ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château d'Aiguilhe 2004 AC Côtes de Castillon
8v0125-1.jpgもうかなり昔のことですが鳴り物入りで登場したシャトー・デギュイユ、いつの間にか驚くほど高くなっているのですね、知りませんでした。確かこのワインを大きく取り上げたのはワインスペクテイターではなく当時はまだごく一部の人しか読んでいなかった「La Revue du Vin de France」だったはず。ネットでの情報が少なかった頃は専ら専門誌が少なからず影響力を持っていたかも知れませんが今は状況がかなり変わってきています。
でも専門誌が騒ぎ立てたところで価格が篦棒に上がることはあまりなかったはず。ところが日本の場合、中高年層まで愛読者がいる男性向け雑誌の影響力が強いとのことと聞き及んでいます。例えば「Luce」、このワインを当時としては破格の6万円で売ったのがエノテカ・ピンキオーリ東京銀座店ですが、それをさも妥当かの如く喧伝したのはこの雑誌であります。ロサンゼルスやサンフランシスコのワインショップでルーチェを買い漁る日本人を見かけたのはこの雑誌の発売以降で、その後ヨーロッパのネゴシアン全般にまで価格高騰現象が見られました。一般の人の購買意欲は恐ろしいと思ったのもこのころのお話です。
で、いつの頃か忘れましたがこのシャトー・デギュイユが国内市場に出た頃は確か日本円で定価2500円前後、ところが今日購入したのは定価で税別5200円もしました。為替の影響もありますが所詮はボルドーACに少し毛の生えた程度のアペラシオンとしては恐ろしいほど高くなったものであります。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 03:35 PM | comments (0) | trackback (x) |

ワイン大学第275回とんがらし@淡路
昭和60年(1985年)スタートのワイン会ですが今回で22年目を終え、来月は23年目に突入することになりました。「ワインは食事と共に楽しむもの」をモットーにこれからも毎月続けていきたいと思っております。普段はフレンチ・レストランにお願いするのですが今回は阪急淡路駅東口から歩いて1分のイタリアン「とんがらし」で開催することになりました。
uv275-01.jpg
本日のアミューズは「パテ・ド・カンパーニュ、ピクルス添え林檎のピュレとマスタード」。ピスタチオの入ったパテと赤ピーマン、椎茸のピクルスが面白い。

▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 03:34 PM | comments (0) | trackback (x) |

Château Chantelune 2005 AC Margaux
8v0123-1.jpgシャトー・シャンテリュン、エチケットを見る限り「月に歌う」と云うより「月に向かって吠える」という意味なのでしょうね。初耳のシャトーですが、アペラシオンはマルゴーと云うことで2度ビックリです。
で、輸入元のHPを開いてみると「オーナーのホセ・サンファン氏は現在もカントナック・ブラウンのエノロジストを務めている。シャンテリュンはラスコンブといった銘醸シャトーの近くの丘陵地にあるという恵まれたテロワール」とのことですが、肝心な説明が抜けているのではないでしょうか?
私としては、このシャトーはいつ、誰がどれだけの広さのシャトーを設立したのか、ファースト・リリースはいつなのか、そういったことを伝えるべきと考えます。で、ネットで調べたのですがそれらしきシャトーのHPはヒットしませんのでこちらを見るとこのオーナー、ホセ・サンファン氏はAXAミレジムの関係者のようであります。
元に戻り輸入元のHPの資料から「フレンチオークにて18ヶ月熟成(225L、新樽比率50%) 」とのことですので強い樽香が予見できますが果たしてどんなワインなのでしょうか?
キャップシールは若干薄いですが錫箔でつや消しの鉄紺色に染められ、銀色の上弦、下弦そして満月があしらわれています。トップは3本の麦穂?にシャトーの名前がレリーフ、孔はありません。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 03:32 PM | comments (0) | trackback (x) |

Château Roque Le Mayne 2005 AC Côtes de Castillon
8v0122-1.jpgしばらくワインは一滴も飲まなかったので異常なほど感覚が鋭くなってます。特に嗅覚が鋭敏になっておりたまにはアルコールを抜くのも必要なことであるようです。また味覚に於いても、とにかく味濃く感じますが、特に塩分を強く感じます。日頃薄味で料理を作っていますが塩分はもっと控えても良いかも知れません。週に一度のアルコール抜き、月に一度の断食など実践したら身体に良いのでしょうね。
さて久しぶりのボルドー2005年の検証の続きボチボチ再開です。「シャトー・ロック・ル・メイン」と読むのでしょうか、コート・ド・カスティヨンのワインであります。私がワインを覚え始めた頃のアペラシオンは「ボルドー・コート・ド・カスティヨン」、扱いは単なるボルドーに少し毛の生えた程度のワインでしかありませんでした。今や右岸のフロンサック並みの高いものまで現れてきたので上級アペラシオンみたいに思っている人がいるようですがとんでもないお話しであります。一部の提灯担ぎが騒ぐ銘柄以外はACボルドーと変わらない安価なものが多いはず、右岸のワインを全て高いものと見なすのは遠慮頂きたいと思います。さてINAOのHPから調べてみるとアペラシオンの範囲にあるコミューンは次の通りです。「Belvès-de-Castillon, Castillon-la-Bataille, Gardegan-et-Tourtirac, Puisseguin, Saint-Genès-de-Castillon, Saint-Magne-de-Castillon, Saint-Philippe-d'Aiguille, Sainte-Colombe, (Les) Salles-de-Castillon 」このシャトーがあるサン・マーニュ・ド・カスティヨンももちろんこの中に含まれています。ワイナリーのHPはエチケットにURL記載はあるもののまだ完成していないようであります。
早速開けてみましょう。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 03:30 PM | comments (0) | trackback (x) |

閑話休題
8p0122.jpg実は体調不良で寝込んでおりました。元気だけが取り柄でしたが年のせいでしょうか、ワイン会に備えて禁酒生活を強いられております。そんなわけでワインを飲むことも出来ず食べにも行けずでおとなしくしておりますが今日は我が家のペットをご紹介、ハムスターのPeuであります。去年の8月31日に我が家に来てからケージからの脱走経験が何と3回。一回目は逃走から3日後にようやく捕獲、2回目は諦めかけた5日後に発見、3度目は翌日見つかるというラッキーなヤツです。ケージを半分プラスティック製の3階建て構造の物に買い換えたのでもはや脱走は不可能となりました。夜行性で夜中にホイールを回転させ煩かったのですがサイレント・ホイールなるシールドベアリング搭載の物に買い換えたら驚くほど静かになりました。昼間は寝ているのですが無理矢理起こして写真撮影しようと思ったらじっとしていません。このPeuですが結構大食漢で、口の周りの袋に餌をため込む習性がありその顔はとてもユーモラス。たまに立ち上がり両手でもみ手するような仕草がとても愛らしい小動物であります。
さて昨今のワイン事情ですがボルドーの所謂有名シャトー物やブルゴーニュの人気ドメーヌ物に関してはロシアと中国そして最近はインド(?)からの引き合いが多く値上がり傾向に一段と拍車がかかっております。だからと云って「今の内に買っておかないと・・・」と焦る必要はありません。以前から申し上げているように今の人気銘柄に関しては異常な高値が続いており、いつ暴落するのか、それがもう目の前に迫っているのかも知れないのです。

▼続きを読む
| ワイン雑感 |
| 03:28 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年01月
All Rights Reserved./Skin:oct