ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Servanin N




セルヴァナンと読むフランスはサヴォワ地方のイゼール県で栽培される黒葡萄、拙ブログでは2013年6月1日にこちらで取り上げた。

画像を拝借しているサイトによると2016年現在栽培面積は僅か1ヘクタール。これまた栽培しているのはドメーヌ・ニコラ・ゴナン だけではなかろうか? 

以前のブログで述べた通り現在のヴァン・ド・サヴォワもしくはサヴォワの法令では、例えばサヴォワ県ではカベルネ・フラン、カベソーそしてペルサン、イゼール県ではペルサン、エトレール・ドゥ・ラ・デュイ、セルヴァナンそしてジュベルタンが主要葡萄として使えることになってしまう。現在の法令から抜粋すると

葡萄規定
Vins tranquilles rouges et rosés  gamay N, mondeuse N, pinot N, et :
- pour le département de la Savoie : cabernet franc N, cabernet sauvignon N, persan N ;
- pour le département de l’Isère : persan N, étraire de la Dui N, servanin N, joubertin N.

栽培規定
Vins tranquilles rouges et rosés La proportion des cépages gamay N, mondeuse N, pinot N, ensembles ou séparément, est supérieure ou égale à 90 % de l’encépagement de l’exploitation.

成程ガメイ、モンドゥーズ、ピノ・ノワールの栽培規定として単独でもしくはブレンドしたとしても栽培比率として90%以上とはなっているが、葡萄規定のサヴォワ県とイゼール県の例外葡萄についての栽培規定が欠落しているので、ペルサン100%のワインが実際に造られ販売されている。

こちらがそのワイン。ドメーヌ・グリザールのペルサン100%のアペラシヨン・ヴァン・ド・サヴォワの赤ワインである。

尚ドメーヌ・グリザールは2軒ある。一つはこのワインを造っているジャン・ピエール・エ・フィス ともう一つはフィリップ・グリザールである。他にもサヴォワのアペラシヨンでペルサン100%のワインはある。拙ブログのこちらをご覧あれ。

さて肝心のセルヴァナンにほ話を戻そう。VIVC の最新データはこちら、今のところ他の葡萄との親子関係など認められていない。シノニムは13あり

MARTELET
PERSAGNE DOUCE
PETITE MONDEUSE
SALAGNIN
SERENE
SERVAGIN
SERVAGNEIEN
SERVAGNIE
SERVAGNIEN
SERVAGNIEN DES AVENIERES
SERVAGNIN
SERVANIEN
SERVANIT

これだけシノニムがあるということは昔サヴォワ地方の各地区で栽培されていた可能性が高いはず。フランス政府はこういった希少な葡萄こそ守る努力をすべきではないか。

| ワイン雑感 |
| 05:59 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Servanin N
All Rights Reserved./Skin:oct