ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Südtirol DOC Gewürztraminer “Kleinstein” 2004 Kellerei St.Magdalena
winediary-054.jpgイタリアワインなのにドイツ語表記のワインであります。

ちなみに裏にはイタリア語表記もありますので安心、Traminer Aromatico dell'Alto Adige と書いてありゲヴュルツトラミネールはイタリア語ではトラミネル・アロマティーコと呼んでいることが分かります。

アルト・アディジェのサンタ・マッダレーナのワインは何度もご紹介してきましたがこれも大変優れたワインであると思います。

まず香り高いのは最近のアルザスとは全く比較になりません。

特徴的なスパイシーさは勿論ですが香水のように部屋に広がっていくのはその香り成分の強さ所以でしょう。

色はそんなに濃くありませんが緑を帯びたイエローゴールドで味は「フォアグラのテリーヌやまたはデザートに」と裏ラベルに記してありますがそんなに甘くはありません。

私はエスニック料理というか甘辛いタイ料理に向いていると思います。

仙台産黒毛和牛雌4番の鞍下と自家製山椒佃煮玉葱とタップリの九条葱に高橋養鶏場の赤玉子で「他人丼」を作り本家原了郭の山椒を振り掛けます。

旨さは勿論のことですがワインとも実によく合います。

レシピは実に簡単で頂き物の日本酒とみりんそして濃口醤油だけしか使いません。

ポイントは使う味醂が角谷文治郎商店のもの、お醤油は天狗醤油ということでしょうか。

最近の中国はワインブーム再来とか、中でも売れているのは何と「シャトー・ラフィット・ロッチルド」で、それも若いヴィンテージのものをコーラで割って飲むとか・・・。

20年程前日本でも同じようなことをしているのを目撃したことがあります。
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 09:10 AM | comments (0) | trackback (0) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:


http://dks.moo.jp/winebp/tb.php/495

トラックバック


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Südtirol DOC Gewürztraminer “Kleinstein” 2004 Kellerei St.Magdalena
All Rights Reserved./Skin:oct