ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Bourgogne 2001 Domaine Sainson-Rossignol
7v0629.jpg一口にブルゴーニュと云っても北はシャブリから南はボージョレまで色々ありますが私が特にお勧めするのはコート・ドールに畑を所有している生産者のものです。アペラシオンは単なるブルゴーニュでも中身はそれ以上の時がしばしばあります。このブルゴーニュの生産者はラベルに書いてある通りコート・ドールのヴォルネイにありますが生産者の名前は知りませんでした。調べてみるとヴォルネイには10以上のロシニョールを名乗る生産者が存在します。輸入元の説明によると「ヴォルネイに5世代続くドメーヌで、所有畑は7.5ha。1988年に先代イヴ・ロシニョール氏の娘のパスカルとクロード・サンソン氏が結婚し、元々ドメーヌ・ロシニョールだった名称を現在のサンソン・ロシニョールに改称。本格的に自社元詰を開始しました。
厳格なリュット・レゾネを実践し、ヴォルネイの一部では有機栽培も実践。将来的には全て有機栽培に移行する予定です。
2004年からは息子のエマニュエル・サンソンが醸造を担当、母親のパスカルは引き続き栽培責任者としてドメーヌに携わっています」とのことでありますが、普通パスカルというのは男性に付ける名前のように思います。早速開けてみることにしましょう。

まずコルクは長さ45ミリのしっかりした天然物で生産者名とその所在地そしてヴィンテージ2001が印されています。液体に触れた部分だけが赤く染まり全く漏れだそうとした形跡はありません、保管状況は全く問題がないようです。輸入元の説明によると「 A.O.C. ブルゴーニュ、ブドウ品種 : ピノ・ノワール100%、平均樹齢 : 45年、土壌 : 粘土石灰質、栽培面積 : 3ha、収量 : 50hl/ha 、年間生産量 : 12,000本、醗酵 : コンクリート・タンク、熟成 : オーク樽熟成 12ヶ月(228L、新樽比率 10%)」とのことです。しかし畑が3ヘクタールあり収穫量が50hl/haなら生産量は15000リットル、750ccのボトルに詰めると20,000本出来る計算になります。8,000本少ないのは何か説明が必要だと思います。
比較のため同じ年の同じACブルゴーニュを開けてみましたが色は若干暗い目で薄い目、香りは華やかさに欠けるようです。しかし味わいは両者とも飲み頃を迎え食中に飲むには充分すぎる旨さを発揮します。タンニンがまだしっかりしているのであと数年はこの味を持続出来るものと判断致します。
| ワイン日記::フランスワイン |
| 09:25 AM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Bourgogne 2001 Domaine Sainson-Rossignol
All Rights Reserved./Skin:oct