ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Riesling B




フランス政府のこの葡萄の呼び名は Riesling B いつも申し上げるように末尾の「B」は果皮色を示す記号みたいなもの。VIVC 葡萄の世界的データベースでは正式名称として RIESLING WEISS リースリング・ヴァイスを採用してますがドイツ原産なのでドイツ語表記の Riesling weiß が本来の名称であるはず。

拙ブログでは2013年5月にこちらで書きましたが、当時のこの葡萄の親子関係については次のような説明でありました。

Original pedigree (VITIS SYLVESTRIS × TRAMINER) (?) × HEUNISCH WEISS
Prime name of pedigree parent 1  ?
Prime name of pedigree parent 2  HEUNISCH WEISS

最新の VIVC はこちらをご覧下さい。シノニムの数は実に 148 にもなっていますが、肝心の親子関係は

Pedigree confirmed by markers ? × HEUNISCH WEISS
Prime name of parent 1 ?
Prime name of parent 2 HEUNISCH WEISS

以前とは異なり母親は全くの ? となってしまいました。未だ解明に至らずという残念な結果であります。リースリングの母となる葡萄は一体何なのか? 父親はフランスでは忌み嫌われた葡萄グエ即ちホイニッシュ・ヴァイスであるのは解明されてはいますが・・・

もちろんこの葡萄の発生源はドイツのはず。栽培面積で見ても圧倒的にドイツであり VIVC から1996年のデータとして 23,009 ha が読み取れます。ちなみにフランスの栽培面積は2011年のデータで 3,525 ha となっています。

主要葡萄としてフランスでリースリングがアペラシヨンに適合するのはアルザス関連だけですが拙ブログのこちらにまとめてますのでご一読願います。お高いワインになってしまったトリンバックのクロ・サン・チューンについても触れていますのでご参考までに。

尚全世界でのリースリング栽培面積はこちらによると 52,100 ha とのことです。日本語による解説ですが元はと云えばフランスの IFV です。
| ワイン雑感 |
| 01:41 PM | comments (0) | trackback (x) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする








絵の中の文字を入力して下さい:



PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::Riesling B
All Rights Reserved./Skin:oct