ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ボージョレ・ヌーヴォーの賞味期限は・・・・
今から1年と少し前に空輸された2007年のボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー、生産者はポール・ボーデのために造られたシャトー・デ・マラドレとなっています。このワインは頂き物同然で譲り受けた物です。

先ずは輸入元の説明をご覧下さい。

シャトーは現在のオーナー、ジャン・ピエール&ポール・ラクロワ兄弟の祖先であるロッシュ家により1860年に建設されました。当時パリ~リヨン間の鉄道の開通に伴い、リヨンの中産階級の家が郊外で休暇を過ごす習慣が浸透しつつありました。このシャトーも当初はそういった別荘としての目的で建設されたものでした。
現在はボージョレで安定した高品質を誇る生産者ポール・ボーデ社に生産・販売が依託され、その管理の下、より高い品質を目指して厳しい収穫量制限を行なう等の努力が続けられています。

シャトーはブルイィから南へ15km程離れたサン・ジュリアン村のエスパーニュと呼ばれる小村に位置し、南から南西向きの急勾配の斜面に畑が広がります。この標高300~350mの畑は全体で18haほどの広さで土壌は50%が花崗岩質で残り50%が石灰質です。高樹齢のブドウ樹で収穫量を制限して生産するため非常に凝縮した長命なボージョレ・ワインを産出します。シャトー・デ・マラドレはポール・ボーデ社のワインの中でも最も熟成に耐えるワインに位置付けられます。
醸造方法はボージョレの製法であるセミ・マセラシオン・カルボニック方式で行われます。
貯蔵は凝縮感を出すために、現在もボージョレの伝統的なオークの大樽で行われ、冬の終わりに瓶詰めされます。


最後の一節はプリムールには当て嵌まりませんが説明としては的を射ております。

先日の2006年は予想通りでしたが1年前のヌーヴォーの状態は如何に?
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:38 PM | comments (0) | trackback (x) |

Bourgogne Chardonnay 2006 Cuvée Prestige Maison Jean-Philippe Marchand
ジュヴシャンの記念碑前に生産者の本社がありますが少し離れたところのお菓子工場の跡に近代的なワイン生産設備を備えた「工場」を構え、ワインだけではなくリキュールや最近はマスタードやチョコレートなども造っているところであります。生産者のHPはこちら日本語版もあるのでご理解しやすいかと思います。

この「ブルゴーニュ・シャルドネ・キュヴェ・プレスティージュ」は樽醗酵樽熟成で限定3,000本とのことですがこれはサンプル・ボトル。と云っても樽熟成途上の物を瓶詰めしたのではなく、瓶詰めの段階でサンプルとして調達された物と思われます。

生産者のHPにこのワインの記載はありません。日本人向けに「限定生産物」として造られたのでしょうか?

まあ「限定」に弱いのは日本人だけではないようですけど・・・・。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:38 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/01/26 05:10 PM |
higemaster |2009/01/26 04:44 PM |

Beaujolais-Villages Nouveau 2006 Domaine Ruet
2年と少し前に空輸されたボージョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーです。痛んでいるかも知れないからと無料で頂戴しましたが「ノン・フィルター」とのことで澱があるかも知れないのでしばらく立てておきました。

キャップシールはくるくる回るのでまず安心ですがコルクを引き抜くと横漏れも全くなく健全そのものでコルクの変形も殆どありません。液体に触れた部分の色だけは最近のワインと比べかなり暗い紫色に染まっているのが古い証拠でしょうか。

香りは所謂ガメイ臭は消え、結構好ましい状態であるみたいです。

グラスに注ぐとやはり色の美しさはありません。赤紫色のまま立ち枯れして黒ずんだと云えばお分かり頂けるでしょうか? ですが濁りなど一切ありませんし、妙な匂いも出てきません。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:58 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/01/26 04:53 PM |
higemaster |2009/01/26 04:30 PM |

Pinot Noir Collection Réservée 2001 Vin de Pays de Franche-Comté Vignoble Guillaume
ヴァン・ド・ペイ・ド・フランシュ・コンテがワインの生産地を定める名称であり、ブルゴーニュはディジョンの東に位置するCharcenne というコミューンにある葡萄栽培兼ワイン生産者ヴィニョーブル・ギョームの造るワインであります。葡萄品種はピノ・ノワール、この生産者はワイン造りより葡萄の苗木造りで世界的に有名なところでありますが、これに大きな異論を唱える人が大阪にお住まいとのことであります。

ならば、先ずその苗木屋さんのHPを見ることにしましょう。こちらがそのHPですが葡萄の苗木とか台木を造っているかなり大きな会社であることが理解できます。HPの写真右上に所在地と電話番号が載っていますね。

次にワインの首にぶら下がっていた栞みたいなものに注目すると会社名こそ違うものの電話とファックスの番号は全く同じであります。

従ってこのワイン生産者は同時に葡萄の苗木を造っているところと経営が同じであると考えるのが妥当であると申せます。


▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:46 PM | comments (0) | trackback (x) |

天然河豚丸安@甲子園口


▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 11:59 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/01/25 06:08 PM |
higemaster |2009/01/25 05:48 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年01月
All Rights Reserved./Skin:oct