ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第411回ワイン大学定例会西本町ル・コントワール・デュ・グーさん
久し振りに西本町のフランス料理店ル・コントワール・デュ・グー藤田シェフにお願いした今月の定例会、先ずはアペリティフに東欧のシャルドネを。良く出来たワインはついついグラスが進んでしまう。


アミューズ・グールは本鮪のタルタル、パルミジャーノ・レッジャーノとアヴォカドディップ。シャンパーニュは瓶内第2次醗酵96ヶ月以上というプレミアム。


つづいてラタトゥイユのテリーヌにルーコラ、モッツァレッラにバジルのソース。


茸のフランに茸のソテー、セップとかジロールとか。ワインはリボッラ・ジャッラ。


天然鯛のパイ包み焼き、ソース・ショロン。ワインは上級のピノ・ブラン、アルト・アディジェ。


黒毛和牛のイチボのローストビーフ。付け合わせのグラタン・ドフィノワも旨い。ワインは気に入っている生産者と由緒正しいドメーヌがゴロっと進路変更した生産者のものとを飲み比べ。


フロマージュはゴルゴンゾーラ・ピカンテとシェーブルともう1種類。


デセールは名残の無花果のタルトとソルベ。


カプチーノも楽しめた。

来月は10日木曜午後7時、祇園いわさ起さん(満席)。
| ワイン大学 |
| 04:33 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::第411回ワイン大学定例会西本町ル・コントワール・デュ・グーさん
All Rights Reserved./Skin:oct