ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Touriga nacional N



トゥリガ・ナシオナルと読むポルトガル原産の黒葡萄、拙ブログではこちらに書いた通りポルト酒の主要原料葡萄である。

Pl@nt Grape のサイトからこちらを見るとフランスでの栽培面積は2008年では1ヘクタール、以前のブログを見返すと2011年も1ヘクタール、ところが2016年ではなんと8倍の8ヘクタールと急増している。

それには理由があった。南仏で当該葡萄を栽培してワインを造っている生産者が居るのだ。

こちらがそのワイン、ヴァン・ド・フランスだがトゥリガ・ナシオナル100%で造られている。生産者はドメーヌ・ピエール・クロ、かなり評判良いらしく、このワインを取り上げているブログを見かけるようになった。一例はこちら

日本でもこの生産者のワインを輸入しているが肝心のトゥリガ・ナシオナルのワインは扱っていないらしい。こちらをご覧あれ。

この生産者がトゥリガ・ナシオナルを8ヘクタールも栽培しているとは思えないので恐らく近隣の農家も栽培し始めたのかも知れない。

トゥリガから始まる葡萄は全部で4つ存在するが白葡萄のトゥリガ・ブランカはトゥリガ・ナシオナルとは無縁の正式名称 Branco Gouvães という葡萄で、他の TOURIGA FEMEA はトゥリガ・ナシオナルと MALVASIA FINA の交配で生まれた葡萄、TOURIGA FRANCA は MARUFO と トゥリガ・ナシオナルとの交配で生まれた葡萄である。

トゥリガ・ナシオナルの特徴は紅葉すること、VIVC から画像を拝借して公開させて頂く。

| ワイン雑感 |
| 05:44 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Touriga nacional N
All Rights Reserved./Skin:oct