ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第401回クードポール・ワインを楽しむ会
毎月第1木曜日の午後7時開催という天満橋のフレンチ、ル・ビストロ・クードポールさんのワインと食事を楽しむ会、33年以上続いているワイン会は珍しいはず。

今回は小生の提案メニュー、昔から美味しかった茸と帆立貝のテリーヌ、フロマージュ・モンドールを盛り込んでもらった。


通例ではマルヌ県のシャンパーニュからスタートするも今回は赤泡で乾杯、アミューズは鴨のコンソメと田舎風パテ。


クードポール名物茸と帆立貝のテリーヌにトスカーナの白ワイン。


リードヴォーと海老のフリカッセにはフリウリのシャルドネを。


本日の魚料理はヒラスズキとモンサンミッシェル産ムール貝のグラタン、これは大変素晴らしい一皿。


メインは蝦夷鹿ローストに無花果のソース。ワインはブルゴーニュとヴォーヌ・ロマネの第1級畑という豪華版。


モンドールも最高のコンディション。


ホンマにトロトロ。


デセールはこの時期の定番タルト・タタン。

来月はボルドー特集を組みたいと思う。
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 05:53 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::第401回クードポール・ワインを楽しむ会
All Rights Reserved./Skin:oct