ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Bourgogne Hautes Côtes de Nuits 2003 Domaine Dominique Guyon
7v0313.jpgドメーヌ・アントナン・ギヨンといえばフランスでは非常に信頼のおける生産者ですが我が国では余り取り上げられることはありません。かの著名な評論家の好みではないのと漫画も取り上げることがないからでしょうか? この生産者のワインは総じて開くまでかなり時間が掛かると云うことです。昔はルイ・ラトゥールにこんな時期がありました。1970年代前半まではルイ・ラトゥールのそれもドメーヌ物に限っては鋼鉄のように固く熟成して飲み頃に至るにはかなりの年数を必要としたのです。それがブルゴーニュワインが取り沙汰されだした1980年代から変に柔らかくなり、大量生産に移行して全く違う飲み物に化けたのは記憶に新しいところであります。誰がどのようにして人気を造り上げるのか詳しくありませんが人気になると味そのものが変わるのはワインだけに限ったことではありません。いつも申し上げることですが人気が出て価格が高くなると待ってましたとばかりに登場するのが「偽物ワイン」です。評論家が取り上げなくても、漫画に出てこなくても旨いワインは色々あります。特定の生産者だけ崇め奉るのはワインを知らない証左、無名であっても旨いワインはそれこそ山程あります。

さてこのワイン、生産者のHPを見ると英語版とフランス語表記のページとは微妙に内容が違います。栓に使われるのは長さ49ミリの天然コルクで太く質の良いものです。グラスに注ぐときに分かりますが濃厚さがまるでとろみがついているかの如く手応えとして実感出来ます。2003年という難しいヴィンテージですがやっと開きかけてきたという感じもありますが、一般的には固く閉じたワインと評されることと思います。しかしデカンタして30分置くとこのワインの実力が理解出来るでしょう。実に濃厚なミネラル、果実味ももちろん濃密であり僅か40アールですが大変立地条件の整った畑であることが想像出来ます。好む好まざるは個人の自由でありますがワインを語るとき「知らない」では話になりません。特定の生産者だけでなくいろいろな生産者を知ることが重要であります。
| ワイン日記::フランスワイン |
| 10:13 AM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Bourgogne Hautes Côtes de Nuits 2003 Domaine Dominique Guyon
All Rights Reserved./Skin:oct