ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

ワイン大学第328回定例会@天満橋クードポール
ワイン大学定例会では久し振りとなる天満橋のフレンチ、クードポールさんですがやはり老舗の味はキッチリ守られていました。
食事と共に楽しむべきワイン、食事が美味しければ自然とワインも進むというもの。


シャンパーニュ、ブラン・ド・ノワールのミレジム・ブリュットに合わせて出てきたのは「温泉卵、サマー・トリュフにコンソメ・ジュレ」ですが、結構トリュフ香がプンプン香ります^^


つぎは北海道の塩水海胆と蒸し鮑のカペッリーニ。海胆がカペッリーニに絡まって麺の色はオレンジになっています。ということはかなりの海胆が使われているはず。カペッリーニはカッペリーニと違いまっせー。


そしてお得意のソーモン・フュメはもちろんこちらの自家製。


鴨のフォワグラを使ったテリーヌにマンゴーがあしらわれ、クレソンも添えられます。この料理にはゲヴュルツトラミネールを合わせます。

ホンマに美味しい。

▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 11:55 PM | comments (0) | trackback (x) |

AOC Saint-Mont 続き
即ち赤ワインとロゼでは主要品種はタナ、そして準主要品種というか必須品種と呼べばよいのか分かりませんがカベソーとフェールも使わなければならない品種となっています。補助品種(使っても使わなくても良いという品種)にカベルネ・フランとメルロー・ノワールがあります。

白ワインでは主要品種がグロ・マンサン、必須品種としてアリュフィアックとプティ・クールビュ、また補助品種としてクールビュとプティ・マンサンとなっています。

さて葡萄品種タナは日本語のサイトのこちらをご覧下さい。フランスの葡萄品種のサイトはこちら 、VIVCのサイトではこちらをご覧下さい。元祖フランス葡萄品種のサイトはこちらをご覧下さい。

葡萄品種タナはフランス南西地方の赤ワインによく使われる品種、アペラシヨンで申し上げると代表的なのはマディラン、ベアルヌ、イルレギなどでしょうか。これらのアペラシヨンでは赤ワインの主要品種となっています。

シノニムは13報告されていますが下記の通りです。

BORDELAIS NOIR
BORDELEZA BELCHA
HARRIAGUE
MADIRAN
MADIRON
MOUSTON
MOUSTRON
MOUSTROU
MOUSTROUN
TANAT
TANNAT GRIS
TANNAT NOIR FEMELLE
TANNAT NOIR MALE

次に葡萄品種フェールについては何度か申し上げたはずですけど昔はこれをフェール・セルヴァドゥと呼んでいました。南西地方では昨日申し上げたようにPinenc ピネンクと呼んでいるのが現状でシノニムは53例も報告されています。VIVCのサイトはこちら、フランス葡萄品種のサイトはこちらをご覧下さい。
フェールが主要品種となるワインは殆どありませんがブレンド用として用いられる場合が殆どです。もちろん主たるアペラシヨンはフランス南西地方がメインです。

| ワイン雑感 |
| 04:50 PM | comments (0) | trackback (x) |

Rully Blanc La Barre 2010 Domaine Ninot

| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |

アペラシヨン・サン・モン
フィロキセラの被害を免れた葡萄畑がフランスに現存していてそれを政府公の機関が認めたというお話ですが、場所とか葡萄品種については具体例が挙げられていませんでしたので書いてみたいと思います。

まずはAOP Saint-Mont について。
昔の VDQS 時代では Côtes de Saint-Mont としてチュルサンの東部にその呼称が認められましたが後に Saint-Mont と改称、そして2011年末のVDQS 廃止の前にアペラシヨンとして認定されました。

場所はこちらの地図をご覧下さい。スペインに近いバイヨンヌから東へ180km 程、ワインで申し上げるとジュランソンで有名なポーから北東に100km 程、工業都市トゥールーズからですと西に130km 程の地点を中心とするかなり広い地域をカバーしています。

サン・モン・ワインのサイトがありますのでこちらをご覧下さい。フランス語の他に英語、ドイツ語もありますので参考になると思います。まずは2011年5月19日にアペラシヨン・サン・モンとして認められたことをトップに載せています。

左のメニューから Le Terroir de SAINT MONT 、さらに Des cépages autochtones をクリックすると葡萄品種の詳細が表示されます。

赤ワインとロゼには Tannat, Pinenc, Cabernets franc et sauvignon, 白ワインには Arrufiac, Petit Courbu, Petit et Gros Mansengs という表記をご確認頂けるでしょうか。

タナの次のピナンは正式名称 FER フェールのこの地域で呼ばれる名称、即ちシノニムであります。割合などについての記載はありませんが実は最新の法律では次のような規定が設けられています。

a) – Vins rouges et rosés :
- cépage principal : tannat N ;
- cépages complémentaires : cabernet-sauvignon N, fer N ;
- cépages accessoires : cabernet franc N, merlot N.

b) – Vins blancs :
- cépage principal : gros manseng B ;
- cépages complémentaires : arrufiac B, petit courbu
- cépages accessoires : courbu B, petit manseng B.


| ワイン雑感 |
| 06:19 PM | comments (0) | trackback (x) |

Château de Blissa 1998 AC Côtes de Bourg

| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2012年06月
All Rights Reserved./Skin:oct