ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第 227 回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
久しぶりにレギュラー・メンバーが勢揃い、今日も特選素材てんこ盛りのスタート。先ずはロゼ・クレマンで乾杯、変に甘いロゼ・シャンパーニュより遥かに質が高い。


毛蟹の味噌、これは貴重な珍味です。


口取は赤万願寺唐辛子の素揚げ、羅臼真蛸梅肉山葵、怪傑紫頭巾(笑)、焼き椎茸、柴漬け。とりわけ真蛸が実に旨い。


本日の特選素材、戻り鰹の刺身。こんな状態の良い鰹は滅多にないはずです。皮は炙って別添えですがこれまた究極の美味なり。生姜と山葵が添えられどちらでも好みで。


いつもは焼きで登場する太刀魚を煮付けに。これまた本日の特選素材也。


更に極めつけの特選素材は鮑、大きな徳島の鮑を特製の焼き台でステーキに。もちろんこれは1人前で人数分供されます。この鮑に合わせるワインは驚愕のエトナ・ロッソ。まあ普通の人では思いもしない選択でしょうけどね、実によく合います。


引き続き登場した本日の特選素材はガザミなり。英ちゃん名物温かい蟹酢。皆さん静まり返り蟹と格闘、恐ろしい甘み炸裂にノックアウト寸前のメンバー続出。


車海老の生揚げだけはちょっと変わり過ぎだったかも。


さらに特選素材は続いて出てきます、茂魚と書いて「あこう」の潮を薬味ポン酢で頂きます。もちろんボリュームたっぷり悶絶の旨さ。


にぎりと巻物、なかでも穴子と胡瓜は懐かしい味わい。


果物は無花果。今日も素晴らしい特選素材を堪能できました。来月10月は20日土曜日午後7時の開催です。ちょうど19年めとなる第228回、どんな特選素材が登場するのか今から大変楽しみです。毎回参加される方、年に一度か2度来られる方、初めて参加される方、どなたさまも大歓迎です。
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 01:04 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::第 227 回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
All Rights Reserved./Skin:oct