ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Noual B



恐らくヌアルと読む白葡萄、やっとフランス原産の葡萄の登場である。2018年に新規登録されたとのことだが、レ・セパージュのサイト によるとカオールの西のロット県とタルヌ・エ・ガロンヌ県にて栽培されていた古い葡萄とのこと。またほとんど絶滅種に近いとのこと。こういった葡萄こそフランス政府が大きく取り上げて擁護すべきである。他所の国の葡萄など本来どうでもよいことではないか。

この葡萄については詳しいサイトがすぐ見つかったので紹介させて頂く、画像もそこから拝借した。こちらをご覧頂きたい。

VIVC 最新データはこちら、シノニムは8つ

BERNADOU
LOUBAL
LOUBAL BLANC
NOUBAL
NOUGAL
NOUVAL
OUBAL
OUBAL BLANC

こちらのデータによると1999年とちょっと古いがフランスで0.5ヘクタール栽培されていたことが判っている。ワイン用の葡萄なので甦ってもらいたいと願う。

| ワイン雑感 |
| 06:54 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Noual B
All Rights Reserved./Skin:oct