ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Oberlin noir N




4年前拙ブログで取り上げたときフランス政府が公表するフランスで栽培されるお墨付き葡萄目録には「Oberlin N (*)」と記載してあったのですが表題の通り「Oberlin noir N」と書き改めてあります。名称の末尾に付け加えられている「N」は何度も申し上げる通りフランス政府が独自で付け足す果皮色を示す略号であります。

正式名称はOBERLIN NOIR オーベルラン・ノワールという黒葡萄。拙ブログではこちらで紹介しましたが、レ・セパージュのサイトによると、1897年にオー・ラン県コルマールのオーベルマン葡萄栽培研究所に於いてフィリップ・クリスチャン・オーベルマン氏により le riparia Millardet ル・リパリア・ミヤルデとガメイ・ノワールとの種間交雑により生まれた葡萄とのことであります。

VIVC2 のパスポートデータはこちら、ペディグリーは次のようになっています。

Pedigree as given by breeder/bibliography  RIPARIA MILLARDET × GAMAY NOIR
Pedigree confirmed by markers  空欄
Prime name of parent 1  RIPARIA MILLARDET
Prime name of parent 2  GAMAY NOIR

上記と同じですが遺伝子の解明による結論ではないので今後どうなるかは不明であります。

当時はまだフィロキセラが蔓延しておりヨーロッパ原産の葡萄は植え替えても悉く枯れてしまうため種間交雑の葡萄に植え替えざるを得なかったわけです。必要に迫られて数多くの種間交雑によるワイン用葡萄が開発されましたが当該葡萄もその一つであります。

画像を拝借しているサイトによると1958年にはフランス全土で4500ヘクタールも栽培されていたのに2000年以降は60ヘクタールそこそことのこと。恐らくアルザス・ロレーヌ地方で広く栽培されたものの種間交雑による葡萄は殆どアペラシヨンを有するワインには使えなくなったのが原因で他の葡萄に植え替えられたと思われます。
▼続きを読む
| ワイン雑感 |
| 06:24 PM | comments (0) | trackback (x) |

Osteria BUCO オステリアブッコ@神戸三宮
ワイン大学メンバーさんご夫妻のご予約に一人追加してもらいお邪魔しました。まず結論から申し上げると味・ボリュームそしてお値段、さらにはサービスの男性とシェフの人柄まで大変気に入りました。大いに飲み大いに食べ会話が弾みます。あっという間の3時間でした。

まずお店に入る前に、表通り「Sone」の向かいにあるイタリアンバールでスプマンテを頂きましたが、これがガルガーネガ(恐らく100%)の辛口泡でとても美味なり。お代わりしてお支払いは1500円ちょっととはお安い。

オステリア・ブッコに着席して頂いたイタリアの泡は若干甘い目かな?


アミューズはリコッタチーズのパンナコッタ。スターターとしてはまずまずでしょうか。


前菜を手当たり次第に注文、まずは肉詰めオリーヴのフリット。アツアツでフーフーしながら頂きます。3人で食べても結構数あります。


生マッシュルームとパルミジャーノのサラダ。クレソンの葉にたっぷりのレモン汁とオリーヴオイル、非常に美味なり。


ビンチョウマグロの燻製とトマトのサラダ。しっかりとした薫香に甘いトマトが良く合います。


熟成した味わいの赤ワイン、料理にもピッタリ。


オマール海老とセルバチコのサラダにトリュフ。唯一このお皿だけがボリューム普通で、他は想像以上にボリュームありました。

▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 05:13 PM | comments (0) | trackback (x) |

Noir Fleurien N




正式名称はFLEURIEN NOIR 、VIVC2 のパスポートデータはこちらで、今のところ母親はフランスで忌み嫌われた白葡萄グエもしくはグエ・ブラン正式名称 HEUNISCH WEISS ホイニッシュ・ヴァイスであることは判っているものの父親は未解明であります。

シノニムは次の4つ

BORDELAIS
GROS ROUGE
MIRE FLEURIEN
NOIR FLEURIEN

現在フランスだけで、それも僅か 0.2ヘクタールしか栽培されていない希少葡萄です。

拙ブログではこちらで取り上げましたが、名前の由来は当該葡萄発見の場所とされるコミューン、Mirefleurs ミルフルールと思われます。

さてフランス全土で僅か0.2ヘクタールという栽培面積の葡萄、フランスのワイン法によると次の IGP で使えるとのことであります。こちらをご覧下さい。

もちろん葡萄規定にその名があるというだけであります。
| ワイン雑感 |
| 02:42 PM | comments (0) | trackback (x) |

第 384 回クードポールワインを楽しむ会
毎月第1木曜日の夜8時開催というフランス料理とワインを楽しむ会です。5月だけはゴールデンウィークのため第3木曜日と変更になりました。

今回でちょうど32周年を迎えましたが、田中シェフと小生どちらも大きな病気や怪我もなく無事過ごせてきたのは実に有難いことであります。


まずはアミューズグール、フルーツトマトとモッツァレッラチーズと小アマゴのコンフィ。


前菜その1はオマール海老とグリーンアスパラガスのサラダ、キャヴィア添え。


前菜その2は和牛頬肉の赤ワイン煮込みの冷製にコンソメジュレ。

▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 10:31 AM | comments (0) | trackback (x) |

第 211 回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
5月13日土曜日開催の道頓堀英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会、アップする間がなく遅くなってしまいました。

世の中最近の傾向は「なんでも熟成」でしょうか、お肉の熟成はもとより魚まで熟成云々というお話を耳にします。ですが、私は魚介類に求めたいのは「鮮度と質」であります。特に我々関西人が好むのは白身であり、刺身は活かった魚でないと困るのです。食感が良い、歯応えがある白身が食べたいのです。

幼い頃から淡路島直送の魚を食べ慣れてきた私が驚いたのがここ英ちゃん冨久鮓であります。昔のお話ですが、鶴橋市場で仕入れていたとある割烹に毎晩のように通っておりました。そこそこは満足していたものの1980年代に連れてきて貰ったのが実に衝撃的でした。魚の質が悉く違うのです。「上には上がある」を実感したのを今でも鮮明に覚えております。


先付は蛍烏賊沖漬け。新鮮な蛍烏賊を漬け込むのでシャンパーニュと合うのです。


口取は右から時計回りでひげ付きヤングコーン唐揚げ、おくら、とびあら、鮑柔らか煮、板若布です。ありがちなヤングコーンの匂いは皆無です。大葉の陰に隠れた大根のケンも極細。


御向こうは鮎魚女。造りと焼き霜造り、皮の湯引きに胃袋そして肝も添えられるのが浪花料理正式なお刺身。


眼張の煮付けはもちろん1尾付け。活かった眼張なので皮が剥がれ体裁は悪いかもしれませんが味わいは極上なのです。


焼き物は伊佐木、これまたよく活かった魚で超美味なり。添えられる白子はポン酢で、これまた偉大なり。

▼続きを読む
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 05:06 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2017年05月
All Rights Reserved./Skin:oct