ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

新中国料理 HARAKAWA 北新地店オープン
先日お知らせしたように10月29日にオープンした HARAKAWA北新地店に31日夕刻ワイン大学有志が結集、カウンター全席を独占。


先ずはランソンのブリュットで乾杯、前菜の盛り合わせは、海月葱オイル和えと紅芯大根、とこぶしの旨煮、茹でピーナッツ、皮蛋、豚肩ロース蜜漬け香り焼き。どれも旨いけど独特の風味を持つ皮蛋が出色。


活け天然真鯛を中国風刺身に。


一人前に仕上げたところ。


次は毛蟹のクリーム煮の春巻き。高温に注意しないと・・・ 毛蟹はクリームコロッケにしてタルタルソースタップリかけて食べるようにして頂きたい。


気仙沼からアオザメの鰭姿煮込み。三日月形の掃除していないフカヒレとは根本的に異なる。本来の姿煮とは鱶鰭の繊維一本一本がその姿を物語っていることを云う。

こちらのブログをご覧頂きたい。

フカひれの本来の味わい方は上湯にあり、鱶鰭そのものはその繊維の太さと長さ、それとその食感、即ち戻し方の妙を享受することである。


画像では解り辛いかもしれないが、千葉県産の活け伊勢海老炒めという贅沢な炒め物である。もちろん頗る美味也。



超高級食材干し海鼠と長時間蒸した鮑のオイスターソース煮込み。それぞれの食材はもとよりこのソースが堪らないほど旨い。


鮮魚の蒸し物広東風。

私の希望としては光明池本店の泳がしの魚を使って頂きたい。魚の熟成など必要ないように思う。


淡路の鶏クリスピー仕立て。


皮パリパリ身はしっとり。


本店の名物料理酢豚、もう少し食べたい。


是非ともお願いしたいと頼んで作って頂いた渡り蟹の煮込み焼きそば。これからの季節、メスを使ってもらうと旨さ倍加するかもしれない超お勧めの逸品。


杏仁ティラミスと中国餅のデザート。

大阪一の中国料理を北新地で食べられるという有難い存在である。

化学調味料は一切使わない、新鮮素材を現地から調達、ハイカロリーバーナーで一気呵成に仕上げる調理そして目の前で繰り広げられるライブ感、更には楽しい会話が弾むというお店。


〒530-0002 大阪府大阪市北区曾根崎新地1-3-23 FOODEARビル 1F 北新地本通り四ツ橋筋寄りの南側 入り口から入って奥の右側
新中国料理 HARAKAWA
電話 06-6225-8588
土日祝(定休日) 要予約
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 02:06 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::新中国料理 HARAKAWA 北新地店オープン
All Rights Reserved./Skin:oct