ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Tinta Barroca N



以前は載っていなかったポルトガル原産の黒葡萄、フランス政府がどうしてこのような他国の葡萄を載せたがるのかは知らないが、ポルトガルではご自慢のポルト酒に使われる葡萄とのこと。画像を拝借しているこちらによると2013年からフランス政府の公式葡萄カタログに載ったとのことだが、例によって2016年の栽培面積ゼロである。

有名な生産者のサイトによるとトゥリガ・ナシオナル、トゥリガ・フランチェーザ(正式名称トゥリガ・フランカ)、ティンタ・ロリス(テンプラニーリョのシノニム)の次に重要な葡萄のようだ。

VIVC からこちらを開くと

Pedigree confirmed by markers  MARUFO × TOURIGA NACIONAL
Prime name of parent 1  MARUFO
Prime name of parent 2  TOURIGA NACIONAL

マルフォ(母)とトゥリガ・ナシオナル(父)の交配種である。マルフォは Mourisco tinto (キプロスでの正式名称)とも呼ばれポルト酒の原料葡萄の一つであり、トゥリガ・ナシオナルは最も重要なポルト酒の原料葡萄である。ポルト酒の原料葡萄同士の交配だから当然の事ながらポルト酒の原料葡萄であって然るべき。

シノニムは8つ報告されていて

BAROCCAS
BARROCA
BOCA DE MINA
TINTA BAROCCA
TINTA DAS BAROCCAS
TINTA GORDA
TINTA GROSSA
TINTA VIGARIA

当該葡萄とトゥリガ・フランカは兄弟葡萄である。VIVC からコピーすると

Prime name TOURIGA FRANCA
Color of berry skin   NOIR
Variety number VIVC 12593
Country of origin of the variety PORTUGAL
Species   VITIS VINIFERA LINNÉ SUBSP. VINIFERA
Pedigree confirmed by markers MARUFO × TOURIGA NACIONAL
Prime name of parent 1  MARUFO
Prime name of parent 2  TOURIGA NACIONAL

| ワイン雑感 |
| 05:38 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Tinta Barroca N
All Rights Reserved./Skin:oct