ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Clairette Blanche
Clairette B

クレレット、CMでやってる「クロレッツ」に似た発音でこちら、末尾にBが付くので白ワイン用の品種です。クレレット + 何某 という葡萄品種は何と 43 も存在します。原産国はフランスが殆どですがイタリアそしてハンガリーなどもありチュニジアというのもあります。正式名称は CLAIRETTE BLANCHE クレレット・ブランシュ、勿論フランス原産、プロヴァンスがその原産地と思われる品種であります。

先にサイトをご紹介しましょう、元祖フランス葡萄品種のサイトはこちら、l'appellation Clairette d'Adissan、こんなアペラシヨンが昔存在したとは知りませんでした。まあ 1948年 9月 28日廃止なので随分昔のことですが。この葡萄も他の品種とよく間違われてきた歴史がある様子です。

次に新フランス葡萄品種のサイトはこちらです。中程のグラフを見ると 1958年では14,099ha とそれ以前はもっと広かったはずです。ですが年々減り続け 2011年では 2,284ha と昔の 2割にも満たない数値となっています。ワイン用として以外に食用、ブランデー用としても使われるとのこと。

フランス農学研究所のサイトはこちら、プロヴァンスが原産地としてあるようですが、フランス各地での呼び方について詳しいですね。特に面白いのが Blanquette de Limoux、本来この名前のワインに使われた品種はモーザックのはず。で、モーザック(正式名称は MAUZAC BLANC)を調べてみるとやはりそのシノニムに BLANQUETTE DE LIMOUX がありました。クレレットとモーザックは混同されていたこと間違いないはず。
さてフランス農学研究所のサイトの詳細情報ではこの品種の原産地をラングドック・ルーシヨンとしています。 メインではプロヴァンスなのに、どういうことなのでしょうか、摩訶不思議であります。

VIVC のサイトはこちら、シノニムは45例報告されています。

このクレレット 100% で造られるワインのアペラシヨンは4つあるはず。

1. AOC Clairette de Bellegarde 辛口白ワイン

2. AOC Clairette de Die ですがこのアペラシヨンの泡は次のような規定がありクレレットのモノ・セパージュだけではありません。

a) - Les vins susceptibles de bénéficier de la mention « méthode ancestrale » sont issus des cépages suivants :
- cépage principal : muscat à petits grains B ;
- cépage accessoire : clairette B.
b) - Les vins élaborés par seconde fermentation en bouteille sont issus du seul cépage clairette =100% Clairette .

即ち a) メトード・アンセストラル表示のものはミュスカ・ア・プティ・グラン・ブランが主要品種でクレレットは脇役

b) 第1次醗酵は別の醗酵槽で行い、瓶内第2次醗酵するもの即ち méthode traditionnelle メトード・トラディショネルはクレレット100% であると云うこと。

3. AOC Coteaux de Die 2005年の統計で実際栽培される畑は僅か 3ha という小さなアペラシヨンで辛口の白ワインのみの生産。昔はアペラシヨン・クレレット・ド・ディーだったのですが確か1993年に分離されてしまい、独立したアペラシヨンとなりました。

4. AOC Clairette de Languedoc 辛口白ワイン rancio そしてVin de liqueur VDL メッチャ甘口

同じアペラシヨンながら辛口もあれば極甘口もあるので注意が必要です。

| ワイン雑感 |
| 04:08 PM | comments (0) | trackback (x) |

Cinsaut その2
理由は分かりませんが、他の葡萄が取って代わったと考えるのが普通のはずです。

ムールヴェドル Mourvèdre(第1音節にアクセント有り) 正式名称 モナストレル MONASTRELL 、またシラー、正式名称も同じSYRAH と栽培面積 の推移を比較するとモナストレル、シラーは右肩上がりであることが分かります。

即ちこれら2品種に植え替えられた可能性が高いと思います。

グルナッシュ Grenache 正式名称ガルナッチャティンタは 2008年(98,644ha)までは伸びたのですが 2011年(87,968ha)では若干減っています。

昔はローヌ、プロヴァンスそしてラングドックの5大品種と云えばカリニャン、サンソー、グルナッシュ、ムールヴェドルそしてシラーでしたが、ラングドックではこれらに替わってカベソーやメルロー・ノワールの栽培面積が増えたはず。ローヌではシラーが人気となりました。プロヴァンスでは最近カベソーが増えてきました。

シラーはモノ・セパージュとしてワインを造ることが可能ですが、サンソーはブレンド用としてその脇役みたいな存在だけに人気の品種に植え替えられたと思うのです。勿論サンソーだけで造られるワインはあることはあるのですがアペラシヨンのカテゴリーには存在しません。

そんなこんなで人気がイマイチと云うことでしょう。

フランス農学研究所のサイトはこちら、注目すべきはフランス各地での呼び方(シノニム)です。
VIVC のサイトではワイン用葡萄、食用葡萄そしてルートストックという用途もあるということ。

最後にサンソーを「親」とする交配もしくは交雑種は全部で17種、代表的なものと云えばご存知 PINOTAGE 、1925年南アフリカでサンソーを母方に、ピノ・ノワールを父方として生まれました。
| ワイン雑感 |
| 04:27 PM | comments (0) | trackback (x) |

Cinsaut
Cinsaut N

サンソー、正式名称も同じですがシノニムで似たような CINCOUT 、CING-SAOU 、CINQ-SAO 、CINQ-SAOU 、CINQ-SAUT 、CINQSAUT 、CINSAULT 、CINSAUT COUCHE 、などあるので紛らわしいのは確かです。実際最後から2番目の CINSAULT を多用している海外の文献があります。ムルソーと混同しているのかと思いましたけどね。

さてこの Cinsaut 発音は普通に「酸素」と云ったらフランス人には通用するかも知れません。

VIVC のサイトはこちら、シノニムは何と 100 もあります。元々はフランス原産の黒葡萄ですが現在この品種に関して国別管理しているところを見るとアルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ブルガリア、ブラジル、スイス、中国、キプロス、ドイツ、スペイン、ギリシャ、ハンガリー、イタリア、メキシコ、マケドニア、モンテネグロ、ポルトガル、ルーマニア、ロシア、チュニジア、トルコ、ウクライナ、ヴェネズエラそして南アフリカと全世界に広がっています。

画像は元祖フランス葡萄品種のサイトからこちらを、また新フランス葡萄品種のサイトからこちらをご覧下さい。こちらのグラフを見る限り 1958年 10,915ha 、1968年 18,188ha だったのが 1979年に大幅に増え 51,643ha とピークを迎え 1988年には 48,184ha とほぼ同じぐらい栽培されていたものの 1998年には 32,955ha 、2008年には 24,773ha と減少が続き、2011年では18,709ha にまで落ち込んでしまいました。

| ワイン雑感 |
| 06:54 PM | comments (0) | trackback (x) |

CHENIN BLANC その3
さて各サイトのご紹介です。先ずは画像のある元祖フランス葡萄品種のサイトはこちらをご覧下さい。
画像と栽培面積の推移が分かるグラフがあるのは新フランス葡萄品種のサイトでこちらをどうぞ。
フランス農学研究所のサイトはこちら、VIVC のサイトはこちらをご覧下さい。

シュナン・ブランから造られるワインですが、私の経験では辛口の白ワインから甘口、そして泡に至るまで大変長命であると思うのです。

例えば拙ブログからこちら、このクレマン・ド・ロワールはシュナン・ブラン100%、澱引きが不完全だったため輸入元はその後の輸入をストップしたみたいですが 1984年という難しいヴィンテージにも拘わらず非常に状態は良かったのです。色はかなり青みを帯びた金色で泡が実に細かかったと記憶しています。香りは所謂下り気味の臭いなど一切無く、洋梨を思わせる果実香が顕著でした。

Saumur Blanc Clos de l'Ardil 2001 Domaine des Guyonsも私の好きなワインの一つです。毎年ぼちぼち開けて飲んでいますが、味わいに厚みがあるのと香りが七変化するので面白いのです。これから先まだまだ楽しめるはずです。

そして品質の割りに驚くほどお安いのがこちら、最近ようやくレストランのソムリエが数を確保し始めました。

南仏の品種別に醸造した「シャルドネ」「ソーヴィニョン・ブラン」、またそれらをタルタル・ワインに仕上げたものなどをフレンチのグラス・ワインとして供するなど、ソムリエの仕事ではないはずです。先ずは氏素性のハッキリしたワインを選んで購入し、ワインセラーでじっくり熟成させて、飲み頃に至ればお客さんに飲んで貰うという当たり前のことを忘れているソムリエがあまりにも多すぎると思います。

| ワイン雑感 |
| 02:53 PM | comments (0) | trackback (x) |

Chenin Blanc 2
さてシュナン・ブラン人気凋落の原因の一つとして私は 1970年代から 1980年代のドライコンテナ輸送を挙げたいと思います。ワインは温度変化に弱いのは周知の事実ですが当時はリーファーコンテナがまだ一般化されず、裏ラベルだけは「リーファー」というワインが横行していました。高温下に置かれたまま輸入されたワインは麦藁臭を発生したと思うのです。

温度変化に強かったのはリースリング。当時は辛口ワインなど好む人は殆ど居ませんでしたから甘口のドイツワインが全盛期を迎えていました。「アウスレーゼ」が男性化粧品の名前として使われたのもこの頃だったのではなかったでしょうか。

ワインは「良い香りがするお酒」のイメージが強かっただけに麦藁臭は敬遠されてしまったと考えます。実際、私が当時飲んだソミュール・ブランは麦藁のストロー(昔実際に存在しました)を噛んだ時に発生する臭いが特徴的でした。またそんな臭いがシュナン・ブランの特徴だと教わったはずです。

ですが輸送体制が整った現在、こんな臭いのするソミュールやヴーヴレの辛口はもう出回っていないはずですので昔からのワイン好きの人に、最近のシュナン・ブランから造ったワインをお試し頂きたいと思います。

ところでシュナン・ブランの植えられている範囲について申し上げたいと思います。ロワール川流域は上流からその支流に至るまで広い範囲に広がっていますが、昔はシャラント地方からボルドー右岸にも植えられていました

拙ブログの 2007年 11月 9日付の記事をご覧下さい。ボルドーはジロンド河右岸のアペラシヨン・ブライ、及びコート・ド・ブライについて述べたのですが当時シュナン・ブランはシノニム Pinot de la Loire (Pineau de la Loire とは異なっているのでご注意下さい)と呼ばれ実際に植えられていたことが分かります。またこの当時の法律で AOC Blaye では、シュナン・ブランは2025年の収穫まで使用可能AOC Côtes de Blaye ではシュナン・ブランは2004年の収穫まで使用可能となっていました。

現行法は残念ながら AOC Blaye は赤ワインのみで白ワインは廃止。AOC Côtes de Blaye は辛口白ワインとして残ってはいますが葡萄品種規定は次の通り。

-cépages principaux : colombard B et ugni blanc B ;
-cépages accessoires : muscadelle B, sauvignon B, sauvignon gris G et sémillon B.

La proportion des cépages colombard B et ugni blanc B est comprise entre 60 % et 90 % de l’encépagement.

全くシュナン・ブランの出番はありません。もはやシュナン・ブランを植えることは可能であってもワインとしての AOC 取得は不可能であります。

ちなみに現行法のアペラシヨン・コート・ド・ボルドーの白ワイン、ブライ・コート・ド・ボルドーは旧法のプルミエール・コート・ド・ブライですから旧法のアペラシヨン・ブライの白ワインとは異なります。

シュナン・ブラン、ボルドーのジロンド県では残念ながら消える運命になりそうですが、隣接するドルドーニュ県では健在です。

AOC Bergerac
- cépages principaux : muscadelle B, sauvignon B, sauvignon gris G, sémillon B ;
- cépage complémentaire : ugni blanc B ;
- cépages accessoires : chenin B, ondenc B.

AOC Côtes de Bergerac,
- cépages principaux : muscadelle B, sauvignon B, sauvignon gris G, sémillon B ;
- cépage complémentaire : ugni blanc B ;
- cépages accessoires : chenin B, ondenc B.

AOC Monbazillac,
- cépages principaux : muscadelle B, sauvignon B, sauvignon gris G, sémillon B,
- cépages accessoires : chenin B, ondenc B et ugni blanc B.

AOC Saussignac
- cépages principaux : muscadelle B, sauvignon B, sauvignon gris G, sémillon B ;
- cépages accessoires : chenin B, ondenc B, ugni blanc B.

の各アペラシヨンでは補助品種ではありますがシュナン・ブランの名前が載っています。

南西地方のアペラシヨンをさらに検索すると、ジロンド県サント・フォワ・ボルドーのすぐ南、ロット・エ・ガロンヌ県の AOC Côtes de Duras アペラシヨン・コート・ド・デュラスでは何と主要品種として扱われています。

- cépages principaux : chenin B, mauzac B, muscadelle B, ondenc B, sauvignon B, sauvignon gris G, sémillon B ;
- cépages accessoires : colombard B, ugni blanc B.

さらに新しい AOC Côtes de Millau コート・ド・ミヨー でも主要品種として扱われています。

- cepage principal : chenin B ;
- cepage complementaire : mauzac B.

そしてAOC Entraygues - Le Fel アントレーグ・ル・フェルの白ワインに

- cépage principal : chenin B ;
- cépages accessoires : mauzac B et saint-côme B.

さらにAOC Estaing アペラシヨン・エスタンの白ワインに
 
- cépage principal : chenin B ;
- cépage complémentaire : mauzac B;
- cépages accessoires : saint-côme B (dénommé localement rousselou).

最後にAOC Tursan アペラシヨン・チュルサン

- cépages principaux : baroque B et gros manseng B ;
- cépages accessoires : chenin B, claverie B, petit manseng B, raffiat de Moncade B, sauvignon B et sauvignon gris G.

では白ワインの補助品種としてシュナン・ブランが残っています。

お隣ではないですが、ラングドックの AOC Limoux アペラシヨン・リムーでは

Vins blancs tranquilles chardonnay B, chenin B, mauzac B

白のスティル・ワインにモーザック、シャルドネ・ブランと並んで

Vins mousseux susceptibles de beneficier de la mention ≪ blanquette de Limoux ≫
- cepage principal : mauzac B ;
- cepages accessoires : chardonnay B, chenin B

嘗てのアペラシヨン、現在はアペラシヨン・リムーの生産物の一つとなってしまったブランケット・ド・リムー表記の発泡性ワインでは補助品種として

Vins mousseux susceptibles de beneficier de la mention ≪ methode ancestrale ≫ mauzac B

メトード・アンセストラルではモーザックだけとなっていてシュナン・ブランは使えません。

また AOC CREMANT DE LIMOUX クレマン・ド・リムー

- cepage principal : chardonnay B ;
- cepages complementaires : chenin B, mauzac B et pinot noir N.

では補完品種としてその名を残しています。

このようにフランス全土とは申しませんが中西部全域に渡って植えられている訳ですからその復活を望みたいところであります。

フランスで栽培される白品種として2011年現在、栽培面積の大きい順に並べると

1. Ugni Blanc 正式名称 TREBBIANO TOSCANO 82,986ha
2. Chardonnay 正式名称 CHARDONNAY BLANC 46,419ha
3. Sauvigon Blanc 29,169ha
4. Semillon 11,489ha
5. Melon 11,157ha
6. Chenin 正式名称 CHENIN BLANC 9,839ha

となるはずです。

| ワイン雑感 |
| 04:19 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2012年11月
All Rights Reserved./Skin:oct