ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Birillo 2006 IGT Maremma Toscana Tenuta Marsiliana
先ずは輸入元の説明を見ると次の通りです。

「何世紀もの間マレンマ地区は開拓不可能な湿地帯だと考えられてきました。しかし、ボルゲリサッシカイアの登場で、アンティノーリ、オルネッライア、そしてアンジェロ・ガイヤも参入し、土地の値段は高沸。いまや、イタリア一の激戦区と言えるでしょう。
コルシーニ家はこのマレンマ地区に2,500ヘクタールの土地を所有しています。それだけの土地があれば、莫大な面積のブドウ畑をもつことができます。しかし、オーナー、ドッチョ・コルシーニ氏はそのうち最良の条件をもつ18ヘクタールのみをプレミアムワイン用の畑とし、残りは野生の猪、鹿、鳥などの生息地、そして家族の憩いの場として残すことにしました。その最高の条件の畑でつくられるのが、『マルシリアーナ』。名匠カルロ・フェリーニ率いる精鋭醸造チームがこのテロワール独自の味わいをもつワインをつくるため、あらゆる葡萄品種の栽培、醸造研究を重ねながらつくりあげたワイン。
オーナー、ドッチョ皇子と、醸造チームが目指すのは単にワールドワイドクラスのワインをつくることではありません。このテヌータ・マルシリアーナの存在をワインを通して表現すること。それは、毎年変化してゆきます。ファースト・ヴィンテージの2000年は、『La Partenza 旅立ち』と名付けられ、ラベルのポートレイトは、コルシーニ家が代々受け継いできたものを使っています。まるでロイヤルコペンハーゲンのプレイトのように、何十年後も人々の心をかきたて、このマルシリアーナのストーリーを見守ってくれることでしょう」

とのことであります。

いつも申し上げるように輸入元の説明を鵜呑みにすることは危険であります。現在に於いては、必ずと言っていい程生産者は自分のHPを持っていますので検証してみる必要があると私は主張しています。

生産者のHPを開いてみましょう。こちらは英語版とイタリア語版の2つに分かれていますが詳細情報は必ず母国語版を見て頂きたいと思います。外国語版の更新は母国語版の後になるのが通例ですからね。

イタリアの貴族は凄いですね、HPを見ると実に広大な敷地を保有しています。その所有面積にご注目下さい。元々は何と8000haの広大な領地を保有していたのですがその内5000haを1954年に国家によって没収され現在は3000haの森林と150haの農園を保有と書いてありますね。輸入元の説明によるとかなりの面積を割愛しているようですが何か意味のある数値なのでしょうか?
▼続きを読む
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 11:55 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/02/23 06:18 PM |
higemaster |2009/02/23 05:12 PM |

Chianti Classico 2006 Fattoria Le Corti
このワインも永年親しんできたもので毎年買っています。お安いのに果実味豊富、ピッツァやスパゲティ・ポモドーロなどには普通に良く合うワインであります。ところがどういう訳か2005年ヴィンテージは買い忘れていました。気が付けば既に終売で新しいヴィンテージ2006年に切り替わっていました。

ですが瓶口が変ですよね、キャップシールが付いてないのに例のDOCGのステッカーが貼り付いてます。本来はこちらのはずですね。イタリア語だけなのでしょうか、ワインの説明もありますのでご覧下さい。

輸入元のこのワインの説明は

「ブドウ品種:サンジョヴェーゼ95%、カナイオーロとコロリーノ5%、 醸造・熟成に関して醗酵:ステンレス・タンク28℃で16日間、主醗酵後ステンレス・タンクにてマロ・ラクティック醗酵 熟成:セメント・タンク&オーク樽熟成12ヶ月 平均年間生産量:120,000本 ALC度数:13.13 % コメント:紫色を少し帯びた鮮やかなルビー色。カシス、ブラックベリー、乳酸のふわっとした香り。柔らかな口あたりに、つややかな果実味があり、旨みがたっぷり」

とありますが生産者のHPの内容とはほんの少し違いがあるようです。

毎年データは変わるので要チェックであります。
▼続きを読む
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 11:55 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/02/23 06:15 PM |
higemaster |2009/02/23 05:04 PM |

Château La Cardonne 2002 AC Médoc Cru Bourgeois
シャトー・ラ・カルドンヌ、このワインは何度か取り上げています。ブログ内検索で「cardonne」と入力頂き検索をクリックして頂くとご覧になれるはずです。

さて輸入元の説明をご覧下さい。

「ドメーヌ CGR社はLA CARDONNE(カルドンヌ)、GRIVIERE(グリヴィエール)、RAMAFORT(ラマフォール)の三つのシャトーを所有しており、その社名はその三つのシャトーの頭文字から来ています。

シャトー・グリヴィエール、シャトー・ラ・カルドンヌは、サン・テステフから北に5km程の、メドック地区の一番高い丘陵地にあります。ジロンド河に沿った緩やかな斜面にある畑では17世紀の始め頃からワイン造りを行っています。

20世紀に入ってからは、ロートシルト家の所有となり、長年にわたり、シャトー復興のために数々の努力が行われました。1970年代初頭にはブドウ畑の改良が完了し、1990年よりドメーヌCGR社が新しくシャトーのオーナーとなり、更なるブドウ栽培の工夫、ワイン造りへの最先端技術導入に取り組んできました。1993年には広大な地下セラーも完成しました。その為、ドメーヌCGR社では、飲み頃になるまで、シャトーのセラーにて熟成してくれるのが大きな強みです。」


とのことですが、生産者の本社は「Blaignan」となっております。

コミューン・ドット・コムで「Blaignan」が何処にあるか調べるとこちらになります。このコミューン「ブレニャン」から「サン・テステーフ」迄の距離はこちらの右下をご覧になると車で13㎞とハッキリ書いてありますね。

資料は正確でなければ困ります。

私の知る限り昔このラ・カルドンヌはシャトー・ラフィットの傘下にあり、品質改善のまっただ中にありました。80年代後半にいくつかのヴィンテージをテイスティングしたように記憶していますが味の記憶は全くないことから大したワインではなかったように思います。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:55 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/02/21 06:57 PM |
higemaster |2009/02/21 06:23 PM |

2月の直心
ここ直心は西宮市神楽町にありますが、こんな辺鄙な場所でもお客さんは確実に増えてきました。店内は全面禁煙、それを喜ぶ人達は他府県からも駆け付けてくれます。料理は吉兆の流れを受け継ぐものですが、本家と違うのは全て天然魚に拘ることでしょうか。吉兆で長年修行した後天然の魚をマスターするため魚屋修行を積んだというご主人、今日はどんな魚が登場するか楽しみであります。

先ずは先付け4連発、最初は「北海道産の馬糞海胆」。筏の上に並べられた海胆しか食べたことがない人が多いはずですが、殻付きの海胆は全く異なる食感であり舌触りに粒を感じることが出来ます。その粒を舌先で押し潰すと広がる甘さは堪えられません。

次は赤海鼠の生を薄切りにして紅葉おろしに浅葱を散らしポン酢で頂きます。茶振り海鼠もよろしいけど生はコリコリした食感と香りが良いですね。

温かいものとして「蒸し鮑と菜の花の薄葛餡、振り柚子」はほっこりする優しい味わい。

先付けの最後は富山湾の蛍烏賊。生ですがイカフネと目玉は取り除かれ食べるときに何の邪魔もありません。

お椀は宍道湖の白魚に生若布、熨斗人参に吸い口は木の芽。

向こう付けはいつも2種類ですが先ずは淡路島の沼島産天然鮃は何と2.2キロという大物です。この鮃大変スマートな流線型をしており、目の前で薄造りに引かれていきます。大きな縁側と生肝が添えられポン酢で頂きます。

次は巨大な天然帆立貝。ヒモは綺麗に掃除され貝柱と共に生で頂きます。内臓は茹でられ山葵醤油で。信じられないほどの甘さに吃驚!

凌ぎは2種類。のれそれは旨出汁が掛けられ生青海苔と混ぜて頂きますが、青海苔の香りが素晴らしいのです。

次は花山葵を割り醤油で! ツーンと効く山葵の辛さがたまりません。
▼続きを読む
| 食べ歩き::直心の会 |
| 11:55 PM | comments (4) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/02/23 06:11 PM |
dekushi |2009/02/23 04:33 PM |
Georges |2009/02/21 06:52 PM |
higemaster |2009/02/21 06:16 PM |

Chianti Classico 2006 Fattoria Viticcio
このワインは以前こちら でご紹介しました。

裏ラベルがこちらです。キアンティ・クラッシコは地図の中心部赤いゾーンです。

いつも申し上げていますがワインは地図を理解できないと覚えられません。

生産者の中には自分の葡萄畑が何処にあるか示しているところもたまにはありますが(ドメーヌ・メオ・カミューゼなど)、殆どのワイン生産者は無関心なご様子であります。

ワインの理解を高めるには、裏ラベルにそのワインの最新情報を記して頂きたいと考えますが如何でしょうか。

このワインの場合、説明がイタリア語だけです。

輸出用なのですからせめて英語で書いて頂きたいと思います。

さて開けてみましょう。
▼続きを読む
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 11:55 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/02/20 05:16 PM |
higemaster |2009/02/20 05:09 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年02月
All Rights Reserved./Skin:oct