ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Chianti Superiore 2009 Poggiotondo

▼続きを読む
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |

Tavel 2010 Château de Ségriès
結論から先に申し上げると2003年以降最高の出来栄えであります。色の綺麗なのは昔からですが去年一昨年は若干甘い目、それ以前のヴィンテージに残留亜硫酸レベルの高いものがありましたが2010年ヴィンテージはキリッとした辛口に仕上がっており味の密度もかなりのものであります。

ロゼというと中途半端なイメージが強いですがこのタヴェル2010年は飲む価値ありと思います。ロゼにご興味のお有りの方は一度お試し下さい。

アペラシヨン・タヴェルの公式サイトが現在構築中みたいです。こちらをブックマークされておくと将来ご覧頂けるはずです。ちょっと古いかも知れませんが日本語版はこちらをご覧下さい。
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |

Ventoux Rouge 2010 Gonnet Père et Fils
昔はコート・デュ・ヴァントーだったはずですがいつの間にか名前がスッキリと変わっていました。「ヴィエイユ・フェルム」の商標名で赤がこのワイン、白はVDQSだったコート・デュ・リュベロンを当時はそこそこ旨いワインだと思っていたのは30年ほど前のこと。そういえば最近「商標ワイン」など殆ど見掛けなくなりました。

さてヨーロッパのワイン法に詳しいサイトコート・デュ・ローヌからヴァントーを開いてみると何と2010年11月に新しく制定されたアペラシヨンになっています。つい最近のことなのでご存知ない方が多いはず。フランスのワイン法は最近目まぐるしく変化するので付いて行けませんね。

ワインの色は白・ロゼ・赤とあり、ボジョレー同様プリムール・ヌーヴォーの規定も設けてあります。葡萄を植える範囲はヴォークルーズ県の指定されたコミューンに限りますが醸造並びに熟成はその範囲をかなり緩めてあります。

第1章第5条に葡萄品種についての規定があります。コピーすると

1° Encépagement: a) Les vins blancs sont issus des cépages suivants : cépages principaux : Bourboulenc B, Clairette B(正式名称CLAIRETTE BLANCHE), Grenache blanc B(正式名称GARNACHA BLANCA), Roussanne B ; cépages accessoires : Marsanne B , Vermentino B , Viognier B .

b) Les vins rouges et rosés sont issus des cépages suivants: cépages principaux : Carignan N(正式名称CARIGNAN NOIR), Cinsaut N, Grenache N, Mourvèdre N, Syrah N ; cépages accessoires : Bourboulenc B, Clairette B, Counoise N , Grenache blanc B, Marsanne B, Marselan N(1961年CABERNET SAUVIGNON X GARNACHA TINTA), Piquepoul noir N , Roussanne B, Vermentino B, Viognier B.

2° Règles de proportion à l'exploitation a) Vins blancs. La proportion de l'ensemble des cépages accessoires est inférieure ou égale à 10 % de l'encépagement.
b) Vins rouges et vins rosés. La proportion de l'ensemble des cépages accessoires est inférieure ou égale à 20 % de l'encépagement. La proportion du cépage Marselan N est inférieure ou égale à 10 % de l'encépagement. La proportion du cépage Vermentino B est inférieure ou égale à 10 % de l'encépagement. La conformité de l'encépagement est appréciée, pour la couleur considérée, sur la totalité des parcelles de l'exploitation produisant le vin de l'appellation.

白ワインの主要品種はブールブーラン、クレーレット、グルナッシュ・ブラン、ルーサンヌ。補助品種はマルサンヌ、ヴェルメンティーノ、ヴィオニエ。
赤とロゼは主要葡萄品種カリニャン、サンソー、グルナッシュ、ムールヴェドル、シラー。補助品種として白用の全品種、クーノワーズ、マルスラン、ピクプール・ノワール。
それぞれ補助品種の割合などについての規定が第2項にまとめられています。


| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |

Bourgogne Hautes-Côtes de Beaune Blanc 2009 Domaine Henri Felettig
ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌの白ワイン、ヴィンテージは2009年で生産者はコート・ド・ニュイはシャンボール・ミュジニーのドメーヌ・アンリ・フェレティグ。現在造っているのはジルベールとクリスティーヌ・フェレティグのお二人ですけど。

生産者のサイトは見掛けませんが1965年ドメーヌをスタートしたときはたった 2ha しか自社畑を持っていなかったこと、その後息子と娘が加わり現在所有する畑は 12ha に迄広がったと云うこと位しかネットで知ることは出来ません。小さなドメーヌならその実態をもう少し分かり易くサイト上で公表して頂きたいと思います。

さてブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌはこちらの地図をご覧頂くと大変広い地域と勘違いされるかも知れません。いつも申し上げるようにこれはブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌを名乗ることの出来るコミューン全体の地図です。その範囲はコート・ドール県のみならずソーヌ・エ・ロワール県にも及びます。コミューンの名前を列挙すると

Côte-d'Or (21) : Auxey-Duresses , Baubigny , Beaune , Bouze-lès-Beaune , Cormot-le-Grand , Échevronne , Fussey , Magny-lès-Villers , Mavilly-Mandelot , Meloisey , Meursault , Monthelie , Nantoux , Nolay , Pernand-Vergelesses , Pommard , (La) Rochepot , Saint-Aubin , Saint-Romain , Savigny-lès-Beaune , Vauchignon , Volnay

Saône-et-Loire (71) : Change , Cheilly-lès-Maranges , Créot , Dezize-lès-Maranges , Épertully , Paris-l'Hôpital , Sampigny-lès-Maranges

各コミューンの全域ではなくごく限られた部分であることをお忘れなく。

最も新しい法令はこちらから左のメニュー「CDC_Bourgogne」をクリックするとご覧になれます。

| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:57 PM | comments (0) | trackback (x) |

Alsace Grand Cru Schlossberg Riesling 2009 Domaine Jean-Marc Bernhard
ブルゴーニュのグラン・クリュはかなり認知されていますがアルザスのグラン・クリュは法律上その規定はあるものの、生産者がそれに従わない例があり「飲む側」の我々から見ると「有名無実」な存在ではないでしょうか。

例えば超有名になってしまったトリンバック社の場合虎の子「クロ・サン・チューン」のラベルに「Alsace Grand Cru」の表示はありません。このアルザスのロマコンと呼ばれる Clos Sainte-Hune はユナヴィールにある「ロザケール」というグラン・クリュに指定された畑の一部なのですがユベール・トリンバックは頑としてその表示をラベルには書きません。また同社の高級品の一つ「キュヴェ・フレデリック・エミール」もグラン・クリュの葡萄で造られているのですがラベルにその表記はありません。

アルザスには古くから「クロ・何某」という傑出したワイン畑が存在するので「グラン・クリュ」なんて不要という考え方の生産者が多いのでしょうね。グラン・クリュはどういう訳かアルザスの南部に集中しているのも不思議な話であり、グラン・クリュの制定に関してはかなりの反対意見があったはずです。

さてアルザスのグラン・クリュは51存在しますがその指定された畑の面積や葡萄品種はそれぞれ規定があります。一覧表がありますのでこちらのウェブ魚拓を開いてご覧下さい。
一例を申し上げると先程のクロ・サン・チューンはグラン・クリュ名 ROSACKERロ ザケールで土質は CALCAIRE DOLOMITIQUE 炭酸マグネシウムを多く(10~45%)含む石灰質、 68 オー・ラン県 Hunawihr ユナヴィールに存在する畑で面積は 26,18ha、標高 260 から330m の est-sud-est 東南東向きの斜面であり、葡萄品種は Ri, GW リースリング・ヴァイスとゲヴュルツトラミネール正式名称 TRAMINER ROT トラミナー・ロットだけということになります。

クロ・サン・チューンはそのロザケール 26,18 ヘクタールのうち僅か 1.67 ヘクタールしかないわけですから珍重されるわけです。クロ・サン・チューンについては生産者のサイトからこちらをご覧下さい。我がワイン大学ではこのクロ・サン・チューンを有名になるずっと前から取り上げていました。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2011年12月
All Rights Reserved./Skin:oct