ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Sérénèze N




Sérénèze セレネーズと読むフランス原産の黒葡萄、拙ブログではこちらで取り上げたが、現在ではVIVC正式名称が SERENEZE に変わっている。

葡萄の戸籍謄本はコロコロ書き換えられるという訳。

2013年5月31日の時点では SERENEZE DI VOREPPE と登録されていた葡萄が改名され SERENEZE となったのだ。またその親子関係も改められ現在は次の通り

Pedigree confirmed by markers  HEUNISCH WEISS × CHATUS
Prime name of parent 1  HEUNISCH WEISS
Prime name of parent 2  CHATUS

以前のブログでは不明だった父親が遺伝子の解明により シャチュー と判明した。画像を拝借したこちらが示した通りになった訳だ。

画像を拝借しているサイトによるとその栽培面積は僅か 0.2ヘクタール、つまり 20アールのみで当該葡萄を栽培しているのは恐らくこちらだけのはず。何度も触れているがドメーヌ・ニコラ・ゴナン、古代葡萄を栽培しワインを造っている努力家である。日本語版もあるが古いのでフランス語の最新版をご覧あれ。


| ワイン雑感 |
| 03:59 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::Sérénèze N
All Rights Reserved./Skin:oct