ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第415回クードポール・ワインを愉しむ会
今年初めてのワイン会は天満橋ル・ビストロ・クードポールさん、10名にて賑やかにスタート。スターターはもちろんシャンパーニュ、グランド・ヴァレ・ド・ラ・マルヌはアイの RM アンリ・グートルブのトラディショナル。私の選ぶシャンパーニュはマルヌ県内のものに限ります。


アミューズ・グールは鰺のマリネにニジマスの卵。


前菜はオマール海老のスープ。かなり濃厚でオマールの身も結構入ってます。トスカーナの赤も良く合う。


続いてフォワグラのキャベツ包み。


本日の魚はカワハギ、大阪で云う「マルハゲ」、肝のムースをナッペしてパン粉焼き、ホウレン草を敷いてソース・ブール・ブラン。この料理だけ食べに来たくなる完成度の高さ。

牛頬肉の赤ワイン煮込み。付け合わせまで旨いのが田中さんの料理です。


フロマージュはマンステールとカマンベール・カルヴァドス、そしてロックフォール。


苺のコンポートにアイスクリーム。


タルトタターン。

メインの高価な泡に至る前に酔っ払ってしまいました。
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 03:42 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::第415回クードポール・ワインを愉しむ会
All Rights Reserved./Skin:oct