ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Chateau Croix de Versannes 2002 AC Saint-?milion Eric Degliame
結論から申し上げますと、3000円定価にしては実によくできたワインです。ポムロールのマイクロワイナリーだったら恐らく1万円以上するワインになっていたことでしょう。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 09:46 AM | comments (0) | trackback (x) |

Tormaresca Negroamaro-Cabernet 2001 Puglia IGT
またしてもプーリア州のワインです。トルマレスカという会社、オーナーは Renzo Cotarella という人物で立派なHPをお持ちですが何故かこのワインは載っておりません。似たようなモノに“Neprica”というのがありますが、後継者なのでしょうか? 輸出に力を入れる大手生産者なのでしょう。

▼続きを読む
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 11:57 AM | comments (0) | trackback (0) |

Gravina 2002 Botromagno
イタリアはプーリア州のDOCグラヴィーナの白ワインです。蔵元のHPから葡萄品種はグレコという品種60%、マルヴァジア40%とのことです。早く飲んだ方がよいとの説明がありますが今日開けたのは2002年で時既に遅しかも知れません。

▼続きを読む
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 11:53 AM | comments (0) | trackback (0) |

ワイン大学第254回ル・ポン・ド・シェル
ワイン大学でこのレストランは2回目になりますが今回は新しいシェフ、パスカル・ロニョン氏のお料理です。私はフランス人シェフ初代のメディグ・フレデリック氏の頃からお邪魔させて頂き、シャトー・ムートンのバロンヌ・フィリピーヌ・ド・ロッチルドを招いて関西財界のメンバーと引き合わせたのもこのレストランです。思い返せばかなり長いお付き合いですが夜景は相変わらず素晴らしいので是非訪れて頂きたいレストランであります。

▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 10:15 AM | comments (0) | trackback (x) |

Valle dell'Asso Salento Bianco 2003
梟のラベルは南フランスのワインで有名ですがイタリアにもありました。どちらが本家かは知りませんが裏ラベルのそれはもっと似ていると思うのですが・・・。

▼続きを読む
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 10:46 AM | comments (0) | trackback (0) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2006年04月
All Rights Reserved./Skin:oct