブログでは2013年5月5日にこちらでロモランタンについて書いてますのでご参考までに。
| ワイン雑感 |
| 06:53 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2018年08月
All Rights Reserved./Skin:oct