ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ワイン大学第259回定例会大阪全日空ホテルローズルーム
今回は上柿元氏の下神戸アラン・シャペルのときから知り合いの北脇調理長に腕をふるって頂きました。フランス料理の穴場中の穴場と申し上げて良いローズルーム、ネットをご覧頂くとお分かり頂けますがここでは大変お得なペア・ディナーのコースがあります。

vinuniv259-01.jpgさてアミューズです。超ミニサイズの3種盛りですが口に含むと味わい深く丁寧な作りに驚きます。
vinuniv259-02.jpg前菜は「モンサンミッシェル産ムール貝のテリーヌ、サフラン風味」見た目も鮮やかなお料理でキャヴィアも添えられて豪華絢爛!
vinuniv259-03.jpg続いて「帆立貝とヘーゼルナッツのポワレ」に別添えで丹波黒豆の枝豆のスープが登場。旨味が凝縮された味わいはさすが20年以上のベテランシェフの得意技。
vinuniv259-05.jpg肉料理は仔兎2種類の調理法で「フォアグラとのパイ包み焼」と「ロニョン入りのバロティーヌ」にエシャロットのコンフィが添えられます。実に手の込んだ正統派のフランス料理であります。
vinuniv259-06.jpgデセールはカシスのムース、後に小菓子の盛り合わせも出てきました。

ワインは次の通りです。
1. Cremant de Bourgogne Rose Brut NV Maison Louis Picamelot
2. Champagne Beaumont des Crayeres Fleur Blanche Blanc de Blancs Brut 1998
3. Champagne Alain Robert Le Mesnil Reserve Blanc de Blancs Brut 1990
4. Champagne Beaumont des Crayeres Fleur Noire Blanc de Noirs Brut 2002
| ワイン大学 |
| 06:44 AM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::ワイン大学第259回定例会大阪全日空ホテルローズルーム
All Rights Reserved./Skin:oct