ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第411回クードポール・ワインを楽しむ会
毎月最初の木曜日午後7時開催のワインと食事を楽しむ会、もう34年も続いている。その都度新しい発見があるので皆さんお越し頂いているように思う。

メンバーの多くは所謂グランヴァンなど不要なことはよくご存じだ。流行のワインなど論外と思っておられる方が多い。

メンバーの多くは海外旅行慣れしておられ、今回はランスに行かれる方から相談を受けた。シャンパーニュの蔵めぐりは何処を訪ねても似たようなものだが、私の経験からランス市内のお勧めの1軒をご紹介した。


先ずはシャンパーニュ、プラン・ドゥ・ノワールのミレジム・ドゥーミル・ヌフのプレミアムで乾杯。シャンパーニュ選びのコツは何なのか知らない人があまりにも多過ぎる。ソムリエ諸氏も殆どご存知ないのは、肝心なことを教えられていないからである。

アミューズグールは最近市場で毎日見かけるメイチダイのカルパッチョ。


続いて「鯖とじゃが芋のテリーヌ」。


桃の冷たいスープに生ハム、これには樽とは無縁のシャルドネが良く合う。


伝助穴子に帆立のムースをナッペしてパン粉をつけて焼いたお料理、付け合わせはモンサンミッシェル産ムール貝のリゾット、ソースはアメリケーヌという凝ったもの。合わせるワインはオレンジ色の白ワイン。だが決して今流行りのオレンジワインではない。


シャラン鴨のポワレ、ワインはコート・ド・ボルドーの2015年、良く出来たワインである。


フロマージュは最近のお気に入りプティ・デリス・デ・クレミエ・オー・トリュフと麦藁入りのサントモール・サンドレ。ワインは昔からの知り合いが造る南仏の赤、これが意外にも良く合う。


デセールはサンマルクにアイスクリーム。

第412回は10月3日木曜の夜7時開催。
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 06:23 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::第411回クードポール・ワインを楽しむ会
All Rights Reserved./Skin:oct