ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Seyval B




セイヴァルと読む複雑な種間交雑により生まれた白葡萄。原産国はフランスだが、フランスでの栽培より英国やカナダでより広く栽培されているのが現状。画像を拝借しているサイトによると 2016年現在フランスでの栽培面積は 91ヘクタールとのこと。

セイヴァルの交雑については生産者の説明通りかどうかは遺伝子の解析結果を待たねばならないが、今のところ解析作業に取り掛かってはいないようだ。VIVCのデータはこちら

種と親子関係については次の通り

Species  INTERSPECIFIC CROSSING
Pedigree as given by breeder/bibliography SEIBEL 5656 × SEIBEL 4986
Pedigree confirmed by markers
Prime name of parent 1  SEIBEL 5656
Prime name of parent 2  RAYON D'OR

種間交雑、生産者の説明ではセイベル5656 が母、セイベル4986 が父。VIVC の正式名称で云うと母は同 じセイベル5656 で父親の正式名称は レイヨン・ドール。ちなみにレイヨン・ドールは拙ブログのこちらをご覧あれ。

ところが系図を網羅しているサイトによると父親はセイベル4968 としているため系図は異なる。しかし VIVC で Seibel 4968 を検索しても存在しないと出るし、ネットで Seibel 4968 を検索してもヒットしないので恐らく間違いであろう。



因みにレイヨン・ドールの系図は次の通り



先程述べたようにあくまでこれは当該葡萄を作り上げたとされる生産者の説明を系図化したものであり、実際その通りかどうかは明らかではないことに留意願いたい。

以前拙ブログで取り上げたようにフランスで栽培される範囲は年々減るものの、イギリスやカナダの栽培面積はフランスのそれを凌駕する。スパークリングワインに向いているようだが、カナダのケベックでこの葡萄100%で造られたスティルワインがあった。こちらがそのワイン。

| ワイン雑感 |
| 04:09 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Seyval B
All Rights Reserved./Skin:oct