ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第413回ワイン大学@立売堀 Louise
今年8月にオープンしたばかりの新しいお店でワイン大学定例会の開催。5年ぶりにお越し頂いた方など総勢12名でフロアを貸し切りに。


最初はカナッペにシャンパーニュ・ブラン・ド・ブランのエクストラブリュットで乾杯。樽醗酵樽熟成のベースワインはコート・デ・ブランのコミューン・キュイ(現地の人はキュイスとも云う)の葡萄から造られたものなのでプルミエ・クリュを名乗れる。


ウイキョウのコンフィ、パイナップルとソース・アンディーヴ。このお料理には熟成プイィ・フュメを。


焼き鯖のマリネにクレソンのクリームとクスクス。

メインディッシュの一つ鱸のア・ラ・ヴァプール赤ワインソース。流石は本場仕込みのお味。ブルゴーニュの赤は熟成の2004年、そして秘蔵のオー・メドック2015年も。


メインディッシュの2番目ブフ・ウェリントン、圧巻也。ペサック・レオニャンの2004年がバッチリ。


ラ・フランスのポッシェに胡麻のチュイール。

楽しい会話の弾むひと時、来月12月は12日木曜東心斎橋の日本料理翠さんにて開催。只今からご予約承ります。
| ワイン大学 |
| 04:42 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::第413回ワイン大学@立売堀 Louise
All Rights Reserved./Skin:oct