ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

第286回ワイン大学定例会はコンサート付き
ワイン大学定例会初のピアノ演奏付きの食事会。ところが定刻になってもそのピアニスト氏は現れません。ですが本日は別のピアノの先生もお越し頂いていたので演奏をお願いしました。ショパンのエチュード作品25-7、ベートーヴェンのピアノソナタ「テンペスト」、ショパンのノクターン遺作そして同じくノクターン作品9-2。何とか食事タイムの午後7時を迎えることが出来ました。
で、午後7時を過ぎたので本日のワインの説明をし始めたところやっとピアニスト氏が走ってご入場されました! 時間の関係ではじめの部分だけでしたがリストのメフィストワルツを弾いて頂き、まだ4名程来られていなかったこともあったので予定していたもう一つの曲、ショパンのバラード第1番を(全曲)弾いて頂きますと・・・いやいや、恐れ入りました、とてもアマチュアとは思えない演奏に大きな拍手がわき起こりました。
来春パリで開かれる国際アマチュアピアニストコンクールに出場されるとのことですが、プロのピアニストもビックリの名演奏でありました。

さてお料理です。

最初は先日も好評だった「牡蠣の冷製、海水のジュレとトマトのクーリ」、シャンパーニュとの相性も非常によろしい。

次はキャヴィアのジュレとカリフラワーのムース。これまたシャンパーニュとの相性はバッチリです。
例えばアワビの冷製に海胆をのせそこへキャヴィアを盛るような料理、テレビで見かけますがハッキリ言って味が拮抗して旨くありません。キャヴィアを美味しく食べるにはキャヴィアの味を引き立てる添え物が必要であります。それは例えばゆで卵であるとか或いは蕎麦粉のベーニエなど。主役と脇役を考えない料理など見た目は良さそうですがズバリ申し上げて愚の骨頂。キャヴィアを美味しく食べるにはシンプルな取り合わせが一番です。夏場ならヴィシソワーズをアイスクリームみたいにしてそこへキャヴィアを天盛りにすると良いでしょう。

次はヨコワ鮪のカルパッチョ。カルパッチョと云っても実に分厚い切り身であります。丁度良い感じにマリネされています。
▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 11:52 PM | comments (3) | trackback (x) |
コメント一覧
higemaster |2008/12/27 01:47 AM |
Georges |2008/12/26 11:37 PM |
しのりん |2008/12/26 06:50 PM |

京都某所で密やかに^^!
クリスマスに、とくにイヴにフレンチやイタリアンには行かなくなりました。どこもかしこも似たようなメニューばかりで食指が動きません。ですが唯一行きたいと思ったメニューがあります。それはこちら、お値段が安いのにメニューの構成が素晴らしいではありませんか。ですが若いカップルの予約が一杯のはずなのでオッサンは場違いでしょうから遠慮しました。
そこでワイン大学メンバーのお一人と訪れたのがこちらのお店。カウンターには宮川町の綺麗所がいっぱい座っておられ、春が来たような華やかな雰囲気が漂っています。さすがは京都の隠れ家、祇園言葉もごちそうの一つ、若い舞妓さんと隣り合わせに食事できるとはまことに幸せなイヴとなりました。

先ずはコッペ蟹、ビッグサイズゆえこれ一つで結構お腹がふくれます。

次はゴマ和え。菊花が彩りよくこんにゃくがメチャ旨、色々食べ歩いてきた人達が集まる理由がこの一皿で分かります。

自家製の唐墨、添えられる大根の甘いこと!

聖護院大根の煮物(冷製)に鮟鱇の肝。もちろんただの肝ではございません。

次は蓋付きの器で登場のイカウニ^^! アオリイカが中に隠れていますがこの緑色のソースが驚きの味なのです。
▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 11:38 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2008/12/25 04:54 PM |
higemaster |2008/12/25 03:23 PM |

Concerto
コンチェルトの右横に登録商標を示すのでしょうかRが○で囲んでありますので、これは商品名。ワインはDOCのカテゴリー「Reggiano」、このワインのヴィンテージ違いのものはこちらでご紹介しました。

さてDOCレッジャーノは大きく4種類に分けられこちらに詳しく書いてあります。即ちビアンコ・スプマンテ、ランブルスコ、ランブルスコ・サラミーノ、そして単なるロッソの4種類でこのワイン「コンチェルト」は「Reggiano Lambrusco Salamino」に属する物であります。

さてDOCレッジャーノ、どれだけ種類があるかと申しますと・・・コピーします。
Bianco Spumante
Spumante, White, Dry

Lambrusco

Ros・ Dry
Novello Ros・ Dry
Ros・ Sweet
Novello Ros・ Sweet
Red, Dry
Novello Red, Dry
Red, Sweet
Novello Red, Sweet
Frizzante, Ros・ Dry
Novello Frizzante, Ros・ Dry
Frizzante, Ros・ Sweet
Novello Frizzante, Ros・ Sweet
Frizzante, Red, Dry
Novello Frizzante, Red, Dry
Frizzante, Red, Sweet
Novello Frizzante, Red, Sweet

Lambrusco Salamino

Ros・ Dry
Ros・ Sweet
Red, Dry
Red, Sweet
Frizzante, Ros・ Dry
Frizzante, Ros・ Sweet
Frizzante, Red, Dry
Frizzante, Red, Sweet

Rosso

Red, Dry
Novello Red, Dry
Red, Sweet
Novello Red, Sweet
Frizzante, Red, Dry
Novello Frizzante, Red, Dry
Frizzante, Red, Sweet
Novello Frizzante, Red, Sweet

フランスワインと違って一杯ありますね。
▼続きを読む
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 11:48 PM | comments (1) | trackback (x) |
コメント一覧
higemaster |2008/12/24 05:04 PM |

Domaine de Courteillac 2005 AC Bordeaux Supérieur
ドメーヌ・ド・クールタイヤックと発音するはずのこのワイン、例のミッシェル・ロラン氏の手を借り大々的に売り出そうとしていたのに違いありませんが、内輪もめなのでしょうか現在ミッシェル・ロラン氏は離れ、ステファン・デュルノンクール氏がコンサルを務めているとのことです。

しかし輸入元の説明はお粗末です、ご覧下さい。

「1998年にドミニーク・メヌレ氏が購入したシャトー。場所はサン・テミリオンに程近いアントゥル・デュ・メールに位置しており、サン・テミリオンやコート・ド・カスティヨンに近いテロワールを有しています。」(原文そのまま)

ワインは地図を読むことが出来ないと説明は無理であります。

何度も申し上げますがドルドーニュ川とガロンヌ川に挟まれた中州は「Entre 2 mers」であり「アントル・2(ドゥー)・メール」と表記して貰わないと困ります。

で、こちらをご覧下さい。

ここがその生産者のあるコミューン、Ruchですが、ご覧の通り普通説明するなら「ボルドーとベルジュラックを結ぶ直線のほぼ中間点から10キロ程南の地点」であり、アントル・ドゥー・メールのほぼ中心的な位置にある訳で、サンテミリオンとは20キロ以上離れております。

普通歩いたら5時間以上かかるところを「程近い」と表現するのは如何なものでしょうか。

かなり余計なことまで記載してありますが、葡萄品種が明記してあるのは消費者にとっては有難いこと、大いに推奨したいと考えます。

出来ることならタンク熟成か樽熟成かもハッキリして頂きたい、また収穫量も大体の目安になるので記載して頂くと有難いと思いますがやらないでしょうね。

アペラシオンはボルドー・シュペリュール、念のためINAOのHPから「Ruch」をコミューン検索してみましょう。

LR - IGP --Agneau de Pauillac
AOC - VQPRD --Bordeaux
AOC - VQPRD --Bordeaux supérieur

LR - IGP --Canard à foie gras du Sud-Ouest
AOC - VQPRD --CREMANT DE BORDEAUX
AOC - VQPRD --ENTRE-DEUX-MERS

LR - IGP --Jambon de Bayonne
IGP --Pruneau d’Agen

ワイン関係では太字の4つが該当します。ワインに関してはかなり細かい法律ですがその他の農産物についてはかなりアバウトであることも覚えておくと損はないでしょう。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:38 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2008/12/23 05:48 PM |
higemaster |2008/12/23 05:13 PM |

Sancerre Lachaume 2007 Domaine Michel Thomas
サンセール・ブラン2007年ローラン&ミッシェル・トマのワインです。

敢えてアップでは撮りませんでしたがキャップシールのトップには無造作に開けられた3つの孔があります。

コルクは何の処理も施されていない天然物、こういった白いコルクに限ってブショネが多いというのが私の感想でありますが今日のは大丈夫でした。

シレックスとは開けた時点で香りが異なりますが例年よりも残留亜硫酸レベルが高いのでしょうか、香りは閉じ気味であります。

グラスに注ぐとやはりかなりの気泡が生じ色は至って薄い目、シレックスと比べると青い成分は少なめで薄い黄色と云ったところです。

口に含むと刺激的な酸が強すぎます、しばらくセラーに寝かせて落ち着くのを待った方が良さそうです。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:46 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2008/12/22 05:50 PM |
higemaster |2008/12/22 05:24 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2008年12月
All Rights Reserved./Skin:oct