ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Bourgogne Chardonnay 2001 Domaine Paul Chapelle & Filles
7v0327-01.jpgブショネ続きに早く終焉を願いたいと思っておりましたが結果から申し上げますと、今日のワインは実に活き活きとしております。ポール・シャペルという人物とその娘さんによるワインですが場所はモンタニー・レ・ボーヌというかなり辺鄙なところのようであります。ポール・シャペル氏はワインの分析所も経営するという謂わばワインのプロ中のプロとでも申し上げたらよいのでしょうか。裏ラベルの説明によりますと畑の位置はピュリニー村に属しているとのこと。昔の説明では確か Fumelot とかいう名前も付いていたことを思い出しました。ヴィンテージは2001年、メインのラベルにではなくなで肩のその部分にヴィンテージラベルが貼り付けてあります。しかし今流通しているブルゴーニュ・ブランはほとんどが2005年か2004年のはずですが、ごく最近輸入されたばかりというのにこのヴィンテージは2001年。他の物と比べると3年以上蔵に寝かされていたことになります。コルクはこのクラスとしては普通かもしくは長い目かも知れません。49ミリの長さで生産者名とヴィンテージそして生産者元詰めの印字がありますが端面に2001の表示はありません。

色はかなり黄色い目ですがまだ青味は帯びていてグラスに注ぐと液体の濃度はかなり濃密であります。しかし思ったより香りは酸が強そうな感じがします。やはり口に含むとかなり酸が強く熟成向きと思われます。こういったワインは今すぐ飲むならデカンタすべきでしょう。問題は飲み頃予測ですがあと2年は十分保つように思います。瓶底には大量の澱が発生していますのでデカンタした方が無難なことは明白。一本飲んでる最中に味はほとんど変化しないので酸化には強いことが伺えます。甘い目が好きな人には全く向きませんが私のような辛口好みの人であれば大いに受け入れられることと思います。
ブショネについてもっと詳しく述べたいと思いますが原点に戻ってワインの選び方から順番に申し上げることにします。題して「間違いだらけのワイン選び」我がワイン大学メンバーには重複するかも知れませんがワイン選びの肝心な点を申し上げて参ります。
| ワイン日記::フランスワイン |
| 09:07 AM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Bourgogne Chardonnay 2001 Domaine Paul Chapelle & Filles
All Rights Reserved./Skin:oct