ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

1本飲んだだけで判断してはいけません!
7v0331-01.jpgこれは先日ご紹介したワインと同じ Château Queyreau de Haut 1996 AC Bordeaux Supérieur なのですが先日の物とは違い、かなりの量の澱が発生しています。先日開けたワインは全く澱の発生がありませんでした。コルクの着色もかなり違いますがこれはあとで述べることにします。例えば2005年のワインであればブショネでない限り一本だけである程度の判断は出来るかも知れませんが、生産から10年程経過したこのワインのような場合複数のサンプルをテイスティングする必要があると思います。今日開けたのは味わいに濃さが加わり先日の物より数段高級品のように感じます。
注目して頂きたいのは澱の出方です。澱の粒が結構大きくデカンタしなくてもワインは濁りません。ボトルの内壁にこびり付いている訳ではありませんがグラスに注いで澱が大量に流出することなく最後まで気にせず飲むことが出来ました。このように粒の粗い澱の発生はワインが正常に熟成したとき見られるもので、細かい煙のような澱の発生は私の経験では保管状況に問題があるときが多いと思います。先日の補足となりますが細かい澱が舞う、あるいは粒状ではなく薄い小片の形の澱が発生してボトルを揺らすとそれが沈むのに時間が掛かる場合はワインの状態としては良くありません。年代物ワインを選ぶときに試してみて頂ければ失敗することはないと思います。


▼続きを読む
| ワイン日記 |
| 01:28 PM | comments (0) | trackback (x) |

これが偽物ワインだ! その1
7v0330-01.jpgワイン大学会員の皆様には先日 Romanée-Conti の偽物画像をお知らせしましたが、これは約15年前とあるワインバーで飲まされたれっきとした偽物 Henri Jayer のボトルであります。既にこの頃大量の偽物が出回っておりましたが気付いたのは私の周りでは2人だけ。飲んだことのない人は「さすがは Jayer !」と仰っておられましたが私は蔵にまで行って本物を何度も味わっており、また1980年代にはタイユヴァンで安かった Jayer のワインを結構数飲んでおり、味の違いは明らか。で、記念にと持ち帰ったのがこの瓶であります。本物と比べることが出来れば良かったのですが、当時はワインバーで飲んでも確か3万円程度の物。本物はかなりの本数を持っていましたが、まさか今のような狂乱価格になることなど思ってもみませんでした。お知らせしなければならないのは海外からのオファーであります。何処かとは申し上げませんが送られてくるリストの中に Henri Jayer のワインは何種類もまた何ケースも提示されています。しかし直接買ったレストランなどが手放すはずもなく、本人から直接聞いたのですが毎年相当数の数を引き取ってくれる某国のワイン卸業に売ってしまうとのこと。だったらフランス各ネゴシアンに流通しているモノは何なのか? 私はその大多数がフェイク・ボトルであると想像します。


▼続きを読む
| ワイン雑感 |
| 01:05 PM | comments (3) | trackback (x) |
コメント一覧
Grappa |2015/06/10 06:59 PM |
Georges |2015/06/10 01:19 PM |
Grappa |2015/06/09 03:47 PM |

西宮市神楽町 料理直心
更新が遅くなりました、飲み過ぎです。カウンターを8名で貸し切り状態、お集まり頂いたのは元某国営航空会社の客室乗務員ほかワイン大学女学生グループ? キノコ博士S先生が唯一の男性メンバー。目の前のまな板で調理されますので見ていてとても楽しいですここのお店。食べたものは後ほど写真と共に更新したいと思います。
飲んだワインは次の通り。
1. Champagne Beaumont des Crayères Grande Réserve Brut NV
2. Sancerre Silex 2005 Domaine Michel Thomas
3. Mâcon l'Expression du Chardonnay 2005 Domaine Sainte Barbe
4. Château Queyreau de Haut 1996 AC Bordeaux Superieur

▼続きを読む
| 食べ歩き::直心の会 |
| 01:03 PM | comments (0) | trackback (x) |

Crémant de Loire Louis de Grenelle Brut NV Caves de Grenelle
7v0328.jpg以前ご紹介したのはこちらをご覧下さい。いつも申し上げるようにここのところのユーロ高が起因してシャンパーニュの値上げ(便乗値上げもかなりあります)がきつく、これからの泡の季節に今一度安くて良い物を探すことにしました。いつも買っていたクレマン・ド・ブルゴーニュは味わいが薄っぺらくなってしまいましたので買いません。いつまでも続くと思ったら大間違い、味を落とすと買わなくなる人がいることを忘れて貰ったら困ります。で、候補のはじめとして飲んでみたのがこの泡です。このボトルには L20506 CL F の印字がありますので以前のとは違うロットであることは明らかです。外観は変わっていませんのでクレマン・ド・ブルゴーニュのように裏切られなければよいのですが・・・。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:44 AM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2007/03/31 01:10 PM |
徒然わいん |2007/03/31 01:10 PM |

ワインは現物をよく観察して買いたい
「ワインは観てから買う物」です。従って私はネットでワインを買う事はまずありません。しかもよく観察しないとあとで後悔する事になります。まずどの教科書にも書いてある事ですが「瓶の中身が減っていない事」を確認します。もちろんラベルが汚れていないのは当然ですが、次はどうされますか?
私はキャップシールがクルクル回るかどうか確認します。中にはボトルにへばり付いているモノもありますがこれは無理に回さない事です。もっともそれなりの価格のモノはほとんど樹脂製の物はありませんので大概の場合漏れがない限りクルクル回ります。回らないものは避けるべきでしょう。
ですがこれだけで買い物かごに入れてはダメです。中身の色にご注目、白ワインなら並べてよく観ると色の薄そうな物が殆どなら、濃く見えるものは避ける事です。赤ワインも同じで色の濃い薄いは判りませんが濁っている物は他の物と比べるとお分かり頂けるはずです。

▼続きを読む
| ワイン日記 |
| 11:38 AM | comments (5) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2007/03/31 01:09 PM |
徒然わいん |2007/03/31 01:09 PM |
Georges |2007/03/31 01:08 PM |
徒然わいん |2007/03/30 11:41 AM |
通りすがり。。。 |2007/03/30 11:41 AM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2007年03月
All Rights Reserved./Skin:oct