ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

サンジョヴェーゼは交配種だった?
イタリア、特にトスカーナを代表する葡萄と云えばサンジョヴェーゼのはずですが、最近の遺伝子解析の結果在来種・固定種ではなく交配によって生まれた葡萄であるとする説が有力となりました。

昨年12月16日に拙ブログにて書きかけたままになっており、続きを書かせて頂きます。

先ずは第1の説、サンジョヴェーゼの母はフラッパート・ディ・ヴィットーリアであるとする説を検証して参ります。

フラッパート・ディ・ヴィットーリア、この葡萄のパスポートデータはこちら、イタリア原産のヴィティス・ヴィニフェラに属する果皮色黒の葡萄で、イタリア政府も公式にこの葡萄を自国の葡萄品種目録に登録しています。結構栽培されていてイタリアに 2000年現在 785ha 栽培実績のデータがあります。

このフラッパート・ディ・ヴィットーリアを使うワインはシチリア唯一の DOCG ワインであるチェラスオーロ・ディ・ヴィットーリアであります。D.O.C.G. Cerasuolo di Vittoria の葡萄規定の条文は下記をご覧下さい。

Piattaforma ampelografica

I vini a denominazione di origine controllata e garantita «Cerasuolo di Vittoria» e «Cerasuolo di Vittoria Classico» devono essere ottenuti da vigneti che in coltura mono o plurivarietale nell'ambito aziendale hanno la seguente proporzione ampelografica: dal 50% al 70% di Nero d'Avola e dal 30% al 50% di Frappato.

DOCG チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリアに使う葡萄はネロ・ダーヴォラ 50 ~ 70 % 、フラッパート(ディ・ヴィットーリア)30 ~ 50 % となっています。

ちなみにネロ・ダーヴォラはシノニムで本来の正式名称は CARABLESE カラブレーゼであります。

次に2番目の説に参ります。即ちサンジョヴェーゼの母葡萄に相当するものとして「ガリオッポ」とする説を検証しようと思いますが、ガリオッポのパスポートデータを見るとこちら、現在のところ、VIVC でこのガリオッポはサンジョヴェーゼを母MANTONICO DI BIANCO マントニコ・ディ・ビアンコを父として生まれた葡萄となってます。マントニコ・ディ・ビアンコはその名の通り果皮色緑色、即ち白ワイン用の葡萄であります。

おやおや、これは明らかに矛盾しますね。サンジョヴェーゼの親としては不適任のはずです。

この葡萄ガリオッポは南部イタリアで 3703ha も栽培されているイタリア政府公認葡萄であります。

日本語のサイトで分かり易いのはこちら

ガリオッポの父とされる葡萄マントニコ・ディ・ビアンコもギリシャ原産ではなくイタリア原産であります。

さて第1説、第2説に共通するサンジョヴェーゼの父親とされるフォーリア・トンダはこちら、これまたイタリア原産の果皮色黒の葡萄ですがこちらはめっきり栽培面積が小さく 1990年のデータで僅か 38ha しかありません。

このフォーリア・トンダ、ネットで検索するとキアンティ・クラッシコにブレンドされていることが出てきます。またトスカーナ州南部のDOC ORCIA (オルチャ)にその使用が認められています。DOC オルチャの葡萄品種についての条文をコピーさせて頂くと

«Orcia» Sangiovese e «Orcia» Sangiovese riserva:
Sangiovese: minimo 90%; possono concorrere alla produzione di detto vino, da sole o congiuntamente, fino ad un massimo del 10%, le uve provenienti dalle varietà Canaiolo nero, Colorino, Ciliegiolo, Foglia tonda, Pugnitello e Malvasia nera;

要するに殆どサンジョヴェーゼですがその他諸々の10%以下で一応認可されている葡萄の中に名前を見付けられるだけと云うことです。

結論を申し上げると(今の段階では)サンジョヴェーゼの母に相当する葡萄はフラッパート・ディ・ヴィットーリア、父親はフォーリア・トンダであるとする第1の説が有力であると考えます。


VIVC がどのような結論を出すのか今後が見逃せません。サンジョヴェーゼの先祖について分かり始めた訳ですが、以前から申し上げているサンジョヴェーゼ・グロッソというシノニムを持つ黒葡萄の一つである Brunello di Montalcino 正式名称ブルネッロ・ディ・モンタルチーノについては依然そのルーツが未解明のままであります。

まあ正式名称サンジョヴェーゼとは異なる葡萄であることは間違いありませんが・・・。

| ワイン雑感 |
| 01:48 PM | comments (0) | trackback (x) |

2月になると・・・

ワインや食事のお話ではございません、ましてやピアノの話ではございません。ガソリンについてでございます。

長く続いた高値のガソリン、一時はリッター当たり170円ほどしたはずですが、昨日2月1日にガソリンスタンドに出向くと何と消費税込み130円、実に25%近い下落率であります。

ガソリンの価格は下がりましたがついでに気温も下がりましたね、今朝の箕面は摂氏2℃、会社にたどり着けばエアコンの温度計は屋内というのに7℃しか示しません。これでは風邪を引いてしまいそうです。

来週は木曜日にワイン大学黒トリュフの会、その翌々日土曜日に英ちゃん冨久鮓で味わう究極の河豚会と続きますので体調を整えなければなりません。休止していたダイエット、明日から再開したいと思います。
| ワイン日記 |
| 05:24 PM | comments (0) | trackback (x) |

ワイン大学第358回メニュー発表
本日ただ今、12日開催のレストラン・コーイン湯浅シェフよりメニューを賜りました。早速プラチナ・メニューの発表でございます。

プティ・アミューズ:

グジェールと自家製おじろ鹿ハムバーガー、黒トリュフの香り

虎河豚と黒トリュフのカクテル

黒トリュフのタルトレット

赤ピーマンのバヴァロワとコンソメジュレ

黒トリュフのタルティーヌ


アミューズ・ブーシュ:

土佐ジローの卵黄と黒トリュフ、セルリ・ラーヴのクレム


前菜:

黒トリュフのパイ包み焼き、ソース・ペリグール


スープ:

コンソメ・オマール、黒トリュフのアンフィッセ


魚料理:

ブーダン・ラ・メール・黒トリュフ


肉料理:

高知産鹿のロワイヤル


フロマージュ:

自家製フロマージュに黒トリュフ


デセール:

黒トリュフのブリュレとグラス


食後の飲み物とプティ・フール

以上でございます。今回はシェフのご希望で人数制限させて頂きました。前回よりゆったりとした座席配分になっております。ご予約頂きました皆様、12日木曜夜7時開宴でございます。何卒よろしくお願い申し上げます。



| ワイン大学 |
| 04:11 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2015年02月
All Rights Reserved./Skin:oct