ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Chateau Bonnet 2003 AC Entre-2-Mers Andr? Lurton
wine-diary-066.jpg普段飲みのワインでも随分高品質の物がありますが、残念ながら雑誌や漫画は取り上げません。
シャトー・ボネは著名なアンドレ・リュルトン氏が現在住んでいるアントル・ドゥー・メールにあるシャトーです。氏は他にラ・ルーヴィエールやクリュ・クラッセのドーザック等も所有、まさにビッグ・オーナーであります。シャトー・ボネは畑の面積何と225ヘクタールという巨大な農園ですが自分が住んでいるだけあってワイン造りは大変丁寧です。

さてこの2003年は葡萄の果皮をすぐ取り除かないでしばらく浸しておく手法を取っているのでしょう、とても緑色が濃く残っており、しかも透明度は高く綺麗に輝いています。香りは葡萄のフレッシュな感じで味わいもフルーティーそのもの、香りだけからは「やはり03年は甘いのかな」と思ったのですが、飲んでみると辛口に仕上がっています。地鶏白菜椎茸に湯葉という家庭鍋には樽とは無縁のこんなワインがよく合います。
白ワイン用の葡萄畑は103ヘクタール、ソーヴィニョン45%、セミヨン45%、ミュスカデル10%の割合で植えられています。実にバランスの良いボルドー白ワインの基本的存在であります。希望小売価格 ¥1600 なので是非お試しを!
| ワイン日記::フランスワイン |
| 08:07 AM | comments (0) | trackback (0) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:


http://dks.moo.jp/winebp/tb.php/435

トラックバック


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::Chateau Bonnet 2003 AC Entre-2-Mers Andr? Lurton
All Rights Reserved./Skin:oct