ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Petit Verdot N 正式名称 Verdot Petit




私の仕事はロードバイク、トライアスロンバイクなどのスポーツ用自転車の販売とそのメンテナンスであり、今まさにシーズン真っ盛りであります。従ってブログの更新はままならない状態です。

さてフランスで栽培される葡萄、Pから始まる葡萄の続きです。今日取り上げるのはアペラシヨン・ボルドーの葡萄規定に載っているプティ・ヴェルドです。

プティ・ヴェルドはボルドーに於いてカベソー le Cabernet-Sauvignon、メルロー le Merlot noir、カベルネ・フランle Cabernet francそしてコもしくはマルベックle Côt ou Malbecと共に栽培比率の高い黒葡萄です。

ボルドーと地域を限定せず、フランス全土の栽培面積で申し上げると

メルロー le Merlot noir 114,015ha
カベソー le Cabernet-Sauvignon  53,024ha
カベルネ・フラン le Cabernet franc 35,650ha
コ le Côt ou Malbec  6,136ha
プティ・ヴェルド le petit Verdot 967ha

ボルドーで許可されるもう一つの黒葡萄カルムネール le ou la Carmenèreは僅か 41ha しか栽培されていません。

これらの葡萄のうちメルロー・カベソー・カベルネ・フラン・コ・カルムネールは先祖に何らかのつながりを持つ葡萄ですが、当該葡萄はこれらの葡萄とは一線を画する葡萄であります。

ボルドーで栽培される葡萄の根本はカベルネ・フランであります。

カベルネ・ソーヴィニョンはカベルネ・フランを母、白葡萄のソーヴィニョン・ブランを父として生まれた交配種です。

またメルローはマグドレーヌ・ノワール・デ・シャラントを母、カベルネ・フランを父として生まれた交配種。

次にコ、ボルドーでは普通マルベックと呼ばれる黒葡萄はメルロー同様マグドレーヌ・ノワール・デ・シャラントを母、プリュヌラールを父として生まれた葡萄です。

コはフランス語で le Côt 、コットと読むのはどうやらごく一部の人だけで「コ」もしくは「コー」と読むのが正しいはずです。ちなみに発音に詳しい Forvo のサイトはこちらを開いてお聞きください。

他にプティ・ヴェルドを除くとアペラシヨン・ボルドーの葡萄規定にあるのは carmenère N だけであり、その親子関係は

Pedigree confirmed by markers MOURAL × CABERNET FRANC

普通馴染みの無いムラルを母、カベルネ・フランを父として生まれた葡萄であります。

ボルドーの赤ワイン用ブドウはカベルネ・フランとその子孫、もしくはマグドレーヌ・ノワール・デ・シャラントの子孫であるということが言えます。

ところがプティ・ヴェルドはカベルネ・フランそしてマグドレーヌ・ノワール・デ・シャラントとは無関係の葡萄であり、親子関係は未だ解明されてはいませんが TRESSOT NOIR 12640 とVERDOT GROS 12972 との親子関係が認められる葡萄です。

このトゥレソ・ノワール最近までヨンヌ県のアペラシヨン・ブルゴーニュ赤ワインに認められていた葡萄であります。

如何でしょう? 

プティ・ヴェルドだけがボルドー系つまりカベルネ・フラン系とマグドレーヌ・ノワール・デ・シャラント系の葡萄では無いということが判ります。


| ワイン雑感 |
| 05:57 PM | comments (0) | trackback (x) |

9月30日の英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会献立発表
第二一五回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会

       平成二十九年九月三十日土曜日午後七時

先付 なめこ大根おろし、ポン酢

口取 瓢箪柴漬けと味噌漬け、紫頭巾黒豆、秋刀魚昆布〆、揚げ茄子ポン酢、三度豆

向付 茂魚焼き霜造り、あしらい一式

煮物 茂魚煮付、牛蒡、木の芽

焼物 天然鰻白焼き、山葵醤油

酢物 渡り蟹、三杯酢、刻み胡瓜

揚物 天麩羅・鱧、無花果、桃、雪塩

蓋物 浅蜊酒蒸し、浅葱

すし とろ、鯵、海胆、小肌、穴子

果物 メロン

参加頂ける方はメッセージ宜しくお願い申し上げます。
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 06:43 PM | comments (0) | trackback (x) |

ワイン大学第387回美濃吉天満橋店
ワイン大学メンバーのお一人のご紹介で開催をお願いしたところ快く引き受けて頂きました。会場は円形のカウンター席でそれぞれの皆様と会話しやすい素敵なお部屋です。


まずは「秋の彩り盛り」、いずれも丁寧に造られ美味しい。


お店から食前酒のサービス。


松茸の土瓶蒸し。


さわらと天然鯛、剣先烏賊と生湯葉のお刺身。


焼き物は豪華、蒸し鮑の肝焼きと鴨ロースの香草焼き、クレソン添え。鴨には柚子胡椒の効いたソースが添えられます。

▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 05:38 PM | comments (0) | trackback (x) |

900万アクセス突破
ブログをご覧の皆様

「ワインとピアノ」900万アクセスを突破しました、閲覧いただきまことに有難うございます。

ワインのこと、葡萄のこと、食材に関すること、気に入ったお店のこと、たまにはピアノについてなどこれからも書き続けて参りたいと思います。
| ワイン日記 |
| 08:53 AM | comments (0) | trackback (x) |

第388回クードポール・ワインを楽しむ会
「継続は力なり」と申しますが、32年以上続く天満橋クードポールさんのワイン会は毎月最初の木曜日で開催時間は午後8時というパリのレストラン並みの時間帯に始まります。


まずはアミューズ・ブーシュ「鱧に松茸」です。これにはヴーヴレのムスーを合わせます。ヴーヴレはロワール右岸のアペラシヨンでスティル・ワインのほかペティヤンとヴァン・ムスーがありますがいずれも色は白だけ、葡萄はシュナン・ブランのほか5%以下との規定で法律上はオルボワ、正式名称アルボワ・ブランが認められています。シュナン・ブランは七変化するといわれるほど熟成により味わいが変化する面白い葡萄であります。今回使ったヴーヴレはノンドゼ、デゴルジュマンのとき一切の糖分添加をしないワインですが糖分添加することをドザージュと云うのです。

ドサージュではありません。フランス語で DOSAGE 母音に挟まれた「S」は濁るの原則に基きドサージュではなくドザージュと発音するわけです。


聞くところによると日本ソムリエ協会発刊の書物に載っているとか。ご存知の方はお知らせくださいませ。


次は「秋刀魚のマリネ、ガスパッチョのグラニテとムール貝」、このお料理にはパコジェットが欲しいところでは・・・


フォワグラのポワレ。やっと昔のフォワグラに戻ったみたいに美味しい。



▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 06:24 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2017年09月
All Rights Reserved./Skin:oct