ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

〇トックスの変貌か?
twitter で〇トックスの公式アカウントに投稿したが返事ないので公開することにした。

1980年代半ばから急成長した同社だが、最近の輸入ワインについてかなりの疑問を持つようになった。

まず喫煙ワイン愛好家の女性とのコラボ商品が目立つこと。次に MW 誰某との提携ワインが数多くなったということ。これらはすべてかなりの高額ワインであるという点に注目して貰いたい。日本のソムリエナンバーワンとのタイアップワインも気になるが・・・

中でもつい最近売り出したバカ高いシャンパーニュは言語道断だと思う。

シャンパーニュの葡萄はいくらするのか?

答えはこちらのサイト で一目瞭然である。

このサイトによると 2018年の葡萄1キログラム当たりの価格は €6.20(推定)であり、グラン・クリュでも €7.75 を超えることは無いはず。

750cc の普通サイズのシャンパーニュを造るために葡萄は何キログラム使うかご存知だろうか? 

現在の法令では160キログラムの葡萄から102リットルの搾汁が認められているので次の計算式が成り立つ。

X : 0.75 =160 : 102 即ち X = (0.75 × 160)÷ 102 X =1.17647 つまり1.18キログラム用意すれば750ミリリットルのボトルのシャンパーニュが造れるということ。

仮にキロ当たり8ユーロとしてもボトル1本の葡萄の原価は€9.44 今のレートで円換算すると1132.8円でしかない。オーブならもっともっと安いのである。

グラン・クリュの葡萄100%使っていながらリーズナブルな価格で提供するシャンパーニュ生産者はかなりの数に上る。例えばこちらの生産者 など昔からよく知っているが通好みの味に仕上がっている。いつの資料かは知らないが価格を見たら大変お安い。

11月22日から販売が始まったシャンパーニュのお値段を見て椅子から転がり落ちそうになった。何と税別 8万5千円もするのである。例の MW も関与しているし喫煙ワイン愛好家の女史も絡んでいる。

シャンパーニュは定価で5千円からいくら高くても1万円が妥当な価格であり、それ以上の有名ブランドを除くシャンパーニュはそれに関与する誰かがぼろ儲けを企んでいるとみて間違いない。
| ワイン雑感 |
| 04:49 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::〇トックスの変貌か?
All Rights Reserved./Skin:oct