ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第 405 回天満橋クードポールさんのワインを楽しむ会
久し振りに皆さんお揃いになり賑やかな宴となった。季節を先取りしてプレミアムのロゼシャンパーニュでスタート、アミューズは昔懐かし神戸アラン・シャベルに似た感じ。
そうそう、アラン・シャペルと云えば小久江さんが東京から戻ってこられて神戸?か何処かでレストランを開いたそうな・・・


白魚のフリットにパセリ。白魚の料理は玉子とじとかアヒージョとかいろいろあるが、フリットにするのが一番うまいと思う。

次にシーザース・サラダが登場するも画像を失念。


前菜2皿目は蛍烏賊とグリーンアスパラのアヒージョ。今年の蛍烏賊は不漁みたいで形も小さい。


本日の特選素材、よく活かった石鯛のポワレを浅蜊入りのソース・ブール・ブランで。活かった魚を焼くと形は反り返ったりするが皮とかの旨味は凄い。当然ながらムルソーとの相性は素晴らしい。

肉料理はビゴール豚ロース肉のポワレにマスタードソース。これまた非常に美味なり。赤はフレデリック・マニャンが造るモレ・サン・ドニとポーイヤックの飲み頃。


フロマージュはピラミッド・サンドレとミモレット。


デセールも美味。

4月も第1週木曜日の午後7時に開催。5月は第2週の9日木曜日に開催することが決まった。
| ワイン日記 |
| 04:44 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::第 405 回天満橋クードポールさんのワインを楽しむ会
All Rights Reserved./Skin:oct