ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第406回ワイン大学定例会@祇園南側いわさ起さん
6月でまる34年を迎えるワインと美食の夕べ、最近は日本料理店での開催が増えた。


先ずは豪華な先八寸の登場、祇園町ならではの演出が見事。


一人前を折敷に盛り付け。中央は姫皮の豆腐よう和え。右上から時計回りに牛ほほ肉柔らか煮 辛子 スナップエンドウ、白魚白煮梅おろし 鯛の子旨煮木の芽 桜麩 散らし空豆、鯵の小袖寿司 磯辺巻 江戸生姜、クラシカルなガラスの器にはルッコラ 鳥貝のお浸し 飛びっ子天盛。プレミアムシャンパーニュのブラン・ドゥ・ブラン・ミレジメ2009がすすむ。


露打ちされた御椀。


大きな蛤に蓬糝薯、筍に花菜そして春子椎茸、吸い口は木の芽に祝い粉をプラス。吸い地は蛤の濃厚さが際立つ。


御向こうは紋甲烏賊に大きな天然真鯛、さらにはクロマグロのカマトロ。けんは紅心大根を使うなど一工夫が光る。


烏賊には特上胡麻油に塩がぴったり、柚子塩にむらさきも。


紀州備長炭で焼かれたのは桜鱒、胡麻を利かせた利休焼きで、アスパラ黄味酢に唐墨があしらい、薑と白花豆蜜煮が添えられる。


合肴は姫トマト甲州煮と白海老唐揚げ。


本日のメインディッシュは博多和牛と筍の花山椒煮。キロ当たり8万円という牛肉よりお高い緑の宝石を惜しげもなく使われている。合わせるワインはブルゴーニュ。


窯炊きのご飯は2種類、まずは鯛めし。


止め椀も添えられる。香の物もいろいろ揃えられる。


続いてたけのこご飯。


糖質制限もこの日は解禁。


アテモヤにパッションフルーツそしてブラッドオレンジと果物も豊富。


クリームチーズのアイスクリーム。


ピスタチオプリン 黒蜜。来年も楽しみ(笑)。
| ワイン大学 |
| 06:18 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::第406回ワイン大学定例会@祇園南側いわさ起さん
All Rights Reserved./Skin:oct