ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Cremant de Bourgogne Cuvee Jeanne Thomas Brut 2004 Elabore par Louis Picamelot
vins10-22.jpg永年親しんできたこのクレマン・ド・ブルゴーニュですがボトルのラベルが一新されただけと思ったら内容まで変わってしまい非常に無念というか残念であります。恐らくこの蔵の最高級であろう「ジャンヌ・トマス」がNVからミレジメになったこと、その年号の新しすぎることに驚きを隠し切れません。新しい資料を見る限りその変貌振りはどうも理解に苦しみます。04年ですので昔と比べると明らかに短い瓶内二次発酵であり、然るにコメントが同じなのはテイスティングしていない証拠。この資料によると以前の製品がまだ在庫しているはずですのでちょっと飲み比べてみようと思います。資料によると一部の製品(ヴァン・ムスー)はスペインからワインを買っているみたいですね。

私の記憶が正しいなら以前のものはもう少し色が濃く香りは熟成したシャルドネの風味を感じられたのですが、今回試した新製品はまるで色が薄く味わいはかなりドライに仕上がり熟成の香りは全く感じません。コメントを書くなら「飲んでから書け」と言ってやりたい気持ちであります。辛口好みの私ですが薄っぺらいワインはそんなに好みではありません。ビール代わりに飲むには費用が嵩みすぎます。
ワインは農産物でありときとしてその味が全く変わってしまうことがあります。それにしてもこの変貌は好ましくありません。私なら半額位でないと購入しません。
| ワイン日記::フランスワイン |
| 09:30 AM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Cremant de Bourgogne Cuvee Jeanne Thomas Brut 2004 Elabore par Louis Picamelot
All Rights Reserved./Skin:oct