ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Château Grand-Jean 2005 AC Bordeaux Supérieur
昨日に引き続きアペラシオン・ボルドー・シュペリュールのワインです。
生産地はラベルに書いてある通り Soulignac で場所はコミューン・ドット・コムから こちら をご覧頂ければお分かりになると思います。

尚、先日来これらのリンクがうまく繋がっておらずご迷惑お掛けしました。現在は復旧しておりますので何卒よろしくお願い申し上げます。

昨日の場所と比べるとかなりボルドーに近くはなりますが甘口ワインの生産地セロンから北東に10キロほどのやはり同じアントル・ドゥー・メールの中にあるコミューンです。

何度も申し上げますがこの「アントル・ドゥー・メール」、フランス語で表記すると「Entre Deux(2) Mers」、然るに「アントル・デュ・メール」とか「アントル・・メール」などと平気で呼んだり書いたりしているプロの人達を見かけます。

意味が分かっていないからそう表現するのでしょうね。

ところでアントル・ドゥー・メールのボルドーに近いところ Bouliac に昔1980年代にル・サン・ジャムスという当時2つ星のレストラン兼ホテルがありました。

モダンというかかなり風変わりなレストランで、お部屋のベッドが驚くほど背が高くよじ登るのが大変だった思い出があります。

床は大理石、ですからベッドから転げ落ちたら大怪我しそうな状況でした。

旅の思い出というもの、普通のお部屋とか普通の食事など記憶からすぐ無くなってしまうのに不思議なものですね。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:47 PM | comments (0) | trackback (x) |

Château de l'Aubrade 2005 AC Bordeaux Supérieur
ボルドー・シュペリュールの赤ワインです。ボルドー・シュペリュールを名乗れる地域は大変広いのですが、専門家でもその認識がない人が結構居られますのでこちら をご覧下さい。

画面上のZONE DE PRODUCTION DU RAISIN :
+をクリックするとそのコミューンが現れますがジロンド県の何と503ものコミューンがその範囲にあるのです。

次にこのシャトーの所在地はエチケットから「Rimons」となっていますのでそのRimonsをコミューン・ドット・コムで見てみましょう。ライモンと発音するのかリモンなのか判りませんが場所はこちらです。

画面右手フランス全土の地図に○印で表示されていますが、その○印をクリックすると詳細な地図が現れます。

ボルドーの範囲ではありますがアントル・ドゥー・メールの端っこ、南西地方のコート・ド・デュラやコート・デュ・マルマンデに近い場所であることが判りますね。

この付近の土壌は様々で粘土質ならメルローに向きますが砂利質のところも結構あるはずです。

ではボルドーと南西地方のワインとは何を以て区別しているのかご存知でしょうか?
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:33 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/03/31 05:11 PM |
またはち |2009/03/30 10:31 PM |

seis de Azul y Garanza 2006 D.O.Navarra Selección Especial
私の全く知らないワインですので輸入元の説明をご覧下さい。

「ワイン造りとは自然な表現が生まれる手助けをすることだ」という考えを共有するダニーとマリア。
バルセロナの醸造学校を卒業後、国内のみならずブルゴーニュ、オーストラリア、南ア、アルゼンチン等で修行し、2000年に地元ナバーラでワイナリーを設立。
一目惚れしたという畑は、ヨーロッパ最大の砂漠ラス・バルデナス・レアレスの一端に位置、乾燥した北風はブドウ栽培には最高の環境を持ちます。
「アスル・イ・ガランサ」の畑はヨーロッパ最大の砂漠といわれるラス・バルデナス・レアレスに隣接する「エル・ユーゴ」という区画にあります。
粘土石灰質土壌、降水量が少なく(年間350l/㎡)、昼夜の寒暖差が激しい(±15℃)等、砂漠地帯と同じ気候のため、収穫量は自然と低くなり、果実は小さく、完璧なバランスの取れた凝縮度の高いブドウができます。

名前の由来 ~アスル・イ・ガランサ~
「ガランサ」は、輝きのある深い赤色を意味します。これに「アスル」(青色)が混ざると、フレッシュで凝縮感に溢れた果実の色即ち赤ワインの色になります。


次にこのワインに関するデータをコピーします。

スペイン ナバーラ D.O.
ブドウ品種 : カベルネ・ソーヴィニヨン 60%、メルロー 40%
樹齢 : 平均18年
土壌 : 粘土石灰質
栽培面積 : 8ha
収量 : 30hl/ha
年間生産量 : 35,000本
醗酵 : コンクリート・タンク
熟成 : オーク樽熟成 10ヶ月(225L、300L。新樽比率 30%)



▼続きを読む
| ワイン日記::スペインワイン |
| 11:45 PM | comments (0) | trackback (x) |

Bourgogne Blanc 2005 Domaine Tollot-Beaut

このワインは去年の12月に拙ブログにてご紹介申し上げましたが久し振りに開けて熟成の度合いを見ようと思います。 

先ずは昨日のワインの詳細について書き忘れておりました事を述べます。Chianti Classico 2006 Fattoria Viticcio のセパージュですがサンジョベーゼが91%、メルロー9%とのことです。樹齢5年から26年の葡萄樹とのことで醗酵はステンレスタンクの主醗酵の後オーク樽にてマロ・ラクティック醗酵を行う。新樽を使わない樽熟成は12ヶ月(225L樽)で瓶詰め後3ヶ月は移動させないなど品質にこだわりを感じます。

大切なことはワインとしての安定感、アルコールが落ち着いていることです。

出来立てホヤホヤのワインはアルコールが不安定でそのためでしょうか悪酔いの元であります。日頃ワインには熟成が必要と仰っているソムリエ諸氏が11月の半ばには手のひらを返したようにヌーヴォーをお勧めになります。

フランスの一田舎ワインを21世紀になってもまだ騒ぎ立てるのはワイン文化の進んでいない証左であります。ワインという飲み物、普及しているようで実はまだまだであり、ファッションで飲んでいる人が大半と云うことでしょうね。 
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:39 PM | comments (0) | trackback (x) |

Viticcio Chianti Classico 2006 Fattoria Viticcio
キアンティ・クラッシコでは最も良くできたワインの一つ(と云うか私の個人的な好みだけなのですが)で、最近はワインスペクテイター誌の評価も高いようであります。
何が好ましいかと申しますと先ず香りが自然であり、人工的な胡散臭さがありません。見た目はかなり色濃いのでビックリされるかも知れませんが味わいは極めてナチュラル。即ち刺激的な酸やえげつなさとは無縁のワインであります。

ですが知り合いの喫煙者に勧めると「頼りない味やなあ・・・」と一蹴されてしまいました。喫煙者特にヘビースモーカーの人達、我々非喫煙者から見たら信じられないほどえぐい味がお好みの様子です。と云うのは私がまるで受け付けない強い刺激のある赤ワインを「これ、メチャ旨いやん」と絶賛するのであります。人の好みはそれぞれでありワインの好みは違って当然ですが、ここまで違うものなのかと改めて認識した次第であります。

私の好みは素材そのものの味を生かした料理であり魚は造りやタタキ、肉も同様、また火を通す料理でも基本的に生で食べられるものに限って調理するか、もしくは調理して貰います。香辛料などは胡椒か山椒位で唐辛子の類は好んで量は食しません。従ってエスニック料理や四川料理などは以ての外、カレーなども辛すぎるものは遠慮しています。また脂の強い料理なども敬遠しますので豚骨ラーメンなども首尾範囲外であります。ブログに書いている通りの食生活ゆえ偏食気味と云われたらその通りかも知れません。

日頃は自分で作る料理にワインを合わせますが、料理は自然派でありながらワインのビオと呼ばれるものについては全く好みではありません。

こういった好みの人間のワイン選びであることをご理解頂ければ有難いと思います。
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 11:29 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2008年09月
All Rights Reserved./Skin:oct