ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第406回クードポールさんのワインを楽しむ会
天満橋のビストロ、ル・クードポール田中さんの料理会に私の選んだワインを合わせる毎月開催の催し、もうすぐまる34年になる。今回はシャンパーニュにギリシャの辛口白ワイン、季節にピッタリのロゼそしてジュヴレ・シャンベルタン専門のドメーヌ物とボルドー・シュペリュール、殆ど知られていない銘柄が大半を占める。


先ずはアミューズ・グール、新玉葱のヴルーテと熟成ゃが芋のキッシュ。


ホワイトアスパラガスに大きな生ハム。


春の定番クラム・チャウダー。


魚は青森からの桜鱒。

肉料理は仔牛のカツレツ、ウィンナ・シュニッツェルみたい。


フロマージュはブリア・サヴァランとマンステール。


デセールはチョコレートのスフレ。

テイスティングした時よりビッグに成長していたのはジュヴシャン、これは個人的にもう少し買い増しすべきと判断。ボルドー・シュペリュールとロゼは和食にも合いそうだ。

5月のクードポール・ワインを楽しむ会は第1週ではなく第2木曜9日午後7時の開催。
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 06:10 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::第406回クードポールさんのワインを楽しむ会
All Rights Reserved./Skin:oct