ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Sugraeighteen B




シュグラエイティーン(英語表記)という白葡萄。
フランス農務省が公表している Le catalogue des vignes cultivées en France フランスで栽培される葡萄目録 からアルファベット順に検証し続けている。

引き続き近年フランス政府が自国で栽培される葡萄として登録したものの栽培面積ゼロという不可思議な葡萄について述べることにする。画像はいつものこちらから拝借、またしても米国原産の食用葡萄で、またしても2016年栽培面積ゼロである。

フランス原産とされる葡萄で VIVC に登録されているのは現在 5,646 アイテム存在する。現在までにフランス政府が登録しているのは外来種も含めて383アイテム。単純計算して登録漏れのフランス原産葡萄は 5,263 アイテム以上存在するという事。

さて「シュグラ+番号」みたいな葡萄は次の通り30が VIVC に登録されている。ONE から FORTYTWO まであるが欠番もある。

SUGRAONE     12087
SUGRAEIGHTEEN 22757
SUGRAFIFTEEN     23784
SUGRAFIVE     13721
SUGRAFORTY     24476
SUGRAFORTYONE 24475
SUGRAFORTYTWO 24473
SUGRAFOURTEEN 23785
SUGRANINETEEN 22761
SUGRASEVENTEEN 24501
SUGRASIX     24810
SUGRASIXTEEN     22756
SUGRATHIRTEEN 17652
SUGRATHIRTYEIGHT 24474
SUGRATHIRTYFIVE 24471
SUGRATHIRTYFOUR 24480
SUGRATHIRTYNINE 25487
SUGRATHIRTYONE 24472
SUGRATHIRTYSIX 24477
SUGRATHIRTYTHREE 24508
SUGRATHIRTYTWO 23207
SUGRATWELVE     17057
SUGRATWENTY     24502
SUGRATWENTYEIGHT 24511
SUGRATWENTYFOUR 24419
SUGRATWENTYONE 24503
SUGRATWENTYSEVEN 24510
SUGRATWENTYSIX 24509
SUGRATWENTYTHREE 24479
SUGRATWENTYTWO 24504

全てが同じ生産者ではないが、恐らくこちらの会社が開発の元締めではないだろうか? こちらを開くと更に大きな数字を伴う、例えば Sugrafortyeight とか Sugrafiftyone など紹介されている。これらは未だVIVC に登録申請していないか現在登録中なのかいずれVIVCのリストに載るであろう。

毎日のように新たな葡萄が交配や交雑により増え続けているのが今の世の中である。

シュグラエイティーンのVIVCデータはこちら、主な内容は

Prime name SUGRAEIGHTEEN
Color of berry skin   BLANC
Variety number VIVC 22757
Country of origin of the variety UNITED STATES OF AMERICA
Species VITIS VINIFERA LINNÉ SUBSP. VINIFERA
Pedigree as given by breeder/bibliography REDGLOBE × SUN WOLRD SEEDLING 069-172
Pedigree confirmed by markers
Prime name of parent 1 RED GLOBE
Prime name of parent 2 SUN WORLD SEEDLING 69- 172
Parent - offspring relationship
Offspring
Breeder  Cain, David Wayne
Breeder institute code
Breeder contact address International Fruit Genetics LLC
Year of crossing  1990
Year of selection
Year of protection
Formation of seeds   NONE
Sex of flowers  HERMAPHRODITE
Taste   MUSCAT

日本でも馴染みあるレッドグローブが母、サン・ワールド・シードリング069-172 が父として1990年に開発されたばかりの食用葡萄で味はマスカット風味とのこと。外来葡萄の受け入れには非常に寛容な国、それがフランスである。
| ワイン雑感 |
| 07:21 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Sugraeighteen B
All Rights Reserved./Skin:oct