ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

ワイン大学第316回ル・ベナトン夙川



▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 11:55 PM | comments (0) | trackback (x) |

Espoir@堺筋本町



▼続きを読む
| 食べ歩き |
| 11:55 PM | comments (0) | trackback (x) |

Solimar Blanco DO Tarragona 2009 Bodegues de Muller
土曜日の写真だけアップしていた英ちゃんの会、ようやく文章を入れました。遅くなり申し訳ございません。

さて本日のワインですが、先日ご紹介したフランス的に読めばド・ミュレールの造る白ワインでDOはタラゴナ、葡萄品種は生産者のサイトから9月初旬に収穫されたマカベオ70%、9月中旬収穫のミュスカ・ド・アレクサンドル20%そして8月末収穫のソーヴィニョン・ブラン10%とのことです。各葡萄品種はそれぞれ別に醸造され後にブレンドされるとのことです。

DOタラゴナはヨーロッパのワイン法に詳しいサイトのスペイン・カタルーニャからこちらをご覧になると法律原文をお読み頂けます。スペインのワイン法では例によって最終項に葡萄品種が纏められています。コピーさせて頂くと

ANEXO 3
Variedades blancas: Chardonnay, Garnacha blanca, Moscatel de grano menudo o de Frontignan, Moscatel de Alejandría, Parellada, Sauvignon blanco, Subirant Parent o Malvasía, Macabeo, Xarel·lo.

Variedades tintas: Cabernet sauvignon, Garnacha, Merlot, Monastrell o Morastell, Pinot noir, Samsó o Mazuela,Sumoll, Syrah, Tempranillo.

葡萄品種名はスペインで呼ばれるシノニムでガルナッチャ・ブランカは正式名称なのですがフランスワインに慣れた人ならグルナッシュ・ブランの方が分かり易いでしょう。モスカテル・デ・グラーノ・メヌード・オ・デ・フロンティニャンはモスカテル・デ・グラーノ・メヌードもしくはモスカテル・デ・フロンティニャンという意味ですが後者はVIVCの正式名称 MUSCAT A PETITS GRAINS BLANCSのシノニムの中には見掛けません。まだまだ他にシノニムはあるということでしょう。ミュスカ・ア・プティ・グランが正式名称でフランス語読みですが原産地は何とギリシャとなっています。シノニムは246も報告されています。次のモスカテル・デ・アレハンドリアはマスカット・オブ・アレクサンドリアが正式名称、パレリャーダはスペイン原産のこちら、ソーヴィニョン・ブランコはお分かりですね。

さて次の Subirant Parent o Malvasía が問題です。シュビラン・パレンもしくはマルヴァジーアのはずですが前者はシノニムで正式名称 ALARIJE という品種。

ところが一般にマルヴァジーアと呼ばれる葡萄品種は現在分かっているだけで18種類も存在しマルヴァジーア+何某と呼ばれる品種は175種類も存在します。その数多く存在するマルヴァジーア関連の葡萄品種の中でそれに相当するのはこちらをご覧下さい。
イタリア原産のマルヴァジーア・ビアンカですがこのシノニムの中に MALVASIA DE RIOJA が含まれます。

ですから Subirant Parent o Malvasía は一種類ではなく正式名称 ALARIJE と MALVASIA BIANCA の2種類であると考えるのが妥当なのかも知れません。続いての Macabeo マカベオはこちらのVIURAヴィウラが正式名称。最後のXarel·loはXARELLO シャレッロでカヴァに用いられる代表的な葡萄品種です。
| ワイン日記::スペインワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |

Alsace Riesling 2009 Domaine Paul Ginglinger
アペラシオンはヴァン・ダルザス、もしくはアルザスの白ワインで葡萄品種はリースリング、ヴィンテージは2009年で生産者はドメーヌ・ポール・ジャングランジェ。

リースリングは正式名称リースリング・ヴァイス、VIVCのサイトからこちらをご覧下さい。リースリング・ヴァイスのルーツは(VITIS SYLVESTRIS X TRAMINER) (?) X HEUNISCH WEISS と書いてありますね。シノニムは何と122も報告されています。葡萄品種のルーツが分かってくるとヨーロッパで栽培されている殆どの品種の元を辿れば HEUNISCH WEISS (フランスではle Gouais ル・グエ)と云うことになるみたいです。

さてアルザスに許可されている葡萄品種はINAOでは

A - Vin blanc
Gewurztraminer   Gewurztraminer
Riesling Riesling rhénan
Pinot gris ou Tokay Pinot gris Pinot gris
Muscat Muscat blanc et rose à petits grains, Muscat Ottonel
Pinot ou Klevner Auxerrois, Pinot blanc vrai, Pinot noir vinifié en blanc, Pinot gris
Sylvaner Sylvaner blanc
Chasselas ou Gutedel Chasselas blanc et rose

B - Vin rouge
Pinot noir Pinot noir

C - Vin rosé (ou clairet ou Schillerwein)
Pinot noir   Pinot noir

即ち白ワインはアルザスに併記してゲヴュルツトラミネール(品種名も同じ)、リースリング(リースリング・レナン、これはアルザスで呼ばれるシノニムの一つ)、ピノ・グリまたはトカイ・ピノ・グリ(ピノ・グリ)、ミュスカ(ミュスカ・ブラン、ミュスカ・ロゼ・ア・プティ・グラン、ミュスカ・オットネル)、ピノもしくはクレヴナー(オーセロワ、ピノ・ブラン・ヴレ、ピノ・ノワール種の白仕立て、ピノ・グリ)、シルヴァネール(シルヴァネール・ブラン)、シャスラもしくはグートデル(シャスラ・ブラン、シャスラ・ロゼ)。赤ワインとロゼはピノ・ノワール。

ところが追記があるのです。

II. Dispositions particulières
Seuls ont droit à l'appellation d'origine contrôlée «Vin d'Alsace» ou «Alsace» suivie des mots Klevener de Heiligenstein les vins issus du cépage Savagnin-rose produits dans l'aire délimitée par parcelles ou parties de parcelles à l'intérieur des communes de Bourgheim, Gertwiller, Goxwiller, Heiligenstein et Obernai et approuvée par le comité national des vins et eaux-de-vie de l'Institut national des appellations d'origine en séance des 6 et 7 novembre 1996.

| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |

Condrieu 2000 Domaine Christophe Pichon
コンドリューを今まで一度も取り上げていませんでした。昔々若い頃に当時としてはかなりの高値で購入したシャトー・グリエがあまりにも不味くそれがトラウマになっていたのかも知れません。不味かったのは、従価税の頃ですので恐らくドライコンテナーで輸入していたのが原因だったのでしょう(一説によると現地で飲んでも不味かったと聞きますが)。

シャトー・グリエはそのコンドリューの一角で単独アペラシオンを保有し、現在はかの有名なシャトー・ラトゥールの所有となっているのですから、ワイン好きなら一度は飲んでみたいと思うワインであります。

さてコンドリューというアペラシオンの範囲ですがこの地図をご覧になると一目瞭然であります。INAOの示すこちらの地図と比べると葡萄畑が点在しているのがよく分かります。

INAOの示す地図はコミューン全ての領域を示すだけで葡萄畑の領域を具体的に表していません。これは改善すべきでしょうね。

同じくシャトー・グリエもINAOの示す地図はあくまで2つのコミューンの全域を示すだけで肝心の葡萄畑がどの部分か示していません。

シャトー・グリエの領域はアペラシオン・コンドリューに指定された範囲の中に存在しますが、シャトー・グリエの葡萄畑でアペラシオン・コンドリューを名乗るワインは生産されません。よく見掛けるコンドリューの南にあるのがシャトー・グリエであるかのように書かれている地図は全くの間違いであります。
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2011年06月
All Rights Reserved./Skin:oct