ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

雅次郎@近鉄八尾久宝寺

| 食べ歩き |
| 06:15 PM | comments (0) | trackback (x) |

こだわり手打ちうどん長栄寺ゆたか

| 食べ歩き |
| 11:55 PM | comments (0) | trackback (x) |

Priorat Criança 2007 Bodegas de Muller
以前こちらでご紹介したスペインはカタルーニャ地方に属するDOプリオラートの赤ワイン。数本購入しましたがこれが最後の1本となりました。

生産者のサイトはこちら、スペイン語の他には英語とフランス語版しかありませんので信頼出来る生産者のはずです。以前書きかけたままになっていますが葡萄品種は 60% Garnacha, 20% Merlot, 10% Syrah, 10% Cariñena 、正式名称で申し上げるとガルナッチャ・ティンタ、メルロー・ノワール、シラー、カリニャン・ノワールで構成されています。

スペインのワイン法ではこちら、元々DOQという特別扱いになっていたようですが現行法では「DOCa」と単なるDOではなくデノミナシオン・デ・オリヘン・カリフィカーダ(スペインワインのサイトからコピーさせて頂くと「DO産ワインの中から、厳しい基準で昇格が認められた高品質ワイン。1988年に制定されたカテゴリーで、1991年4月にまずリオハが認められた。2009年7月にプリオラートが中央政府に承認された」とのこと)という上級呼称制度に指定されている高級ワインの類となっています。

スペインの原産地呼称制度についてはこちらをご覧下さい。

リオハは我が国でも結構その名を知られていますが「プリオラート」はあまり知られていないはずです。
▼続きを読む
| ワイン日記::スペインワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |

フランス料理店ア・プ・プレ
先日のワイン大学定例会にお願いした京都のフレンチです。

お店の定番コースではなく特別料理でお願いしました。まずはアミューズグールから。

スプーンにのっているのが「エスカルゴ・ア・ラ・ブルギニヨン」、そしてグジェールなのですが両方とも温かく、グジェールにはグリュイエールチーズの風味がとても強いのです。
作り置きのアミューズを冷たいまま平気で出してくる店とは大違い。気合いが入っているのは食べる側にも伝わります。


ホタテ貝のクリュとトリュフのサラダ仕立て。トリュフは夏場に出回るものとしてはかなり香りがあります。ですが特筆すべきは香草の香りが際立つドレッシングでしょうか、香りの饗宴といった前菜に拍手を送りたいと思います。


次は大根をくりぬいた中にフォワグラのムースが入った一皿。夏大根なのにとても柔らかく煮込んであります。


断面はこちらの通り。フォワグラのムースは結構しっかりしていて形は崩れません。ベースとなるコンソメも実に香りが良い! 甘く煮詰めた大根と焼いたフォワグラは何処のお店でも出てきますが、この組み合わせは新鮮です。


▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 11:55 PM | comments (1) | trackback (x) |
コメント一覧
debussy |2011/08/28 07:01 PM |

ワイン大学第318回@京都ア・プ・プレ

ワイン会と云えばワイン主体でお料理がもう一つというケースが多いのですが、当ワイン大学では本当に美味しいお料理がつぎつぎと登場します。詳しくは後ほど。
| ワイン大学 |
| 11:55 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2011年08月
All Rights Reserved./Skin:oct