ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Beaujolais-Villages 2005 Domaine Ruet
wine-diary-067.jpgボージョレ・ヴィラージュのプリムールではない2005年です。Mis en Bouteille au Domaine Christiane-Jean-Paul Ruet と明記されています。ヌーヴォでないということはマセラシオン・カルボニックは用いていないということですが、飛行機で輸入したのでしょうか?
色は大変健全と云うべき綺麗な紫色を呈していますが、甘ったるい香りは皆無です。最初はやはり亜硫酸の影響でしょうか「何やこれ?」と思ったのですがしばらく置いてテイスティングすると意外や意外! 結構イケるではありませんか。
しっかりし過ぎる訳ではありませんが酸はハイレベル、果実味もありバランスは良好です。しかしこういったドライなボージョレは一般には敬遠されるのでしょうね。
ワイン大学メンバーさんの一部の方にはお知らせしましたが、ブルゴーニュはニュイの著名な生産者ドニ・モルテが自殺したという一報が入っております。詳細は不明ですが http://perso.wanadoo.fr/bourgogne-seikatsu/ をご覧になればお分かり頂けると思います。

| ワイン日記::フランスワイン |
| 10:30 AM | comments (x) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::Beaujolais-Villages 2005 Domaine Ruet
All Rights Reserved./Skin:oct