ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

とある流行りのブルゴーニュワイン
敢えて写真は掲載しませんがネットではやたら取り上げられている人気の生産者のブルゴーニュ・ブラン2005年、とにかくまともに飲めるものではありません。こんなワインが高値で取引されているならば、まともなワインの作り手はアホらしくてワインを造ってられないでしょうね。以前ご紹介したムルソーの生産者が関与するマコンよりさらに酷いものであります。開けたときの香りは全く感じられません。グラスに注ぐと色こそ悪くはありませんが芳香という言葉からは無縁の玉蜀黍を焼いたときの匂いが発生しているようであります。それも安物のポップコーンに似た変な匂いでこれがブルゴーニュ・ブランとは全く考えられません。味わいはさらにお粗末で問答無用、ボツであります。まことに申し訳ないお話しですがこのワインを含めてこの生産者のワインは全量返品させて頂きます。2005年というヴィンテージであるならと淡い期待を持ちましたが見事に裏切られた次第であります。





| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:16 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::とある流行りのブルゴーニュワイン
All Rights Reserved./Skin:oct