ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

dA Chardonnay 2009 AC Limoux Domaines Astruc
南仏はラングドック・ルーシヨンのアペラシオン・リムーの白ワインです。

私が若い頃「リムー」という名の付くアペラシオンといえば「ブランケット・ド・リムー」しか存在しませんでした。

8年程前のお話ですが元客室乗務員の人がミナミに開かれたワインバーで「クレマン・ド・リムー」なるワイン名をリストに発見、「ブランケット・ド・リムー」と違うのでしょうかと尋ねたら、いきなりボトルを目の前に叩き付けられビックリしました。

「ラベルを見たら分かるやろ!」と云わんばかりの形相。

尋ね方が悪かったのでしょうか?

まあ店主の虫の居所が悪かったのでしょうけど、初めての客に対する態度とはとても思えませんでした。

「ラベルにそう書いてありますが・・・」

と普通にお返事頂ければその後利用したかも知れません。

さてそんな怖い思い出のある「リムー」現在はどのような法律になっているのでしょうか?

INAOのサイトから「Limoux」を入力してアペラシオンを検索するとおやおや昔の名前は出てきません。

アペラシオンとして存在するのは

AOC Limoux
AOC Crémant de Limoux

の2つだけです。伝統的なあの発泡性ワインは途絶えてしまったのでしょうか?

ではもう一度INAOのサイトから「Limoux」と入力して「produit 生産品」を調べてみましょう。

AOC - AOP Crémant de Limoux blanc
AOC - AOP Crémant de Limoux rosé
AOC - AOP Limoux blanc
AOC - AOP Limoux blanquette de Limoux
AOC - AOP Limoux méthode ancestrale
AOC - AOP Limoux rouge
AOC - AOP Vin destiné à l'élaboration de Crémant de Limoux blanc
AOC - AOP Vin destiné à l'élaboration de Crémant de Limoux rosé

出てきましたね、現在「Limoux」と名の付く農生産品は上の8つで、読んで字の如く先程の2つのアペラシオンにそれぞれ所属していますが、これらの名称は「デノミナシオン」ではなく単なる「生産品」。

ご覧の通り法律としての1ページは保有しないものの「ブランケット・ド・リムー」、「メトード・アンセストラル」の名は残っています。

ということで昔存在したAOC Blanquette de Limoux に関する法律は消えたことになります。

最新の法律はこちらをご覧下さい。

一方ヨーロッパのワイン法に詳しいサイトではこの「リムー」はルーシヨンに分類されていてAOC Blanquette de Limoux はまだ健在みたいにその法令として残っています。

こちらを見る限り2004年7月27日までこの法律は有効だったことが分かります。

最終行をご覧下さい。

この日にブランケット・ド・リムー、リムー・ナチュール、ヴァン・ド・ブランケットは廃止されたとあります。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (4) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2010/12/02 12:41 PM |
チェリs |2010/12/02 12:12 PM |
Georges |2010/12/01 07:03 PM |
チェリS |2010/12/01 05:14 PM |

Château Olivier 1999 AC Pessac-Léognan
ボルドーはペサック・レオニャン、シャトー・オリヴィエの白ワイン、ヴィンテージは1999年です。

結論から申し上げると一旦輸出され、保管状況の悪い所に保存された物を買い戻しした所謂「出戻りワイン」と考えます。

昔のことですが、ワインバブルは我が国日本だけではなく、韓国そして台湾などにも及びました。

ところがバブルが弾けてそうした国のインポーターが倒産した場合、ヨーロッパ大手ネゴシアンは他国に輸出されたワインを格安な値段で引き取るのです。

私の知る限りロンドンの「フ○ー社」など普通信頼の厚いとされるところもこの手の商売に絡んでいました。ボルドー老舗のネゴシアンもこんなことやっていたのでしょうか。

一説によるとシャトーは、ネゴシアンの要請があればリラベル、或いはリコルクを行うと聞きます。

即ち劣悪なる保管状況で漏れが生じた場合などその修復に応じると云うことであります。

出戻りワインに旨いもの無し

定説です。

これは諸外国に輸出され、フランス国内のネゴシアンに戻った物だけに限りません。

例えば全国のデパートに「ワイン・フェア」などで駆り出された高級ワイン。デパートは各地に支店があるのでそういった支店に次々と売り場を移される訳です。

運良く売れれば問題ありませんが、数ヶ月後に本店に舞い戻り「消化」の場合は納入業者に返品となる訳です。

消化-急速に増加している形態で、「売り上げ仕入れ」とも呼ぶ。商品の所有権は百貨店に移転せず、なおかつ店頭の品ぞろえも仕入れ先が決める。もちろん価格決定権も仕入れ先が握っており、百貨店は商品が店頭で売れた(消化)分だけ、仕入れに計上する。百貨店の取り分は委託よりも低い。

ワイン業者の間ではこのようなワインのことを「長期滞留品」と呼んでいます。

ワインの大敵である「温度変化」「明るい照明」に晒される場合が殆どですからこのようなワインも「出戻りワイン」の仲間に入るはず。

さてこのワイン、何故「出戻り」と判断したと思われますか?
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (4) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2010/11/30 11:09 AM |
higemaster |2010/11/29 07:05 PM |
Georges |2010/11/29 05:02 PM |
higemaster |2010/11/29 04:25 PM |

第133回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
今日は遠く茨城県、そして東京からお越し頂いた方といつものメンバー総勢8名で賑やかな会となりました。

日本各地からグルメ・グルマンの集まる会も今日で133回を迎え、英ちゃんの大将もご機嫌です。

飛び切りの素材が集められますが、今日も伊勢からそして豊後水道からと旬の魚が勢揃い。

チマチマとした料理ではなくボリュームもバッチリですので一度来られたら病み付きになること間違いありません。

我こそはとお思いの健啖家の方、一度チャレンジしてみませんか。

さて先月に引き続きカメラを忘れてしまいました。老人性痴呆症の初期症状でしょうか、最近物忘れで失敗することがしばしば。

やむを得ず携帯電話のカメラで撮影しました。

お見苦しい写真で申し訳ございません。


先ずは「温泉卵」振り柚子が効いてます。


口取りは5種盛り。スナップ豌豆は茹でただけ、さえずりに浅葱、下仁田葱は焼いて味噌と共に、零余子は茹でてからバターソテーして、真ん中のは新唐墨と大根。

秀逸なのは自家製の唐墨、香りが実によいと思います。下仁田葱も寒くなると旨いですし、さえずりも新鮮です。


造りは鯛。

豊後水道で獲れる天然鯛は身の締まりが良くコリコリした食感で瀬戸内の物とは全く違います。

皮の湯引きは透き通っており、胃袋と肝はそれぞれ調理され登場します。


鱈の白子は別名「菊子」とも呼ばれますが、新鮮な物はサッと湯を通してポン酢で食べると実に旨いもの。


本日のメインは伊勢で獲れたホンモノの伊勢海老。

どこかの観光ホテルと違いとても大きな伊勢海老です。

身がギッシリ詰まっており可食部分タップリ、脚の根本までバリバリと頂きます。
▼続きを読む
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 11:55 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2010/11/29 04:58 PM |
debussy |2010/11/28 10:19 PM |

消えたアペラシオン・ロワール編「Chaume」
INAOのサイトから左のメニュー「Produits」から「Liste des produits et leurs cahiers des charges [CDC] 」を選択、アペラシオンの検索で「chaume」と入力して調べると Quarts de Chaume (カール・ド・ショーム)しか現れません。

一方ヨーロッパのワイン法に詳しいサイトですと左のメニュー・Anjou からこちらが開きます。

こちらには2007年2月21日の日付が見られますがその後いつ廃止になったのでしょうか。

もともとこの「Chaume」と云う名のアペラシオンは1980年代には存在しませんでした。元はと云うとこちらをご覧下さい。

2003年9月19日付にて Chaume 1'er Cru des Coteaux du Layon が認められたとあります。これは明らかにアペラシオンではなくデノミナシオンとして認可されたはず。INAOのサイトからこちらをご覧下さい。

指定された地域は下記のコミューン

Beaulieu-sur-Layon, Bouchemaine, Brissac-Quincé, Chalonnes-sur-Loire, Champ-sur-Layon, Chaudefonds-sur-Layon, Denée, Faye-d'Anjou, Montjean-sur-Loire, Mozé-sur-Louet, Pommeraye (La), Possonnière (La), Rablay-sur-Layon, Rochefort-sur-Loire, Saint-Aubin-de-Luigné, Saint-Lambert-du-Lattay, Savennières, Soulaines-sur-Aubance, Thouarcé et Vauchrétien.

かなり広範囲に認められた訳です。

ところがこちらには、コピーさせて頂くと

AOC ショーム(Chaume)
・シュナン種からの白・甘口。
・現在は、AOCコトー・デュ・レイヨンの一部。
・ショームの村の周辺は、丘陵を吹き抜ける風の影響で、ぶどうが独特の方
法で過熟する(パスリヤージュ)。

と書いてあります。

こちらには長年の苦労が報われたとの表記が見られますね。

その後、これが単独のアペラシオン・ショームとして認められたのがこちら。INAOのサイト内にも残っています、こちらをご覧下さい。

ショーム、ショーム・プルミエ・クリュ・デ・コトー・デュ・レイヨン、カール・ド・ショーム、同じような地域に同じような名前のアペラシオン、ややこしくて仕方ありませんね。

統一されて然るべだったのでしょう。

こちらにその辺についての記述があります。

ですが現在このショーム・プルミエ・クリュ・デ・コトー・デュ・レイヨンというアペラシオンは存在しません。

ところでカール・ド・ショームはもっと狭い範囲のアペラシオンであります。

こちらをご覧下さい。

コミューン・ロシュフォール・シュル・ロワールの

Les Quarts
Les Roueres
Le Veau

という3つのリュー・ディだけに認められたアペラシオンです。こちらは昔から全く変わっていないと思うのですが・・・。

「ショーム」と付いたアペラシオン、紛らわしいことが多すぎます。



| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:57 PM | comments (0) | trackback (x) |

ワイン大学第309回定例会ア・プ・プレ京都五条
今日はネットからお二人、そして Twitter からお一人と初参加の方が3名お越し頂きました。

ですがJR踏切の破損事故の影響でかなりのメンバーが遅刻され遅い時間のスタートとなってしまいました。

早くお集まりの皆様にはこの場を借りてお詫び申し上げます。

JRですが福知山線の事故以来、安全確認かどうか知りませんが遅れるのが普通になってしまい困ったものです。私は阪急を利用しますが滅多に遅れないのが有り難い。

さてア・プ・プレさんを貸し切りにさせて頂きワイン会の始まりです。

お料理は普通のコースではなく特別にお願いしたワイン大学用スペシャル・コース。


先ずはアミューズ・グール、グジェールとフォワグラと林檎のベニエ。

秀逸だったのは後者。フォワグラの香りが気に入りました。

乾杯はアンリ・グートルブのミレジム。

赤ワインみたいなブーケ、綺麗な熟成香です。


アントレは2皿。最初は冬野菜とオマール海老のソテー、タプナードとシトロンのコンフィ。

先ず野菜の味がしっかりしています。オマールも程良い火の通し方。

効果的なのはシトロンのコンフィ。

白ワインサンセール2009年に大変良く合います。


アントレの2皿目はジビエのテリーヌ、アンディーヴと胡桃のサラダ、栗の花の蜂蜜添え。

青首鴨、ピジョン・ラミエと丹波の鹿を使ったテリーヌは蜂蜜と共に食べるととても美味、新しい発見です。

▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 11:55 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2010/11/29 04:50 PM |
higemaster |2010/11/27 04:28 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2010年11月
All Rights Reserved./Skin:oct