ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Monerac
Monerac N

モネラックと読むはずの黒品種ですが、1960年フランス農学研究所 INRA により開発(人為的交配)されたもの。グルナッシュ・ノワール正式名称ガルナッチャ・ティンタを母、アラモン・ノワールを父として生まれた訳ですが使い道が少ないのか 2011年現在僅か 3ha しか栽培されていません。

で、GARNACHA TINTA × ARAMON NOIR という組み合わせは以前ありましたね。拙ブログのこちらに書きましたが GRAMON グラモンがその葡萄であります。

生まれたのは1960年ですから全く同じ年でありますのでモネラックとグラモンは同い年の兄弟という間柄となります。

画像は元祖フランス葡萄品種のサイトからこちら、新フランス葡萄品種のサイトからこちら、VIVC のパスポートデータはこちらですけど残念ながら画像は載っていません。

ちなみに兄弟のグラモンの画像ですが VIVC からこちらこちらではかなり大きさが異なります。農産物ですから大きく実るものもあればそうでないものもあると云うことでしょうか? 

さてこの葡萄はモンペリエのフランス農学研究所で生まれた訳ですが、現在栽培されている地域を特定する資料は見付かりません。ですが南フランス中心にロゼワインの原料葡萄としてさまざまな IGP 葡萄品種規定にその名を見付けることが出来ます。例えば Vin Coteaux de Narbonne rosé - IGP、Vin Alpes-Maritimes rosé - IGP、Vin Vaucluse rosé - IGP、Vin Aude rosé - IGP、Vin Maures rosé - IGP、Vins rosés : VdP d'Orange、Vin Hautes-Alpes rosé - IGP、Vin Vallée du Paradis rosé - IGPなどなど。

グルナッシュ・ノワールとアラモン・ノワールの人為的交配による黒葡萄は2つ。一つはグラモン、もう一つはこのモネラック。ですが両方ともフランスで現在栽培されているのは僅か 3ha 程度という仲の良い兄弟であります。
| ワイン雑感 |
| 07:06 PM | comments (0) | trackback (x) |

Mondeuse Noire
Mondeuse N 本来は Mondeuse Noire

モンドゥーズ・ブランシュと違いモンドゥーズ・ノワールのはずが「Mondeuse」だけの表記となっている黒品種、もちろん本来の名称は MONDEUSE NOIRE 。フランス農水省の葡萄品種目録作成担当者は恐らく葡萄のことには無関心なはず。というのは他に MONDEUSE GRISE というフランス原産の葡萄品種も存在するから、ちゃんと区別する必要があると思うのです。

色を表す形容詞も男性名詞の場合と女性名詞を形容する場合で変化しますし(例えば Chardonnay blanc は男性名詞シャルドネの、白色を表すのは blanc ですが Mondeuse は女性名詞ですので白色を表すには blanche となります)略号で済ますというのはあまりにもお粗末であります。

さて画像を見て頂きましょう。VIVC のサイトからこちらをご覧下さい。全長 20cm 程の葡萄房、大きさで云うと中程度でしょうか。新フランス葡萄品種のサイトはこちら、元祖フランス葡萄品種のサイトはこちら、ル・フィガロのワインサイトはこちら

モンドゥーズ・ノワールの方がモンドゥーズ・ブランシュよりも栽培面積が大きいので認知度も高いはずです。VIVC のデータと新フランス葡萄品種のサイトの栽培面積推移グラフは同じ数値を示していて 2011年現在 292ha と結構栽培されています。

この品種もモンドゥーズ・ブランシュ同様サヴォワ地区の2つのアペラシヨンだけに適用されます。詳しくは直近の拙ブログもしくは De vignes en vins... のサイトからこちらをご覧下さいませ。

ところで先日ご紹介申し上げたアレクセイ・ヴォロディン、ラフマニノフの2番第3楽章の後半を是非お聞き頂きたいと思います。 フィナーレの主題を導くピアノの雄大なコーダに続く演奏は圧巻であります。音の芯がしっかりしており早いだけの薄っぺらい演奏ではありません。ロシアのリヒテル、ギレリス、ベルマンに続く新たな巨匠の誕生と申し上げたい。


| ワイン雑感 |
| 03:57 PM | comments (0) | trackback (x) |

Mondeuse blanche 続き
モンドゥーズ・ブランシュが使えるサヴォワ地方のアペラシヨン、その2はアペラシヨン・ヴァン・ド・サヴォワです。

AOC Vins de Savoie
Vins tranquilles rouges et roses
gamay N, mondeuse N, pinot N, et :
- pour le departement de la Savoie : cabernet franc N, cabernet sauvignon N, persan N ;
- pour le departement de l’Isere : persan N, etraire de la Dui N, servanin N, joubertin N.

(地域名称を伴わない)アペラシヨン・ヴァン・ド・サヴォワの赤とロゼワインはガメイ・ノワールとピノ・ノワール。
但し、サヴォワ県内に限りカベルネ・フランとカベソー、ペルサン。同じくイゼール県に限りペルサン、エトレール・ドゥ・ラ・デュイ、セルヴァナンとジュベルタン。

Vins tranquilles blancs
aligote B, altesse B, chardonnay B, jacquere B, mondeuse B, velteliner rouge precoce Rs, et :
- pour le departement de la Haute-Savoie : chasselas B, gringet B, roussette d’Ayze B ;
- pour le departement de l’Isere : marsanne B, verdesse B.

地域名称(一般的にはクリュ)を伴わないアペラシヨン・サヴォワの白スティルワインはアリゴテ、アルテス、シャルドネ・ブラン、ジャケール、モンドゥーズ・ブランシュ、ヴェルトリナー・ルージュ・プレコス。そしてオート・サヴォワ県内のみシャスラ、グランジェ、ルセット・ダイズ。イゼール県内のみマルサンヌとヴェルデスが認められます。

Vins mousseux ou petillants blancs ou roses
aligote B, altesse B, chardonnay B, gamay N, jacquere B, mondeuse B, mondeuse N, pinot N, velteliner rouge precoce Rs, et :
- pour le departement de la Haute-Savoie : chasselas B, gringet B, molette B, roussette d’Ayze B ;
- pour le departement de l’Isere : marsanne B, verdesse B.

地域名称を伴わないアペラシヨン・サヴォワの白もしくはロゼのヴァン・ムスーとペティヤンはアリゴテ、アルテス、シャルドネ・ブラン、ガメイ・ノワール、ジャケール、モンドゥーズ・ブランシュ、モンドゥーズ・ノワール、ピノ・ノワール、ヴェルトリナー・ルージュ・プレコス。そしてオート・サヴォワ県内のみシャスラ・ブラン、グランジェ、モレット、ルセット・ダイズ。イゼール県内のみマルサンヌとヴェルデスが認められます。

Denomination geographique complementaire
≪ Abymes ≫ ou ≪ Les Abymes ≫
- cepage principal : jacquere B ;
- cepages accessoires : aligote B, altesse B, chardonnay B, mondeuse B, velteliner rouge precoce Rs,

地域名アビムもしくはレ・ザビムを伴うアペラシヨン・サヴォワの白スティルワインの主要品種はジャケール、補助品種はアリゴテ、アルテス、シャルドネ・ブラン、モンドゥーズ・ブランシュ、ヴェルトリナー・ルージュ・プレコス。

et, dans le departement de l’Isere,
marsanne B, verdesse B.

そしてアビムもしくはレ・ザビムを伴う白ワインでイゼール県内に限りマルサンヌとヴェルデスの使用が認められています。

Denominations geographiques complementaires ≪ Apremont ≫, ≪ Cruet ≫, ≪ Montmelian ≫, ≪ Saint-Jeoire-Prieure ≫
- cepage principal : jacquere B ;
- cepages accessoires : aligote B, altesse B, chardonnay B, mondeuse B, velteliner rouge precoce Rs.

地域名称アプルモン、クリュエ、モンメリアン、サン・ジュオワール・プリュールを伴うアペラシヨン・サヴォワの白スティルワインの主要品種はジャケール。補助品種としてアリゴテ、アルテス、シャルドネ・ブラン、モンドゥーズ・ブランシュ、ヴェルトリナー・ルージュ・プレコス。

Denominations geographiques complementaires ≪ Arbin ≫, ≪ Saint-Jean-dela- Porte ≫
mondeuse N exclusivement

地域名称アルバン、サン・ジャン・デラ・ポルトを伴う赤ワインはモンドゥーズ・ノワールだけ。

Denomination geographique complementaire
≪ Ayze ≫ (vins blancs tranquilles et vins blancs mousseux et petillants)
- cepage principal : gringet B ;
- cepages accessoires : altesse B, roussette d'Ayze B

地域名称アイズを伴う白のスティルワイン、白のヴァン・ムスー、ペティヤンの主要品種はグランジェ。補助品種はアルテスとルセット・ダイズ。

Denominations geographiques complementaires ≪ Chautagne ≫, ≪ Chignin ≫, ≪ Jongieux ≫
Vins blancs tranquilles
- cepage principal : jacquere B ;
- cepages accessoires : aligote B, altesse B, chardonnay B, mondeuse B, velteliner rouge precoce Rs.

地域名称ショターニュ、シニャン、ジュンジューを伴う白のスティルワインの主要品種はジャケール。補助品種はアリゴテ、アルテス、シャルドネ・ブラン、モンドゥーズ・ブランシュ、ヴェルトリナー・ルージュ・プレコス。

つまり地域名称を伴わないサヴォワもしくはヴァン・ド・サヴォワの白ワインとロゼ・白の泡にブレンドされるのが精一杯、あとは補助品種の扱いなので必要とはされていません。法律上品種名だけの記載であるに過ぎない存在となってしまったようです。

| ワイン雑感 |
| 12:06 PM | comments (0) | trackback (x) |

Mondeuse blanche
Mondeuse blanche B

モンドゥーズ・ブランシュ、Forvo の発音はこちらこちら、お聞きの通りですから、カタカナ読みそのままで通じるはずです。この品種はあまり知られていませんが、モンドゥーズ・ブランシュを母、DUREZA デュレーザを父として生まれた SYRAH シラーはご存知の方が多いはず。

シラーとモンドゥーズ・ノワールを親戚関係とするサイトを見掛けますが間違いであります。

モンドゥーズ・ノワールとモンドゥーズ・ブランシュとは名前こそ似ていますが系統の異なる葡萄であることが分かっています。モンドゥーズ・ブランシュはモンドゥーズ・ノワールの白化突然変異種ではありません。シラーについては拙ブログのこちらで一度書きました。

さて画像をご覧下さい。元祖フランス葡萄品種のサイトはこちら新フランス葡萄品種のサイトこちら、ル・フィガロのワインサイトはこちらをご覧下さい。VIVC のサイトはこちらですが残念ながらこの品種の画像はありません。

一番新しいデータは「新」のサイトですが、フランスに於ける栽培面積は 2011年現在僅か 7ha 、栽培しているのはサヴォワもしくはビュジェですので調べてみましょう。

先ずは AOC Bugey の葡萄品種規定は次の通りです。

AOC « Bugey »
Vins blancs
- cépage principal : chardonnay B ;
- cépages accessoires : aligoté B, altesse B, jacquère B, mondeuse B, pinot gris G.
何も伴わないアペラシヨン・ビュジェの白スティルワインの主要品種はシャルドネ・ブラン、補助品種としてアリゴテ、アルテス、ジャケール、モンドゥーズ・ブランシュ、ピノ・グリ。

Vins rouges
gamay N, mondeuse N, pinot noir N.
同じく何も伴わないアペラシヨン・ビュジェの赤ワインはガメイ・ノワール、モンドゥーズ・ノワール、ピノ・ノワールのどれか1種類。

Vins rosés
- cépages principaux : gamay N, pinot noir N ;
- cépages accessoires : mondeuse N, pinot gris G, poulsard N.
同じく何も伴わないアペラシヨン・ビュジェのロゼの主要品種はガメイ・ノワール、ピノ・ノワールで、補助品種としてモンドゥーズ・ノワール、ピノ・グリ、プルサール。

Vins mousseux ou pétillants blancs
- cépages principaux : chardonnay B, jacquère B, molette B ;
- cépages accessoires : aligoté B, altesse B, gamay N, mondeuse B, pinot gris G, pinot noir N, mondeuse N, poulsard N.
何も伴わないアペラシヨン・ビュジェの白のヴァン・ムスーもしくはペティヤンの主要品種はシャルドネ・ブラン、ジャケール、モレット。補助品種としてアリゴテ、アルテス、ガメイ・ノワール、モンドゥーズ・ブランシュ、ピノ・グリ、ピノ・ノワール、モンドゥーズ・ノワール、プルサール。

Vins mousseux ou pétillants rosés
- cépages principaux : gamay N, pinot noir N ;
- cépages accessoires : mondeuse N, pinot gris G, poulsard N.
何も伴わないアペラシヨン・ビュジェ、ロゼのヴァン・ムスーもしくはペティヤンの主要品種はガメイ・ノワール、ピノ・ノワール。補助品種はモンドゥーズ・ノワール、ピノ・グリ、プルサール。

Dénomination géographique complémentaire « Manicle »

Vins blancs
chardonnay B
地域名称マニクルを伴う白ワインはシャルドネ・ブランだけ。

Vins rouges
pinot noir N
地域名称マニクルを伴う赤ワインはピノ・ノワールだけ。

Dénomination géographique complémentaire « Montagnieu »
Vins rouges
mondeuse N
地域名称モンタニューを伴う赤ワインはモンドゥーズ・ノワールだけ。

Vins mousseux ou pétillants blancs
- cépages principaux : altesse B, chardonnay B, mondeuse N ;
- cépages accessoires : gamay N, jacquère B, molette B, pinot noir N.
地域名称モンタニューを伴う白のヴァン・ムスーもしくはペティヤンの主要品種はアルテス、シャルドネ・ブラン、モンドゥーズ・ノワール。補助品種としてガメイ・ノワール、ジャケール、モレット、ピノ・ノワール。

Dénomination géographique complémentaire « Cerdon »

Vins mousseux rosés de type aromatique
gamay N, poulsard N.
地域名称セルドンを伴うロゼのヴァンムスーはガメイ・ノワールとプルサール。

DISPOSITIONS GENERALES

AOC « Bugey »
Vins blancs
La proportion du cépage principal est supérieure ou égale à 70 % de l’encépagement.

Vins rosés
La proportion des cépages principaux, ensemble ou séparément, est supérieure ou égale à 70 % de l’encépagement.

Vins mousseux ou pétillants blancs
La proportion des cépages principaux, ensemble ou séparément, est supérieure ou égale à 70 % de l’encépagement.

Vins mousseux ou pétillants rosés
La proportion des cépages principaux, ensemble ou séparément, est supérieure ou égale à 70 % de l’encépagement.

Dénomination géographique complémentaire « Montagnieu »
Vins mousseux ou pétillants blancs
La proportion des cépages principaux, ensemble ou séparément, est supérieure ou égale à 70 % de l’encépagement.

それぞれの主要品種の割合は70パーセントかそれ以上。

DISPOSITION PARTICULIERE
Ces obligations ne s’appliquent pas aux opérateurs producteurs de raisins ne vinifiant pas leur production, exploitant moins de 1,5 hectare en appellation d’origine contrôlée.
例外措置として 1.5ha 以下の葡萄畑を持ち、ワインを醸造している場合はこの限りではない。即ち1.5ヘクタール以下のドメーヌは上記の割合を遵守しなくてもよいと云うこと。

と云うことで結論はアペラシヨン・ビュジェの地域名称を伴わない白ワインと同じく白のヴァン・ムスーとペティヤンに限り使用は認められるがあくまで補助品種。即ち必要性は無い品種とのことです。ですから栽培面積が減少しても仕方ないことであります。

それにしてもこの葡萄品種規定、モンドゥーズ・ノワールもモンドゥーズ・ブランシュもその名前は省略してあるのか、表記は上記の通り「mondeuse N」とか「mondeuse B」という具合であり、フランス農水省が定めるフランス政府公式葡萄品種名称とは食い違いがあります。まあよその国の取り決めでありますから別にどうでも良いことかも知れませんが、正式名称の MONDEUSE NOIRE 、MONDEUSE BLANCHE を使う方が分かりやすく間違うことが少ないはずであります。

| ワイン雑感 |
| 01:59 PM | comments (0) | trackback (x) |

Monbadon
Monbadon B

モンバドンという白品種、フランス語の発音は Forvo のサイトからこちらを開いてお聞き下さい。第2音節にアクセントがあり「モンドン」と日本人にも云いやすい名前です。このモンバドンという名前ですがボルドーのシャトーにもあります。こちらのほか「何某+モンバドン」というシャトーもあるみたいですので結構名前だけは知られているようです。というのはこの名前元々実在したコミューンの名前だったのですが1989年にコミューンの統廃合によりその名が消えてしまったようです。

Monbadon と云う名前の元コミューン、現在のカスティヨン・コート・ド・ボルドーの中心部であります。こちらがその場所であります。従って先程のシャトーは地名からその名が付いたはず。

ところで葡萄品種モンバドンの原産地はシャラント地方、即ちコニャックの生産地。実は一昔前、このモンバドンがコニャックの主要品種だったことを示すサイトがあります。

2つのサイトをウェブ魚拓に取りました。こちらこちらをご覧下さい。フィロキセラの来襲前はこのモンバドンが主役だった可能性があります。

さてモンバドン、新フランス葡萄品種のサイトからこちらをご覧頂くと画像もありますが、オリジンの説明で

d’après les analyses publiées, d’un croisement entre l’Ugni blanc B et la Folle blanche B.

とあります。遺伝子の解析によりユニ・ブラン(正式名称トレッビアーノ・トスカノ)とフォル・ブランシュの交配で出来た品種という解釈ですが

元祖フランス葡萄品種のサイトでも同じように

Ce cépage proviendrait d'un croisement naturel entre la folle blanche et l'ugni blanc,

どちらが母でどちらが父かの説明は両者ともありませんが同じくフォル・ブランシュ×ユニ・ブランの自然交配で生まれたであろう・・・

とあります。

ですが、VIVC のデータにそのような記載はありません。こちらをご覧下さい。オリジナル・ペディグリーは空白のまま、即ち何某かの葡萄の子孫かどうかは不明としています。

ちなみに VIVC によるとフォル・ブランシュ×ユニ・ブランの交配で生まれた葡萄は2種存在します。

UGNI BLANC 母× FOLLE BLANCHE 父= FOLIGNAN

FOLLE BLANCHE 母 × UGNI BLANC 父 = FOLLET

今のところ葡萄品種モンバドンがフォル・ブランシュとユニ・ブラン(正式名称トレッビアーノ・トスカノ)の交配種であるという根拠は残念ながら存在しません。

また栽培面積データですが新フランス葡萄品種のサイトによるとフランスでの栽培面積

1958 年 1,786ha 、1968年 1,254ha 、1979 年129ha 、2011年では僅か1 ha となっていますが、VIVCはこちらのようにフランスのデータは全くありません。その代わりにという訳ではないでしょうが、アメリカはカリフォルニアで栽培(1992年 940ha)されているデータを公表しています。

2つのデータが全く異なる訳ですから両者の示す葡萄はそれぞれ別の品種のことなのかも知れません。

この品種がフランスで現存しているとしたらそれはこちらの可能性が高いはず。実際にワインに使われているかどうかまでは分かりませんけどね。この品種は研究が進んでいるはずですので近い将来そのルーツが明らかになると思います。


| ワイン雑感 |
| 12:14 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2013年02月
All Rights Reserved./Skin:oct